パグは無駄吠えが多い?少ない?無駄吠えの原因と対策・しつけ方

クシャっとした顔が愛らしいパグは世界中で愛されています。 愛嬌たっぷりのパグを飼うと、その中毒性は高く飼い主を虜にしてしまいます。 性格の良さからも飼いやすい犬種と言われていますが、パグの無駄吠えがどうなのでしょうか。 パグの無駄吠えをテーマに、考えられる原因や対策、しつけ方についてまとめてみました。

パグは無駄吠えが多い?少ない?

パグの鳴き声は、基本的に低い声で鳴くので、チワワやダックスフンドなどのような高い声の鳴き声よりも落ち着いています。
他の無駄吠えの多い犬種と比べても、無駄吠えは少ない方であると言えます。 しかし、子犬の頃の対処を怠ると、無駄吠えをするパグもいるようです。
パグは、縄張り意識がそれほど高くないため、警戒吠えより要求吠えに注意しておく必要があります。
パグの頑固な性格から要求が通るまで泣き続ける要求吠えが多い傾向にあります。 そして自尊心が強く意に反することは聞き入れない頑固なパグに、1度ついてしまった吠え癖を直すことは、とても苦労するでしょう。

パグの要求吠えの原因と対策とは?

パグの要求吠えの原因には、他の犬種同様ご飯のおねだりや遊んで欲しいなどの要求吠えもありますが、少し違う原因も考えられます。
それは、嫉妬ややきもちです。パグは、飼い主に対してとても愛情深く、嫉妬深い一面も持っています。 来客時や、散歩中に他の動物に吠えたりしているのは警戒よりは嫉妬心からの要求吠えの方が多いようです。 とても愛らしいことではありますが、無駄吠えしないように対策していきましょう。
対策方法は、スキンシップを取ることです。パグが嫉妬ややきもちから吠える場面で、吠え始める前に抱っこをしたり、話しかけるなどをしてスキンシップを取ってあげましょう。

パグの無駄吠えのしつけ方

無駄吠えの多いパグにしないためにも、子犬のころからしつけをしておきましょう。 まずは、なぜ吠えているのかを正しく理解し、その原因に合わせて対処していく必要があります。
前述で述べた、嫉妬ややきもちからの無駄吠えにはスキンシップが有効だと述べましたが、一般的な要求吠えに対してスキンシップを取ってしまうと、「吠えると構ってもらえる」と勘違いしてしまいます。
要求吠えをしているときは、徹底的に無視をしましょう。泣き止まないようであれば目を合わさず部屋を離れてください。そして泣き止んだ時にたくさん褒めてあげましょう。
パグが吠えているのが嫉妬心からの要求吠えかどうかを判断できない場合は、無駄吠えを悪化させないために無視することで統一した方が良いでしょう。一緒に長く過ごす中で見極めていくことができるはずです。
チャイムの音などで警戒吠えをすることがあれば、貯金箱や鍵の束などを投げて大きい音で驚かせてしつける方法が有効的です。驚かすことをサプライズと呼びますが、そのサプライズによって泣き止めば褒めてあげるという方法です。

パグは飼い主に褒められることが大好きです。大げさなほど褒めてあげることで、より効果的なしつけに繋がりますので、褒めるということを意識して行っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。
嫉妬心から吠えるなんて、可愛いと思ってしまいますよね。
パグの鳴き声は低いため、他の犬種よりはマシに思える無駄吠えではありますが、放っておくと手が付けられなくなります。きちんと対処していきましょう。