マルチーズに毛玉ができてしまったら?解決法と予防法は?

マルチーズを飼っている人の一番の悩みは、マルチーズの毛にできてしまった毛玉かもしれません。それだけマルチーズは他の犬と比べても毛玉ができやすい毛の性質をしています。毛玉は放っておくと見た目が悪いだけでなく、体にも良くないのです。それではマルチーズの毛が毛玉になったときにはどうすれば良いのか、できないためにはどうすれば良いのか、ペットサロンに行く他に方法はないのか、考えてみましょう。

マルチーズの毛玉とは?

マルチーズの毛はとても細くて繊細なので、もつれやすく毛玉になりやすい性質をしています。
毛玉ができているのを知らずに放っておくと、段々とマルチーズの毛の固まりが広がっていき、まるでフェルトや絨毯のようになってしまい、そうなると素人ではお手上げになってしまいます。
毛玉は見た目が悪くモップのようになってしまうだけでなく、通気性が悪くなり蒸れてしまい、寄生虫などが生息しやすくなり、皮膚病を引き起こしやすくなってしまいます。
ただでさえマルチーズは皮膚病になりやすいので、毛玉になってしまうことはできるだけ防ぎたいものです。

マルチーズに毛玉ができてしまったらどうする?

マルチーズに毛玉ができないよう気をつけていても毛玉はどうしてもできてしまうことがあります。
軽い場合は飼い主がほぐしてあげるようにしましょう。
その際は、いきなり櫛やブラシを使って無理にほぐそうとするとマルチーズが痛がってしまいブラッシング嫌いになってしまうことがあります。
最初は手で毛玉をゆっくりとほぐしてあげましょう。
毛玉がほぐれてきたら、ブラシでゆっくりとブラッシングして、最後に櫛で梳かして仕上げます。
絨毯やフェルト状になってしまった毛玉は、ハサミかバリカンで切るしか方法がなくなってしまいます。
慣れている人は切ってあげるのも良いですが、慣れていない場合はマルチーズの皮膚を切ってしまうことがあり危険です。
ペットサロンか動物病院で処置してもらうほうが無難でしょう。

マルチーズに毛玉ができないようにするためには

マルチーズに毛玉ができないようにするには、日常の手入れをしっかりすることに尽きます。
短めのカットにしておくと、毛玉はできにくくなりますが、ブラッシングは必要です。
短いカットのマルチーズにはスリッカーブラシを用意しておきましょう。軽い毛玉なら取ることができます。
シャンプーの後は、毛に湿り気が残ったままにしないで、しっかりと乾燥させることも大切です。マルチーズの毛は湿気があると毛玉になってしまいます。
毛が長いマルチーズは乾燥させるのに時間がかかりますが、内側までしっかりと乾燥させましょう。

マルチーズに毛玉ができてしまったら?解決法と予防法は? まとめ

せっかくのマルチーズの絹糸のような美しい毛も、絨毯やフェルトのような毛玉になってしまうと台なしです。
毛玉ができたと思ったら、酷くなる前にほぐしてあげるようにしましょう。
また毎日のブラッシングも丁寧に行いましょう。
マルチーズのカットは、短くてもとても可愛いスタイルがいっぱいありますので、毛玉ができにくい短いスタイルにしておくのも良いですね。