パグの社会化期と社会化不足の問題とは?


パグの社会化期

一般的に犬は、生後4週齢~13週齢頃までに外の世界に好奇心を示し学習意欲を見せ始める社会化期と言われています。
その後13週齢~12カ月齢までを第2の社会化期と呼ばれ環境に順応していきます。
言わばその子の性格が決まると言っても過言ではありません。

本来子犬は、この2つの社会化期に母犬や兄弟と過ごし、物事の良し悪しを学んでいきます。
じゃれ合いながら噛まれることの痛さを知り、悪さをすれば母犬から叱られて成長していくのです。
しかしこの社会化期にすでに人との生活下にいる場合は、私たち飼い主が犬の家族の代わりに、教えていかなければなりません。

家の中だけで過ごさせるのではなく、外の世界に積極的に連れ出していきましょう。
外の空気や生活音、家族以外の人とのコミュニケーションなど、様々なことに慣れさせておくことで、問題行動を起こす可能性も減ってくるでしょう。

パグの社会化期にさせておきたいこと

社会性のあるパグにするために、しておきたいことをいくつか紹介します。

音や声に慣れさせる

これは基本的には散歩に連れて行くだけで良いでしょう。
ワクチンプログラムが終了していない場合などは、抱っこして散歩させてあげましょう。

自動車の音などの生活音、人の声がする場所を散歩していると慣れていくようになります。

家族以外の人とのコミュニケーション

家族以外の人にもたくさん触ってもらうと良いです。
おやつをあげてもらっても良いでしょう。
親戚や友達、通りすがりの人でもたくさんの人に慣れさせておくことで、人見知りをしなくなり無駄吠えをしない子になるでしょう。

他の動物とのコミュニケーション

散歩中などでは、他の犬や動物に出合わす機会は多くあります。
吠えたり興奮したりすることがないようにするためには、慣れさせておくことです。

ドッグランに連れて行ったり、知り合いなどが飼っている動物と触れ合わせてみたりしておくと良いでしょう。

パグの社会化不足で起こる問題とは?

社会化不足になるとどんな問題が起こるのでしょう。

社会化不足になるということは、世間知らずということでもあります。
そして、 知らないもの=(イコール)恐怖や不安」と認識してしまうのです。

そうなることによって、知らない音に敏感に吠えたり知らない人に向かっていくような無駄吠えの多い子になってしまいます。
そうなることで、近所迷惑にもなりかねません。
他にも、知らない犬と居合わせて身を守ろうと噛みつくといったこともあるでしょう。
そうなるとケンカになって相手にもパグ自身にもケガをさせてしまいます。

何より、怖がることによってストレスを感じているため、パグの健康面から考えても決して良いことではありませんよね。
実際、社会化不足によって飼い主へ依存してしまい、留守番などでパニックなどを起こす「分離不安」という心の病もあります。

社会化不足をなくすということは、パグの健康のためにも必要なことなのです。

まとめ

社会化不足に良いことは1つもありません。

子犬のころから色んな経験をさせてあげることは、問題行動を減らしパグ自身の健康にも繋がっていくのです。
その為には、飼い主さんが積極的に社会と接する機会を作ってあげる必要があるのです。