パグのトイレとトレーニング方法


パグはトイレを覚えにくい?

実は、パグを迎えて1番苦労するのがトイレかもしれません。
パグの性格上、忘れっぽい性格を持っています。
覚えてしまったトイレもすぐに忘れてしまうようです。
しかし繰り返ししつけていくことで、きちんと決められた場所に排泄するようにすることは可能ですので、根気強くしつけていきましょう。

室内犬なので、失敗するということは床を汚されてしまいイライラしてしまうこともあるでしょう。
しかし、決して怒らないようにしてあげましょう。
パグがトイレを失敗しているのを見つけて怒っても、忘れっぽいパグはなぜ怒られているのか理解することはできません。
成功した時にたくさん褒めて成功例を増やしていくことでトイレを早く覚えてくれるようになります。

トイレのしつけはパグを迎えたその日から

パグの子犬を迎える前に、トイレ環境を整えておきましょう。
体の2倍以上のスペースのトイレを設けて失敗例を少なくしてあげましょう。
ゲージ内すべてをトイレとしてトイレシーツを敷いてあげても良いでしょう。
上手にできるようになれば徐々にスペースを減らしていけば良いです。

そしていよいよ子犬を迎えます。
パグの子犬を連れ帰った時は、早く家に慣れてほしい、スキンシップを取りたいと思い部屋の中に放してしまいがちですよね。
しかし、初めての場所で緊張している状態から、部屋の中で過ごすうちに緊張が解けて粗相をする可能性が高くなります。

パグの子犬を迎えて家に連れ帰ったら、まずあらかじめ準備しておいたトイレに連れて行きましょう。
そこで、排泄するのを待ち、上手に排泄することができたら褒めてあげ、それから部屋に放してあげましょう。

トイレトレーニング方法

トイレのトレーニングは段階を分けて行うと良いです。

第1段階

第1段階では、トイレの場所を覚えさせることを目的に取り組みましょう。

トイレをしたくなった時に見せるサイン(床の臭いを嗅ぎながらグルグルと回ったりします)を見逃さず、サインを出したらトイレに連れて行きます。
そして閉じ込めて排泄するまで出さないようにしましょう。
出たがったり泣いたりすることもありますが排泄するまで出さないという気持ちで取り組みましょう。

この時に「ワンツーワンツー」や「トイレ」などの言葉を繰り返しかけてあげると、この言葉を聞いただけでおしっこをしてくれるようになります。
そして、上手に排泄ができたらたくさん褒めてあげましょう。

第2段階

第1段階で、トイレで上手に排泄することができるようになれば、次は自分でトイレまで行く練習です。

トイレのサインを見つけたら、「トイレ」や「ワンツーワンツー」の掛け声と共に、トイレの場所でトントンと音を立てて呼んでみましょう。
パグが自分からトイレに来ないようであれば、リードを使ったりお尻を押して誘導します。
トイレに入れば扉は閉めますが、第1段階の状況で上手にできているようであれば扉を開けた状態でさせてみましょう。

上手に排泄ができれば、たくさん褒めてあげてあげることを忘れずにしましょう。

第3段階

最終段階は、自発的にトイレに入ることを覚えさせましょう。

トイレのサインを見つけたら「トイレ」や「ワンツーワンツー」などの掛け声をかけるだけで、トイレに入って行き排泄することができればトレーニング完了です。
この時点で、すでに掛け声なしでもトイレで排泄できるようになる子も多くいるでしょう。

上手に排泄することができれば、たくさん褒めてあげましょう。

自発的にトイレに行くことができないようであれば、第2段階に戻って繰り返し行っていきましょう。

まとめ

苦労することが多いパグのトイレ。
きちんとしつければ上手に排泄することができるようになります。

失敗続きになっても諦めずに根気強く行っていきましょう。