年齢別で見るパグの平均的なサイズ

愛嬌たっぷりのブサかわのパグは、日本でも人気が高く多くの人から愛されています。 パグの子犬を飼い始めると楽しいことが増えたのと反面、自分の家のパグがちゃんと成長しているのか、飼い方は正しいのか不安になることも多いのではないでしょうか。 今回は、パグの年齢別で見るサイズをテーマに、子犬期の体重管理のコツなども合わせてまとめてみました。

パグの平均的なサイズとは?

パグは成犬時、体高がおおよそ25~28cm、体重6~8kgの小型犬に分類されます。
チワワやミニチュアダックスフンドなどの小型犬と比べても体重が重く、体は筋肉質で重心が重いのが特徴です。

年齢別で見るパグの平均体重

犬は通常生後12カ月頃までかけて成長し成犬になります。
産まれた時は170~180g前後、生後3カ月では2.3kg前後まで成長し、生後4カ月で3.5kg、生後6カ月の時点では、すでに一般的な小型犬の体重5.2kgになります。その後も少しずつ成長を続け、生後7カ月5.9kg以降緩やかに増加していきます。生後8カ月で6.2kg、生後10カ月で6.5kgとなり、生後12カ月で6.7kg前後にまで成長していき、この頃には成犬として扱われます。

成長には個体差がある

前述で述べた体重推移はあくまでも目安です。成長には個体差があるので、自分の家のパグが小さすぎるまたは大きすぎるからと言って、大袈裟に心配する必要はありません。
また統計的にもメスとオスによって体の大きさと体重に差があり、メスよりもオスのほうが大きい傾向にあるようです。
万が一、食が細くご飯の1日基準量を食べられないことが続いている場合には、1日に何回の食事回数と決めつけず、少量ずつ食べさせてあげると良いでしょう。それでも食が細い場合には、ドライフードを変えてみる、ミルクを混ぜてふやかしてみるなど工夫してみましょう。

パグの体重管理のコツ

パグは食いしん坊なため、食べ過ぎてしまうと肥満になってしまいます。 子犬の頃からしっかりと食事の管理をしていきましょう。
しかし、子犬のころは健康なからだ作りをするための重要な期間です。肥満に注意しすぎて与えるご飯の減量はせず、必要なご飯の量はしっかりと与えて、子犬の健康な体つくりをサポートしましょう。 ただし、おやつは与え過ぎないようにする必要があります。おやつは嗜好性が高く作られているため、カロリーが高く食べ過ぎることで肥満の原因となります。
また、適度な運動もさせてあげなければなりません。たくさんの運動は必要がないパグですが、社会性を身に付けるためにも散歩に連れて行き運動させてあげましょう。
子犬の頃に肥満にさせてしまうと、太りやすい体質になってしまうでしょう。バランスよい食事と運動で健康な体にしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか。 成長には個体差があるため、あくまでも目安として参考にしてください。
パグの子犬を迎えたら、パグの成長過程での体重推移を記録してみて平均体重と比較してみると何か発見があるかもしれませんね。
また、子犬期には良質な栄養素を必要量だけ摂取させてあげて、健康なからだ作りをサポートしてあげましょう。