犬はストレスに弱い動物?愛犬のストレスのサインに気づくには?

犬はストレスに弱い動物と言われます。飼い主がストレスのサインに気がついてあげないと、話すことができない犬はどんどんストレスを溜め込んでしまい病気になってしまうこともあります。犬はストレスを感じるとサインを出して飼い主に訴えかけています。どういう時に犬はストレスを感じ、どういう形でサインを出すのか、まとめてみました。

どういう時にストレスを感じるの?

犬のストレスの原因として真っ先に考えられるのは、飼い主にかまってもらえないことでしょう。ブリーダーやペットショップから迎えられた犬は飼い主しか頼る人はいません。いつも飼い主を独占したいと考えていて、いつもそばにいて遊んで欲しいと思っています。しかし現実はそうもいかず、毎日お留守番ばかり、飼い主は忙しくてあまりかまってくれない、となると犬はストレスを感じて何らかの形でサインを出してくるでしょう。

他には引越しなどで環境が変わってしまった、後から他の犬、または猫を迎えて多頭飼いになった、トイレの位置が変わった、雨で散歩に行けない、ドッグフードが気に入らない、薬を飲まなくちゃいけない、動物病院に行った時、ペットサロンに行った時、ペットホテルに預けた時、家に他人が来た時、暑い・寒いなど、ストレスの原因は無数にあります。犬の様子が何かいつもと違う時、問題行動があった時などは、ストレスになるようなことが何かなかったかどうかを考えてみるようにしましょう。

犬のストレスのサインとは?

犬がストレスを感じたら、何らかの形でサインを出しています。それが行動によるものなのか、体調の変化によるものなのかは個体差がありますが、飼い主としてはそのサインをできるだけ早く受け止めてあげたいものです。行動によるサインには、普段はトイレの失敗はほとんどないのに、突然トイレ以外の場所でおしっこをするようになったというのが典型的な例です。また普段はほとんど吠えないのに、急によく吠えるようになってしまったというのも、ストレスのサインかもしれません。また体の一ヶ所を舐め続ける、自分の尻尾を追いかける、同じ場所を行ったりきたりしているなどもストレスのサインと考えられます。

ストレスが体調に影響を及ぼしてしまう場合も多いです。食欲をなくす・逆に食欲が異常に増してしまう、嘔吐・下痢、など特に原因となる病気がないのに体調を崩してしまう場合はストレスが疑われるかもしれません。体調を崩してしまった場合は、体に負担をかけてしまいますので、早急に対策が必要です。

犬のストレス解消法

人間と同様に、犬にもストレス解消が必要です。自分の気持ちを話すことができない犬にとって、ストレスで体調を崩したり異常行動に出てしまうのは辛いですね。犬にとってのストレス解消法は大好きな飼い主にかまってもらうことです。ストレスを感じさせてしまったなと思ったときは抱きしめてあげるだけでもいいでしょう。時間ができたら、できるだけ遊んであげたり話しかけてあげたりしてください。行けるようなら、時々はドッグランなどで思いっきり遊ぶのもいいかもしれません。

ストレスの原因がわかっている場合は、その原因を取り除いてあげましょう。後から犬や猫を飼って多頭飼いになった場合は、新しく迎えた犬ではなく、先住の犬のほうを重視してあげましょう。留守番や病院通い、ペットサロンでのトリミングは仕方がないことですので、終った後は「良い子だったね」とオーバーなくらいにほめてあげると良いでしょう。

まとめ

犬はストレスに弱い動物ですので、私たちが考える以上にストレスを感じています。できるだけストレスを感じないような生活環境にしてあげることが第一なのですが、それでも様々なことがストレスになってしまいます。そういう時は犬は必死にサインを発して私たちに訴えかけています。私たち飼い主は犬が発するサインに気付いてあげて、ストレスの原因を取り除いてあげるようにしたいものです。