パグの噛み癖には原因別に対策しよう!!


パグの噛み癖

パグは見た目通り、あごの力がとても強いです。
その為、噛むことが好きなため、噛み癖がつく可能性が高いでしょう。
その噛み癖に対処しておかないと、成犬になると更に噛む力が強くなります。
パグが誤飲してしまったり、人に向けて噛む場合などはケガをする心配も出てきます。
そうならないために、パグの噛み癖にはしっかり向き合っていく必要があります。

噛み癖の原因と対策方法

パグの噛み癖の原因とそれぞれの対策方法についてまとめてみました。

子犬の頃の歯の生え変わりによる噛み癖

生後3カ月~半年頃にかけて歯の生え変わりがあります。
この時期は、口の中に痒みや違和感を感じる為、甘噛みなどをして痒みを発散させます。

この原因からの噛み癖には対処は特に不要です。
噛んでも良い安全なおもちゃなどを与えて痒みを発散させてあげるようにしましょう。

遊びの延長

遊んでいる時に、手を軽く噛んでくる噛み癖などです。
噛む力が強いパグは、甘噛みでありながらも軽い痛みを感じるでしょう。
子犬から成長するにつれ自然に減ってくる場合もありますが、甘噛みをやめない場合は対処しましょう。

噛まれたら、できるだけ低い声で「痛い!!」など単発的な言葉を言い放ち、遊ぶのを中断しその場を離れましょう。
噛むと遊んでもらえないということを理解してくるようになります。

ストレス発散や退屈しのぎ

ストレス発散や退屈しのぎのため、物を破壊する噛み癖です。
誤飲の可能性もあり危険ですので、運動やスキンシップを取るなどをしてストレスの発散をさせてあげましょう。

噛むことが好きなパグは退屈しのぎで物を噛むことも多いでしょう。
しかし、パグにとって噛んでいいもの、噛んではいけないものの違いは分かりません。
そのため、基本的には噛んではいけないものは、飼い主が責任もって片づけておくようにしましょう。
家具などの片づけられないものを噛む場合には、「だめ!!」と言い放ち、少しの時間ゲージに閉じ込めてゲージの中で大人しくなれば出してあげます。
ゲージから出たがって鳴いたりしている時に出してしまうと、鳴けば出られると勘違いしてしまいますので必ず大人しくなってから出すようにしましょう。

怒りや攻撃・恐怖

この噛み癖は、人のように話すことのできない犬がとる意思表示であり本能です。

子犬のうちに甘やかし過ぎるとパグがリーダーだと勘違いし、多発することもあります。
正しい主従関係を築けておけば抑えることができるでしょう。

もし、噛まれた場合には遊びの延長と同様の方法で、低い声で「痛い!!」「ダメ!!」などと言い放ち、しばらく無視をするようにしましょう。

まとめ

少し厄介なパグの噛み癖ですが、子犬のころから正しく対処することで噛み癖を防ぐことは可能です。

パグにとっても人にとっても安全な生活を送るため、パグの噛み癖にはしっかり対処していきましょう。