犬がイカを食べてはダメ!というのは本当?

イカは刺身にしても焼いても煮ても揚げても美味しく、私たちの食卓によく上がる食べ物です。こんなに美味しいものだったら愛犬にも与えてみたいと思いますが、昔から犬にイカを食べさせてはいけないとよく言われています。これはどういう根拠があって、本当に食べてはいけないのでしょうか?犬とイカについてまとめてみました。

犬にイカはNGと言われるのはなぜ?

猫にイカを食べさせたら腰をぬかす」と言われているのを聞いたことはないでしょうか?同じように犬にもイカを食べさせたらいけないということをよく言われています。実はこれには根拠があります。まずイカは消化に悪いということです。与えすぎると下痢や嘔吐の可能性があります。イカを食べさせてはいけないという根拠は消化が悪いということだけではなく、チアミナーゼとという酵素が含まれていることによります。チアミナーゼはビタミンB1の吸収を阻害してしまうのでビタミンB1欠乏症を起こしてしまいます。ビタミンB1欠乏症は人間で言う「脚気」にあたり、手足のむくみ・しびれ、動悸、倦怠感、けいれん、ふらつきなどの症状が出ることがあります。猫が腰を抜かすというのは、このためであり、猫と体の構造が似ている犬も同様であると言われています。

チアミナーゼが含まれているのは生のイカ(特に内臓)のみで、チアミナーゼは加熱することによって消失してしまいます。加熱したイカを食べる限りではビタミンB1欠乏症は起こらないということになります。しかし消化が悪いということは変わりませんので、大量に与えることは禁物です。

犬にイカを食べさせる時の注意点は?

イカには疲労回復に効果があるとタウリンが豊富に含まれていて、ビタミン、ミネラルも含まれている栄養的には優れた食べ物です。ぜひ犬にも食べさせてあげたいですよね。でも犬に与えるには、いくつかの注意点がありますので、それをしっかりと守るようにしたいです。

まずビタミンB!欠乏症を招くチアミナーゼを消失させるために必ず加熱したものを与えるようにしましょう。しょう油や塩などの味付けは不要です。もともと消化がよくないことに加えて、犬は食べ物をあまり噛まずに食べてしまう傾向があります。喉を詰まらせたり消化不良を起こす可能性があるので、必ず小さくして食べさせるようにします。またアレルギーがある場合がありますので、初めて与える時は様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。同じイカでもスルメを与えることは避けるようにしたほうがいいでしょう。スルメは水を含むとお腹の中で数倍に膨れてしまうため危険な状態になってしまうことがあります。また塩分が多くなっているので心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。イカは生の状態とスルメは避けるようにしたいですね。

犬がイカをおいしく食べるためのレシピ

それではイカを利用した犬にも食べやすいレシピを紹介します。イカは小さくするので噛まずに飲み込む心配がありません。全部で7~8個くらいになりますので、一度に食べずに保存しておいて数回にわけて与えてもいいでしょう。

イカ入り豆腐ハンバーグ

イカ150グラム位を細かく刻むかフードプロセッサーで細かくします。キャベツ50グラム、人参30グラム程度を食べやすい大きさに切って柔らかくなるまでゆでます。ボールに木綿豆腐、イカ、野菜を入れて崩しながら混ぜ込みます。混ぜ込んだ種の様子を見て片栗粉を適量加えます。7~8個位のハンバーグ状にしてフライパンでイカにしっかりと火が通るようにしっかりと焼きます。

どうでしょうか?味付けすれば人間も一緒に食べられそうですね。

まとめ

犬にイカはNGだという説もありますが、生のイカにはビタミンB1欠乏症を引き起こすチアミナーゼが含まれているので、そのように言われています。チアミナーゼは加熱すると消失するので、もし犬が好むのであれば栄養が豊富なイカを加熱して与えるにはかまいません。しかし消化がよくないため、食べやすくして与えるようにして与えすぎには注意するようにしましょう。スルメは塩分が高いので避けましょう。