自宅で簡単にできる犬の耳掃除 頻度ややり方は?

耳掃除の頻度

耳の中は非常にデリケートですので、耳掃除は毎日行う必要はありません。
耳掃除の頻度ですが耳の形状により、耳に汚れが溜まりやすい犬種と、それほどでもない犬種とでそれぞれ違ってきます。

とくに垂れ耳だったり、耳の中に毛が生えていたりする犬種は、耳の中の通気性が悪く、蒸れて汚れが溜まりやすい傾向があります。
そのため、立ち耳の犬種と比べると頻繁に耳掃除をしたほうがよいでしょう。
それでも週1~2回ほどやれば十分です。
また、立ち耳の犬種は普段から耳介や耳の中が見えるので、汚れ具合に応じて掃除をするようにしましょう。

基本的には、普段犬が頭をブルブルと振ったときに、その勢いで耳垢は耳の外に出てしまうので、それほど神経質になる必要はありません。

耳掃除の際に用意するもの

耳掃除をするときに用意するものは、

  • イヤークリーナー
  • コットン

たったこれだけです。
耳の中の細かいところなど、綿棒を使ったほうが汚れが取れるように思うかもしれませんが、これはおすすめではありません。
綿棒だとかえって耳垢が耳の奥に入ってしまいます。
また、犬が動いたりしたときに耳の中を傷つけてしまう恐れもあるので、必ずコットンを使うようにしましょう。

また、耳の中に生えている毛を抜くために、イヤーパウダーを使う方もいますが、こちらは賛否両論意見が分かれています。
というのも、使用したあとパウダーが取り切れず、耳の中に残る恐れがあるからです。
獣医師の中には推奨していない方も数多くいます。
そのため、使用の際は普段お世話になっている獣医師に、一度相談してからにしたほうがよいでしょう。

耳掃除のやり方

耳掃除のやり方ですが、耳の中に毛が生えている場合は、指でつまんで抜いてあげましょう。
そして、イヤークリーナーを耳から溢れるギリギリまで入れていきます。
そして、耳の根本付近を指で軽くマッサージするように揉んでいきましょう。
そうすると、耳の奥に溜まっていた耳垢が出てくるので、コットンで優しく拭き取ってあげます。
強く拭くと耳が傷ついてしまうので気をつけてください。

また、耳掃除をしているとき、犬が頭を振ろうとすることがあります。
そのときは、耳から手を離さないようにして続けるようにしてください。
もし、嫌がって耳を揉むのが難しい場合は、イヤークリーナーを入れたら、犬に頭を振ってもらうだけでも大丈夫です。
その勢いで耳垢が出てきますので、耳介についた耳垢をきれいに拭き取ってあげてください。

耳に異変があるときは要注意

もしも、耳垢が多い、耳から嫌な臭いがする、耳を痒がったり痛がったりするといった場合は、炎症を起こしている可能性があります。
必ず動物病院へ連れて行くようにしましょう。

耳のトラブルは細菌の感染や異物混入、アレルギー性皮膚炎などが原因で起こったりしますが、耳掃除のやり過ぎという場合もあります。
耳の中の皮膚は薄く繊細ですので、傷つけないように気をつけましょう。

まとめ

垂れ耳の犬の場合は、とくに夏は耳の中が蒸れやすくなるので、こまめにチェックして汚れが溜まらないようにしてあげましょう。
また、耳の中に水分が溜まらないように、耳掃除が終わったあとは、水気をしっかり取るようにしてください。
やり過ぎもよくないですが耳の病気にならないように、常に清潔に保つようにしましょう。