犬に栄養豊富なチーズを食べさせたい!注意することは?

犬はチーズが大好きです。市販のおやつにもチーズを使ったものがたくさんありますし、チーズそのものもありますよね。しかし、どれ位与えていいものなのか、カロリーや塩分はどうなのか、人間用のものを食べても良いのか、気になることもたくさんあります。そこで犬とチーズについていろいろとまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

人間用のチーズを食べても大丈夫?

犬のおやつ用に販売されているチーズをご覧になられたことはあるでしょうか?キャンディーのようになっているものやポール状のものなど、いろいろなものがあります。でも一見したところ、人間用のものとほとんど変わらないように見えます。匂いも人間用のものと、ほぼ同じです。人間用のものを与えても良いのでは?と考える人も多いことでしょう。

人間用のチーズは、よく食べられている「プロセスチーズ」と呼ばれているチーズは塩分が多いので、与えないほうが無難です。でも人間用のチーズは全てダメなのかというとそうではなく、塩分が少ないモッツァレラチーズ、クリームチーズ、カッテージチーズなどは比較的大丈夫のようです。ただし与えすぎには注意しましょう。

与える時の注意点は?

ほとんどの犬はチーズが大好きで、匂いがするだけで駆け寄ってくる犬も多いですね。チーズは発酵食品であり、タンパク質やカルシウム、ビタミンなどが含まれていて、ぜひ食べて欲しい食べ物です。しかしチーズだけ多量に食べてしまうと、お腹が膨れてしまい食事が食べられなくなることがあります。また塩分過多になってしまう恐れもあります。塩分過多になると心臓に負担をかけ、高血圧や腎臓障害の危険が高くなります。カロリーも高いので太りすぎの可能性も出てきます。チーズはあくまでもおやつとして少量与えるのがいいでしょう。

乳製品にアレルギーがある犬もいます。アレルギー症状には様々なものがあり、皮膚に痒みが出る、目が充血する、下痢や嘔吐などの症状が出てくることがあります。チーズを初めて与える場合は、少しずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。手作りごはんにチーズを利用するのは良いアイディアですが、割合を考えるようにしましょう。チーズは高カロリーで食べ過ぎると栄養が偏りがちになるので、チーズがメインにならないように工夫しましょう。

チーズを上手に活用しよう

チーズは嗜好性の強い食品で、ほとんどの犬が好んで食べるために、しつけなど様々なことで活用することができます。薬を飲むのが苦手な犬が多いですが、動物病院から処方された薬は、病気やケガの治療のために飲まなくてはいけません。そんな時にチーズを利用すると、すんなりと飲んでくれることがあります。犬用のおやつチーズを購入して混ぜたり包んだりして飲ませましょう。チーズの匂いが強いために薬の匂いや味に気がつかずに飲んでくれます。

トレーニングのごほうびとしても活用できます。いつもチーズをごほうびにしていたのでは効果が薄れますので、あくまでもトレーニングの仕上げや、とても上手くできたときなどの切り札として活用します。留守番時に知育玩具と一緒に活用するのもいいですね。また食欲がない時などにチーズを小さくしてふりかけとしてフードにかけてあげると、よく食べてくれる場合があります。

まとめ

チーズは、ほとんどの犬が好む食品です。栄養が豊富なので犬にも食べさせてあげたい食品ですが、高カロリーで塩分が多いので、与えすぎには注意しましょう。人間用のチーズを与える場合はモッツァレラチーズ、クリームチーズ、カッテージチーズなどの塩分の少ないものにします。塩分が少なくてもカロリーが高く肥満の原因になることがあるので、与える場合はほんの少しおやつとして与えることを心がけておきましょう。