おしゃれ番長フレンチブルドッグ!!洋服の必要性とは?

フレンチブルドッグの洋服を着せる必要性とは?

犬に洋服を着せることに賛否両論はありますが、フレンチブルドックに洋服を着せることにはたくさんメリットがあります。
その理由を紹介していきます。

抜け毛が多い

フレンチブルドッグの抜け毛の多さは飼い主さんの共通の悩みでしょう。
フレンチブルドッグは短毛ですが、毛が二重構造に生えているダブルコートの犬種のため、毎日必ず掃除機をかけないといけないというほど抜け毛が多いです。
こまめなブラッシングをすることで抜け毛が床に散らばるのを減らすことはできますが、完ぺきではありません。
来客時など抜け毛が気になるお客様もいらっしゃるでしょう。

そんな時に洋服を着せることで、床に落ちる抜け毛を減らすことができます。
特に綿製の生地の洋服は、毛が絡みつくのでおすすめです。
カフェや公共施設などでは抜け毛対策のため洋服を着せることをルールにしている場合もあり、洋服を着せることはマナーでもあります。

暑さ対策

フレンチブルドッグやパグなどの鼻の短い短吻種は、鼻から肺までの距離が短いがために、夏場の熱い空気を鼻から吸って肺に達するまでに熱い空気を冷ましきれません。
そのため体温も上がりやすくなり、暑さにはとても弱く、フレンチブルドッグの暑さ対策は必須と言えます。

そんな時に洋服が活躍します。
夏なのに洋服?と思われる方もいるかと思いますが、冷感素材の洋服や、洋服を濡らして着せてあげることで体温の上昇を抑えることができます。
外出時には、直射日光を防ぐ効果もあるので、紫外線対策にもなります。

寒さ対策

フレンチブルドッグは、毛が二重構造のダブルコートではありますが短毛のため寒さには弱い犬種です。
温かい洋服を着せてあげて寒さ対策をしてあげましょう。

散歩中の体の汚れを防ぐ

フレンチブルドッグは皮膚が弱いことで気を遣っている飼い主さんは多いです。
皮膚疾患の予防のため体をキレイにしておく必要があります。

散歩では草むらに入ったり、ドッグランでは走り回ることで砂が体についたり体が汚れやすい機会が多いので、洋服を着せてあげることで汚れやアレルゲンの付着を防ぐことができます。

病気やケガ・術後に

フレンチブルドッグが皮膚疾患によってかゆみを伴う場合、患部を舐めたり噛んだりします。
時には炎症を起こすほど、舐め続けるなんてこともあります。

そんな時に、洋服を着せておけば患部を舐めるのを防ぐことができますし、薬を塗っている場合は薬を舐めとる心配もなくなります。

洋服を着せる必要性を見てみると、フレンチブルドッグに洋服は欠かせないものなのかもしれませんね。

洋服の着せ方と注意点

初めて洋服を着せる時は、おやつを使って着せてあげると洋服に慣れさせやすくなりますよ。

洋服を着せる時は、まず頭を通します。
その次に片足ずつ折りたたんで袖を通していきましょう。
洋服を着せたらおやつを与えて褒めてあげましょう。
その後はフレンチブルドッグの反応を伺いながら、嫌がったらすぐに脱がしてあげましょう。
平気そうであっても最初のうちは、早めに脱がしてあげます。
そして脱がした後にも、おやつを与えて褒めてあげましょう。

これを毎日着せておく時間を少しずつ伸ばすことで、洋服に慣れていくようになります。

着せるときの注意点

洋服を嫌がる理由の1つに、着せ方があります。
洋服を着せるときに痛い思いをしているからです。

洋服の首を通して前脚を袖に通すときに、前脚を真横に開いてはいないですか? 犬の前脚は真横には広がりません。
前脚は前後に折りたたんであげると上手に袖も通るようになっているので、フレンチブルドッグの体に無理な体勢をさせる着せ方はしないよう気を付けましょう。

洋服の選び方

最近では、様々なデザインの犬服があり飼い主好みの洋服も多くあるでしょう。
しかし、デザイン重視だけで洋服を選ぶことはおすすめできません。

サイズ

フレンチブルドッグの体つきから考えると通常サイズのもので選ぶと、窮屈な思いをさせてしまう可能性が多いです。
また、体が大きいからと言って余分に大きいサイズを選ぶと袖に脚が引っかかったりしてケガをしてしまう可能性も出てきます。
サイズはぴったりフィットするものを選びましょう。
フレンチブルドッグ専用の洋服があるので、そちらを選ぶようにした方が良いでしょう。
フレンチブルドッグが洋服を着ても動きやすいかどうかを考慮して選んであげましょう。

機能性を重視しましょう

フレンチブルドッグにとって洋服の機能性を考慮することも大切です。
夏なのにニット素材や晴れているのにレインコートを着せても意味がないですよね。

季節や状況に合わせた素材の洋服を着せてあげましょう。

アレルギーに注意

フレンチブルドッグは洋服の生地によってはアレルギーを起こす可能性があります。
化学繊維などにアレルギーを持っている場合や、アレルギーの原因となる物質が生地に含まれている洋服を着用することで、接触性アレルギーを引き起こすのです。
デザインだけでなく、使われている素材を見てアレルゲンとなる物質が含まれていないものを選ぶ必要があります。

中には、アレルギー対策素材の洋服もあるため、皮膚の弱いフレンチブルドッグにはそちらの方が良い場合もあるでしょう。

着せっぱなしは厳禁

洋服を着せるメリットは多くありますが、24時間毎日洋服を着せっぱなしにするのはやめましょう。
洋服を長く着ていることで、洋服の中に抜け毛やフケが溜まり不衛生となり、さらに洋服の中が蒸れて皮膚疾患を起こしやすい環境となるからです。

散歩などの外出時や来客がある時だけ洋服を着せるなどと着せるシチュエーションを決めておき、洋服を着せる時と着せない時のメリハリをつけておきましょう。

フレンチブルドッグ専門のおすすめブランド

Blimp(ブリンプ)

着心地や伸縮性、素材にもこだわり、フレンチブルドッグのボディラインにフィットするように作られています。

ホームページ:『Blimp(ブリンプ)』

AGLAE(アグリー)

都会的でファッショナブルなデザインがおすすめです。

ホームページ:『AGLAE(アグリー)』  

B DESIGN(ビーデザイン)

フレンチブルドッグなどのマッチョな体型に合うハンドメイド作品を販売されています。

ホームページ:『B DESIGN(ビーデザイン)』

MOMODO.(モモド)

シンプルなデザインからポップなデザインの洋服など幅広いデザインで、フレンチブルドッグの体型にピッタリな洋服を販売されています。

ホームページ:『MOMODO.(モモド)』

まとめ

いかがでしたか。

皮膚の弱いフレンチブルドッグにとって洋服はメリットも多いのですが、逆に注意すべきこともあります。

本来犬は洋服を着ない動物です。
しかし洋服を着せるメリットがある理由から、飼い主の意思で着せているのです。
そのことを自覚して、フレンチブルドッグの負担にならないことに気を付けながら、おしゃれを楽しんでいけるのが1番の理想ですね。