愛犬が喜ぶ!おすすめのドッグラン~福井県~


 

福井県の基本情報

福井県
  • 地方:北陸地方。
    本州の中部に位置し、日本海に面している
  • 県庁所在地:福井市
  • 福井県の名産品と言えば、
    全国のズワイガニでもトップブランド「越前がに」
    昔ながらの辛み大根のおろし汁をお蕎麦にぶっかけて食べる「越前そば」
    羽二重のようにきめ細かく滑らかな餅の和菓子「羽二重餅」 などがあり
  • 名所と言えば、
    日本海に突き出したいにしえの岸「東尋坊」(坂井市三国町)
    長い歴史を持つ仏教寺院と僧院「永平寺」(吉田郡永平寺町)
    恐竜の骨を展示する近代的な博物感「恐竜博物館」(勝山市村岡町)
    最古の建築様式である「丸岡城」(坂井市丸岡町) などが有名
  • 犬の飼育登録数:32,099頭(2018年度現在)
    人口に対して4.08%の飼育率となり、全国的平均よりも低い傾向にある。
  • その他:県内では殺処分ゼロに向けた取り組みやパピーミル撲滅に向けた活動が積極的に行われている

おすすめドッグラン① 「スキージャム勝山」

冬季はスキー場になるスキージャム勝山では、雪が無い時期をグリーンシーズンとして、自然を感じながら楽しめるようなサイクリングやパークゴルフなどのアクティビティが豊富にあり、丸一日楽しめる場所となっています。
その中の一つとしてドッグランがあり、広い天然芝の中をノーリードで思いっきり走らせてあげたり、ボールなどで遊ぶことができます。

また、近くにはガーデンカフェがあるため、犬と一緒に緑を感じながら一息つくこともできます。
隣接しているホテルハーベストスキージャムでは犬と泊まれる専用ルームもあるため、犬と一緒に家族みんなでお泊まり旅行も楽しめます。

詳細

  • 住所: 福井県勝山市170-70
  • 電話:0779-87-6109
  • 営業時間: 10:00~17:00(最終受付16:00)
  • 休業日: 冬季
  • 入場料:一頭 500円
  • ホームページ:『スキージャム勝山』

おすすめドッグラン② 「南条サービスエリア上り・下り」

北陸自動車道、南条SAでは冬場は積雪のため利用できませんが、その他の季節であれば約113㎡の敷地を思う存分に走らせてあげることができます。

ドッグランの側には犬が喜ぶ犬用お菓子やおもちゃが販売しているほか、排泄物用のごみ箱や水飲み場が完備されているため、快適に利用することができます。

また、ドッグランにスターバックスが隣接しているため、飼い主もリラックスしながらひと休憩することができます。
テラス席にはリードフックを設置しているため、犬を傍で休ませながら安心してゆっくりコーヒーを楽しめます。

サービスエリアのため、ドッグランで犬を遊ばせるだけでなく、飼い主も旅の途中での休憩や腹ごしらえなどでリフレッシュできるのもおすすめのポイントです。

詳細

  • 住所: 福井県南条郡南越前町下牧谷39
  • 電話:0778-47-3598
  • 営業時間: 特になし
  • 休業日: 冬季
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『南条SA上り』

おすすめドッグラン③ 「ガラガラ山キャンプ場」

平成29年4月にリニューアルオープンされたガラガラ山キャンプ場。
一年を通じて四季折々の自然を満喫できるガラガラ山では、ドッグランだけでなくアウトドアレジャーやスポーツも楽しむことができるキャンプ場です。

ドッグランは大・中型犬用と小型犬用に分かれており、大・中型犬用は約2,200㎡、小型犬用は約300㎡と広い敷地を開放されているため、自然を感じながら自由気ままに思いっきり遊ばせてあげることができます。
ドッグラン以外ではリードで繋げば犬もOK。

遊具広場やテニスコート、バーベキュー場があるため、犬だけでなく飼い主にとっても十分に楽しめます。
事前予約が必要ですが、犬も泊まれる温泉付きのコテージもあります。

日本海が広がる抜群の景色と環境に触れながらドッグランで遊んだりバーべキュウをして、犬と一緒に思い出が作れる家族旅行をしてみてはいかがでしょうか。

詳細

  • 住所: 福井県福井市赤坂町66-84
  • 電話:0776-89-2180
  • 営業時間: 8:00~17:00
  • 休業日: 通年営業
  • 入場料:一頭 500円
  • ホームページ:『ガラガラ山キャンプ場』

おすすめドッグラン④ 「リオ西山」

ゴルフ練習場に併設してドッグランがあります。
1,600坪もの広大な敷地は全面芝生のため、脚の負担などの心配もなく、安心して自由に遊ばせることができます。

また、小型犬専用のエリアもありますので、体格差のある犬とのトラブルも心配ありません。

年中無休で20時まで利用できるため、暑い時期であれば涼しくなってきた夕方頃から利用することもできるのも嬉しいポイント。
さらに一般利用では17時以降に限り1頭800円になるので、暑い時期には特におすすめのスポットです。

詳細

  • 住所: 福井県鯖江市鳥井町5-1-2
  • 電話:0778-62-2480
  • 営業時間:13:00~20:00
  • 休業日:年中無休
  • 入場料:一般 1頭1,100円(平日の17時以降に限り800円/頭)  年会費 2頭まで33,000円
  • ホームページ:『リオ西山ドッグラン』
イングリッシュコッカースパニエル

愛犬とのおでかけ 注意点

愛犬とのおでかけスポット「ドッグラン」はたくさんの飼い主とその愛犬が利用する楽しい場所です。
みんなが楽しく過ごすためには、一人ひとりがルールやマナーを守ることが大切です。

ドッグランを利用する前に

① 基本的なしつけ
犬のしつけは愛犬の安全だけでなく、周りの人や他の犬の安全を守るためにも必要不可欠なものです。

「おすわり」「まて」「おいで」は最低限身に付けておくようにしましょう。
愛犬の興奮を沈めたり他の犬とのトラブルを防ぐために役立ちます。

② ある程度の社会性ができていること
ドッグランが苦手な犬に無理してドッグランで遊ばせる必要はありませんが、他の犬との交流を深めるにはドッグランは最適な場所だとも言えます。

それでも、他の犬との交流が初めての場合や苦手な場合には、他の犬とのトラブルになりかねませんので、愛犬の様子を伺って利用の判断をするようにしましょう。

③ 狂犬病予防注射・ワクチン注射の接種を済ませる
ドッグランに限らず、公共の犬用施設を利用するにはワクチン接種を必ず済ませておく必要があります。
施設によっては、「注射済票」の提示を求められることもあります。

ドッグランで守るべきルールとマナー

アイリッシュセッター

① 各施設で決められているルールを守ること
ドッグランには、各施設ごとに定められたルールがあります。

例えば、「利用時間」や「ボール等のおもちゃの持ち込み禁止」「注射済票の提示」「小型犬・大型犬エリアの利用」「飲食禁止」「小さな子どもさんの同伴について」などがあります。

事前に利用するドッグランのルールを確認しておくようにしましょう。

② 利用前に排泄を済ませておくこと
ドッグランを利用する前にできるだけ施設外で排泄を済ませておくようにしましょう。

施設によっては、施設内にドッグトイレが備えられていることもありますが、万が一それ以外の場所やドッグラン内で排泄してしまった場合には、必ず飼い主が責任を持って後片付けをするようにしてください。

③ ヒート(生理)中のメスは利用しないこと
ヒート中のメスは、ドッグランを利用するオス犬を興奮させてしまい、オス犬同士のトラブルに繋がりかねません。

ドッグランに限らず、ヒート中のメスは公共の施設で遊ばせないようにしましょう。

④ 他の犬と交流する場合は飼い主さんに声をかける、勝手に触らないこと
ドッグランはたくさんの飼い主とその愛犬が利用しています。
愛犬が他の犬と遊びたがることもありますが、愛犬とその犬のテンションの差も見極めながら飼い主さんに一言声をかけるようにしてトラブルを防ぐようにしましょう。

また、他の犬を勝手に触ったり抱き上げるようなことはしないようにしてください。
必ずその犬の飼い主さんの了解を得るようにしましょう。

挨拶もなしに愛犬に触られることを快く思わない飼い主さんもいます。

同じ施設を利用する飼い主同士として、良好な関係性を築けていくことも必要です。

ドッグランを利用する際の注意点

ラブラドールレトリバー,ドックアジリティ,トンネル

① 愛犬の体調を見て利用すること
当たり前のことですが、愛犬の体調が優れない時にはドッグランの利用を控えるようにしましょう。

② 愛犬から目を離さないこと
ドッグランをみんなが楽しく安全に利用するためにも、ドッグラン内に入る時出る時は飼い主と一緒に行動し、リードを離した後でも決して愛犬から目を離さないようにしましょう。
それは、どんなに慣れたドッグランで社交性のある愛犬だとしても言えることです。

たくさんの人が利用する公共の場なので、中には初めて利用する飼い主・犬もいたり、興奮状態の犬もいるかもしれません。
また愛犬自身が予期せぬ行動に出ることもあるかもしれません。

スマホに夢中になったり他の飼い主さんとのおしゃべりに夢中になったりせず、ドッグラン内では常に愛犬を見守るようにしましょう。

③ 利用する時間帯に気を付ける
愛犬の健康を守るためにも、できるだけ過ごしやすい時間帯を選んであげるようにして、
真夏の日中の時間帯や、真冬の早朝や夜などの冷え込む時間帯などは避けるようにしましょう。

特に、「パグ」「シーズー」「フレンチブルドッグ」などの短頭種犬種は、熱中症にかかりやすい特徴を持ちますので、気を付けてあげなければなりません。
真夏には、早朝や夕方以降に利用するなどして、水分補給にも注意してあげましょう。

反対に、「チワワ」「イタリアングレーハウンド」「ミニチュアピンシャー」などは寒さに弱い犬種です。
真冬でも比較的過ごしやすい日中の時間帯に、犬の洋服を着せてあげるなど寒さ対策を行ってあげましょう。

愛犬とのおでかけドッグラン こんな行動はNG!!

ダックスフンド.胴長犬.首輪.フリスビー

あなたは迷惑がられていない?

ドッグランでは、様々な犬がいるだけ様々な飼い主さんもいます。
中には常連さんも多くいらっしゃるでしょう。
慣れた場所だとつい気が緩んで周りの人に迷惑をかけていることに気付けていないかもしれません。

ドッグランでは利用者1人1人がマナーやルールを守って行動することが大切です。
ドッグランでのNG行動をいくつかご紹介します。

ドッグランでのNG行動

① 愛犬をうまく制御できない
犬にとってドッグランは刺激に溢れた楽しい場所だと言えます。
普段はおとなしい犬だとしてもドッグランでは興奮してしまうこともあるでしょう。

しかし、愛犬が吠える・唸るなど興奮状態にあるときは、他の犬とのトラブルや周りの人の迷惑にもなりかねないため、飼い主が「おすわれ」「まて」「おいで」の指示で興奮を抑えなくてはいけません。

そもそも犬のしつけができていない、愛犬の行動を無視して興奮状態を放置するようなことはNG行動です。
あるいはその逆で、感情的に愛犬を叱りつけたりすることもNG行動となります。

② おもちゃ・おやつの持ち込み
おもちゃやおやつは、しつけやコミュニケーションとしても活躍するアイテムですが、ほとんどのドッグランで持ち込みが禁止されています。
これは、おもちゃやおやつに強く反応する犬がいることから取り合いのケンカになることを防ぐためです。

また、ドッグランを利用している犬の中にはダイエット中や健康上の理由でおやつを制限している犬もいます。
その犬が食べカスを拾い食いしてしまうことも考えられます。

そのため、ルールを無視したおもちゃ・おやつの持ち込みはNG行動です。
さらに、おやつを他の犬に勝手に分け与える行動もNG行動となります。

③ 勝手な写真撮影、さらにSNS・ブログ投稿
愛犬の日常をSNSやブログにアップしている飼い主さんは多いですよね。
もちろんドッグランで愛犬が他の犬と遊ぶ姿を投稿したいと考える気持ちもあるでしょう。

しかし、他の犬の写真を勝手に撮影してSNS・ブログ投稿することはNG行動です。

飼い主さんに一言「写真を撮っても良いか」「SNS・ブログに上げても良いか」を確認するようにしましょう。
法的にもNG行動となるので、注意してください。

④ 愛犬の他の犬への迷惑行動・マウント行動を放置する
ドッグランは愛犬がたくさんの友達を作ることができる場所ではありますが、犬同士のコミュニケーションを放任するのはNG行動です。
特にオス同士のマウント行動はケンカになりかねません。

他の犬に執着したりマウント行動などの過剰なコミュニケーションを「犬同士だから」「ケンカにならなければ良い」と考えている人も多いようですが、他の飼い主さんが同じ考えだとは言えません。
間に入って止めるか愛犬が落ち着くまで退場するなどしましょう。

⑤ 小型犬・大型犬エリアを無視する
ドッグランには小型犬と大型犬エリアが分けられている施設もあります。
それを無視して大型犬エリアに小型犬を入れる、小型犬エリアに大型犬を入れる行動はNG行動です。

「うちの子(小型犬)はタフだから」と大型犬エリアに入れると、他の大型犬の飼い主さんが気を遣うハメになるでしょう。
逆に「うちの子(大型犬)は小さい子が好きだから」と小型犬エリアに入れれば、他の小型犬の飼い主さんが不安感を覚えることになります。

さらに、万が一ケンカになった時に、不利になるのは小型犬です。
ケガだけでなく死亡事故に繋がってしまうこともあるでしょう。
そういったリスクを理解し、ルールやマナーを守っていかなければなりません。

愛犬とのおでかけ 持ち物・便利グッズ

バカンス

ドッグランへ行くときの持ち物

◆首輪・リード
ノーリードで遊ばせることのできるドッグランでも、入場の際には必要になります。
また、愛犬や他の犬の状態を見てリードが必要になるシーンも出てきます。
ただし、他の犬や飼い主さんを巻き込んでしまう危険性があるロングリードは、ドッグランには向いていません。

◆水(飲み水・洗い流し用)・ボウル
愛犬の水分補給用の飲み水と、施設内でおしっこをしてしまった時のために洗い流し用の水を持参するようにしましょう。
水飲み用のボウルも忘れないようにしましょう。

◆エチケット袋
排泄物は必ず飼い主が処理するようにしましょう。

◆狂犬病・ワクチン注射済票
施設によっては提示を求められることがあります。

あれば便利!!ドッグランでのおすすめグッズ

◆ウェットティッシュ
ドッグランでたくさん遊んだ後には、お顔まで泥だらけなんてこともあります。
さらに他の犬のヨダレが付いてしまうこともあるでしょう。
そんな時のために犬用ウェットティッシュ、さらに飼い主さんのウェットティッシュもあると便利です。

◆ビニール製ドッグラン用のバッグ
ドッグランへの持ち物を入れるためのバッグです。
ドッグランでは砂が舞い上がったり抜け毛が飛び散っていたりと何かと汚れがちです。
布製のものでも問題ありませんが、ビニール製だとお手入れも簡単なのでおすすめです。

◆犬用水筒
愛犬に新鮮な水を与えることができます。
水飲みボウルが一緒になったペット用タイプのものが便利でおすすめです。

おすすめ商品①ペット専用ステンレス水筒 H2O4K9
『商品はこちら』

◆レインコート
雨の日に無理をしてドッグランを利用する必要はありませんが、雨上がりや雪の日などのドッグランは体が汚れがちです。
そんな時レインコートがあれば体の汚れを防ぐことができるので便利です。

おすすめ商品①「レインドッグガード」
ストレッチ性のあるしなやかな生地で愛犬の身体の動きにスムーズにフィットし、機能性の高いおすすめ商品です。サイズ展開も豊富で小型犬~超大型犬まで揃っています。
『商品はこちら』

おすすめ商品②「レインブロッカー」
北欧・ヨーロッパで人気のドッグブランド「Hurtta(フルッタ)」のレインコートです。
「Houndtex」と呼ばれる透湿防水素材で、内側にこもる湿気を外に出してくれます。
『商品はこちら』

◆消臭機能付きマナーポーチ
犬の排泄物は袋に入れて口を絞っておいても臭い漏れが気になるものです。
そこで消臭機能付きのマナーポーチがあると臭いが漏れにくく快適に過ごせます。

おすすめ商品①「消臭マナーポーチ・テトラ」
ウェットスーツ素材でできていて、洗える消臭マナーポーチです。
蓄光機能で夜には光って見えるので、夜道でも安心です。
『商品はこちら』

おすすめ商品②「DOGCHOiCEオリジナル 201マナーポーチ」
粒状活性炭入りの不織布でできていている巾着タイプのマナーポーチです。
活性炭が臭いのもとを取り込んで放しません。
『商品はこちら』

この記事のまとめ

ドックラン
福井県のドッグランで遊ぼう
  • おすすめドッグランは、
    「スキージャム勝山」
    「南条サービスエリア(上り・下り)」
    「ガラガラ山キャンプ場」
    「リオ西山」
  • ドッグランデビュー前に「最低限のしつけ」「社会性」「予防接種」は必須!!
  • ドッグランを利用する際にはルールとマナーを守ることが大切
  • 持ち物:「首輪・リード」「水・ボウル」「エチケット袋・ティッシュ」「注射済票」

さいごに

ドッグランは犬にとって刺激と運動を得られ、ストレスを発散できる場所でもあります。
社会性を養うためにも定期的に連れて行ってあげることが好ましいでしょう。
ぜひ福井県内で愛犬にぴったりのドッグランを探してあげましょう。