【シリーズ犬の服】~犬服ってどんな種類があるの?~


犬服の種類とは?

犬の服の種類ですが、私たち人間と同じようにというか、人間顔負けに種類があるんです!形が違う意味での種類というものもありますし、用途が違うという意味の種類もあります。
形が違うというのは、主にデザインの違いを言います。
洋服の種類の呼び方は人間のものとさほど変わりがありません。
スカートタイプ、つなぎタイプ、袖なしタイプ、袖ありタイプ、春夏用、秋冬用、コート・ジャケット類、Tシャツ、などさまざまです。
これらは「おしゃれ」という観点からの種類分けですね。
用途の違いという意味での種類とは、普段着用、寝巻、お出かけ用、写真撮影用、防寒用、避難用、暑さ対策用、手術後防護用などが挙げられます。
犬は当然動物ですので、本来洋服は必要ありません。
しかし、人と生活するようになり、野生の動物ではかからないような病気(例えばアトピー性皮膚炎等)になることもあります。
このような場合は、やはり犬服は大変助けになってくれるアイテムなのです。

性別によって違うの?

犬服ですが、人の洋服と同じように、オス用・メス用があります。
ただし、犬用に関しては雄雌どちらでも着用できる、いわゆるユニセックスタイプがほとんどです。
ですので、Tシャツタイプのように上着だけの場合はオス用・メス用という違いはありません。
飼い主さんの好みで着せて頂ければ良いと思います。
ただし、オスとメスでは生殖器・排泄部分の場所が変わって来ますので、あきらかに男の子用のデザインの場合は、お腹のくりぬき部分がかなりあって、排泄時に邪魔にならないようになっているデザインが多く見られます。
最近では、飼い主さんが好んで女の子用の服を雄犬に着せている場合もありますし、逆にメス犬にボーイッシュな格好をさせて楽しんでいらっしゃる飼い主さんも見かけます。
汚れ対策さえしておけば、どちらを着ても良いのではないでしょうか?人の世界も犬の世界もファッションは個性であると言えるのかもしれませんね。

犬服にも季節があるの?

犬服にも当然季節感があります。
特に冬用ではダウンジャケットなども販売されていますし、ボア生地やその他暖か素材で作られている洋服もあります。
春夏の場合は、薄手の生地で作られた洋服で、デザインも花柄やマリンルックが多く販売されます。
日本には四季がありますよね。
それゆえおしゃれでも四季を楽しむことができますが、犬服も同様に季節感を楽しめるグッズのひとつでもあります。
また、北海道と沖縄では季節の変化や時期も大きく変わります。
雪国などでは早くから冬用の洋服を着て身体を保護している犬、特に小型犬が多くみられます。
地域によってもそれぞれに差があるので、見ているとなかなか興味深いですよ。

目的別犬服

犬服はおしゃれ目的で着せる場合が一般的ですが、大切な役割を担ってくれている犬服達もあります。
例えば術後服と言われるものです。
犬は手術をした後、どうしても傷が気になって、縫合部を舐めようとしてしまいます。
しかし、これが傷の治癒を遅らせる原因ともなりかねません。
エリザベスカラーなどが病院から支給されることもありますが、嫌がって外してしまう子も多く、飼い主さんを悩ませます。
そんなとき、洋服でがっちりガードしてしまえば安心です。
術後服はウエットスーツのようにぴったりと密着するタイプですので自分ではなかなか脱ぐことができません。
さらに、皮膚病で悩んでいる犬も洋服を着ることで掻きむしりを防いだり、毛が抜けてしまった部分を保護するのにも非常に役立ちます。
また、最近増えて来た「クール素材」で作られた洋服は、犬を熱中症から救ってくれる優れものです。
生地そのものがひんやり効果がありますので、着るだけでかなり体温を下げてくれます。
夏用の洋服には、防虫効果のある生地を使っている洋服もあり、虫よけにもなってくれますよ。
逆に冬用には人と同様にヒートテック素材でつくられた洋服も販売されるようになりました。
あとは、犬服というより衣装と言った方がいいでしょうか?いわゆる写真撮影用の洋服で、機能性は着せやすさは特に重視されていないものです。
最近では、犬の専門カメラマンもおられますし、飼い主さんご自身がカメラマンとしてご愛犬を可愛く撮影している方も増えました。
SNSでも素晴らしい写真の数々が観れますよね。
このような撮影する際に着せる衣装や、イベントなどで着用させる犬のコスプレ用の服といったものも、ペットショップやネット通販で普通に販売されています。
確かに日常生活に必要なタイプの犬服ではありませんが、一度着せると思いのほか可愛らしいので結構病みつきになりますよ。

犬に装飾品!?

おしゃれというと欠かせないのが装飾品ですよね。
実は犬用の装飾品も販売されているのです。
帽子、ネックレス、髪飾りなどです。
もちろんこれらは必ず必要なものではありませんし、装着時には気を付けておかないと危険な場合もあります。
なお、雄犬用に作られた「マナーバンド」「マナーベルト」というものがあります。
これは、オスのマーキング防止グッズです。
腹巻のような形をしており、雄犬の排泄部分に巻くものです。
留守番時やお出かけ時などには大変便利ですし特にお出かけ時には、「雄犬はマナーバンド着用のこと」と決まっているカフェもあります。
雄犬を飼っておられる方で、マナーバンドをご存じ無かった方は、是非1枚用意しておかれると便利ですよ!

おしゃれを楽しもう!

何度も言うように、犬に本来洋服は必要ありません。
でも、たくさんの飼い主さんが笑顔になっているのは事実ですし、中には病気や怪我の治療のために犬服が助けになってくれていることも多いのです。
犬に服なんて・・・と難しく考えずに、ちょっと着せてみようかな?と気軽におしゃれさせてみませんか?きっと愛犬ライフももっと充実したものになってくれますよ!