犬の飼い方って難しい?初心者のための飼い方まとめ

どんな犬にする?どこで入手する?

犬を飼いたいと考えている時点で、どういう犬がいいかを想定している人も多いでしょうが。
漠然と小型犬が良いとか、おとなしい犬が良いとかを考えていることも多いですね。
犬の種類はとても多くて、どの犬にしようかと決めることは本当に難しいです。
犬の大きさによってかかるお金も変わってきます。
大型犬を欲しくても家に大型犬が暮らすスペースがなければ無理ですよね。
おとなしくて初心者向きの犬種は確かにいます。
小型犬ではトイプートルやシーズーなどが、おとなしくて無駄吠えも少ないので飼いやすい犬として人気があります。
しかし飼い主になる人との相性もありますので、なるべくたくさんの犬種の中から絞っていくようにしましょう。

犬を手に入れるにはペットショップで購入する方法、ブリーダーで手に入れる方法、里親になる方法などがあります。
ペットショップは手軽ではありますが衝動買いしやすい傾向があります。
犬を手に入れる段階で衝動買いは絶対に避けたいですので、ペットショップでと考えている場合は、一度で決めてしまわないようにしてください。
今はペットショップよりもブリーダーで手に入れるほうが主流になりつつあります。
欲しい犬種を専門に取り扱う優良ブリーダーを探すのが良いでしょう。
里親として迎えるのもおすすめです。
必ずしも子犬を迎えるというわけにはいきませんが、何らかの事情で飼い主をなくした犬を生涯幸せにしてあげるという貴重な経験ができるでしょう。

必要なものを揃えよう

犬を飼うために必要なものには、いろいろなものがありますが、最初は絶対に必要なものを揃えておいて、後は少しずつ買い足していくという形でいいのではないでしょうか。
絶対に必要なものはドッグフードと食器、水を飲むための食器、トイレ、ケージ(サークルまたはクレート)、ベッドです。
ケージは使ってないという飼い主も多いですが、犬にも独りになれる空間は必要ですのですので、できるだけ用意しておいてあげましょう。
首輪やリードなどはお散歩デビューをするまでに揃えておいてあげましょう。

忘れてはいけないのが、かかりつけの動物病院です。
自宅の近くに評判が良い動物病院がないか調べておきましょう。
犬を飼っていると動物病院へは年に数回行くことになります。
信頼できる動物病院は犬にとっても飼い主にとっても、とても頼りになる存在です。
病院へ連れて行くためのキャリーケースも用意しておくと便利ですよ。

迎えたら環境に慣れさせてしつけを始めよう

犬を家に迎えたら、ほとんどの犬は珍しがって家中走り回ることと思います。
危険なものなどは事前に犬が触れないところに片付けておくようにします。
犬は少しずつ環境に慣れていきますので、まずは見守っていきましょう。
しかし噛み癖を直すしつけ、トイレのしつけ、ハウスのしつけ、無駄吠えを直すしつけは少しずつ始めていきましょう。
犬は頭か良く、人の言っていることを理解できますので、諦めずに根気強くしつけをしていきましょう。

可愛いからと甘やかしてばかりいると、わがままな犬になってしまうことがあります。
犬はペットの中でも一番しつけがしやすい動物ですので、人間と仲良く幸せに暮らしていくためにも、ぜひしつけは行ってください。
しつけは体罰とは違いますので、混同しないようにしたいですね。

まとめ

犬を飼うということは楽しいことも大変なこともたくさんありますが、後悔しないためにもよく考えて飼うようにしたいものです。
犬の寿命は犬種によって違いますが、小型犬では14年位です。
犬の一生をずっと面倒見てあげられるのか、自分に何かあった時に犬はどうするのか、長期に家を留守にする場合、犬の面倒を代わりに見てくれる人はいるのか、様々なことを想定しておかないといけないですね。