パグの効果的なしつけ方

ブサかわの代表パグ。 大きくクリクリな目と、しわしわで困っているようなお顔がチャームポイントですよね。 チワワやトイプードルのような爆発的な人気はありませんが、押しも押されもしない人気を維持し続けています。 そんなパグは飼いやすい犬種としても知られていますが、果たしてしつけの方はどうなのでしょうか。 今回は、パグのしつけと効果的なしつけ方を紹介します。

パグってどんな性格?

パグの性格は素直で穏やかな性格をしています。遊ぶことも好きなので、飼い主に遊んでもらうことをとても喜ぶ無邪気な面を見せることもあります。
一方で、マイペースで頑固な一面も持ち合わせていますが、攻撃的になるようなことはほとんどないので、小さな子供さんがいるご家庭にも向いている犬種でしょう。
とても愛嬌があるので甘やかしてしまいがちですが、甘やかし過ぎることで何を言っても微動だにしないようなパグになってしまいますので甘やかし過ぎには注意が必要です。

主従関係とは?

しつけをする前に、どの犬種でも共通して大事なことがあります。
それは、主従関係をはっきりさせておくことです。 飼い主がリーダーになることは、パグを危険から守るための手段でもあるのです。
例え「おすわり」「待て」などの基本的なしつけができていると思っていても、正しい主従関係が築けていない場合、散歩中に興奮して道路に飛び出しそうになった時に「おすわり」「待て」と指示を出しても聞いてはくれないでしょう。 知らない人に吠えている時に「だめ」と言っても聞いてはくれないでしょう。そうなると、マナーの守れない犬としてレッテルを張られることにもなってしまいます。
主従関係を築くということは、パグを危険から守る、マナーを守るということでもあるのです。

パグに効果的なしつけとは?

パグは決して知能が高いとは言えないのですが、パグは比較的しつけやすい犬種と言われています。その理由はパグの性格にあります。

素直

パグは素直な上、飼い主が喜ぶことや褒められることが大好きです。たくさん褒めて伸ばしていきましょう。
上手にできた時は、大袈裟なほど喜んで褒めてあげましょう。 そしていけないことをした時は、はっきり「ダメ」と言い放ちメリハリをつけましょう。

食いしん坊

パグは食欲旺盛なため、おやつを使ったしつけも効果的と言えます。 上手にできたら褒めておやつを与えてみましょう。
ただし、太りやすい体質も持っているためおやつの与え過ぎには十分に注意する必要があります。

遊び好き

パグは飼い主と遊ぶことが大好きです。遊びながら指示を出したり、興奮して噛んできたら遊ぶのをやめて噛むことはいけないことだと教えたり、遊びの中で覚えさせられることはたくさんありますので、パグとの絆を深めると共に楽しくしつけを行っていけるでしょう。

パグのしつけのポイント

パグは性格上しつけやすい犬種ということは、お分かりいただけたかと思いますが、パグは忘れっぽいという性格も持っています。
そのため、昨日はきちんと覚えていたのにということもできないことがあります。根気強くしつけをしていくことで改善されるので、決して諦めずにしつけていきましょう。
また、タイミングも大切です。いけないことをして叱る場合、タイミングを逃すと叱られても何のことを叱られているのか覚えていません。 叱るタイミング、褒めるタイミングも逃さずに上手にしつけていくことがパグのしつけで大事なことと言えるでしょう。

まとめ

パグは、忘れっぽく知能が高いわけではないのにしつけやすいと言われています。
もちろん根気強くしつけていくことが大事ですが、パグの素直・食いしん坊・遊び好きの性格を上手に利用することで効果的なしつけが行えるでしょう。