愛犬が吐く原因と、吐いた後の注意点を動物看護師がお伝えします!

犬は、人間よりも簡単に、よく吐く場合が多い動物です。吐くという症状は、様々な病気のサインです。軽い場合から、命に関わる場合まで、色々なシーンで引き起こす代表的な症状です。逆に、吐いたからこの病気だという断定が難しい症状でもあるので、他の症状が出ていないかなどの観察も必要となります。吐く原因にはどのような場合が考えられるのか、また前兆や注意点も一緒に紹介します。

吐く原因(軽度)

空腹時や、食べすぎ、ストレス、乗り物酔いなどが原因で吐く場合があります。このような原因で吐くものは、病気ではなく、一時的なものなので基本的には様子を見ていても大丈夫な場合が多いです。
食べたものがそのまま消化せずにでてしまっているような吐き方は、吐出といいます。食べ過ぎた場合はこの吐出という吐き方がほとんどです。また、急いで食べる癖のある犬や、早食いをする犬にも吐出が見られます。
空腹時には、胃が空っぽの状態が長時間になり、胃酸過多を引き起こして、胃液を吐きます。また、ストレスが原因で吐く場合も胃液を吐く場合が多いです。一時的な嘔吐や吐出は問題ないので、様子を見ていても大丈夫です。しかし、慢性的に嘔吐をすると、胃酸で食道が炎症を起こして食道炎などの病気を引き起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

吐く原因(重度)

様子を見ていてもいい嘔吐や吐出と違い、様子を見ていると重症化し、命の危険性がある病気の場合もあります。病気の可能性がある時は、吐く以外にも何らかの症状が一緒に出ていることが多いです。発熱や下痢、食欲低下、元気がない、ぐったりしている、吐血、何度も頻繁に吐くなどが主に目立つ症状です。
吐く原因として、考えられる病気
  • 胃腸炎
  • 異捻転
  • 胃拡張
  • 胃潰瘍
  • 腸重積
  • 腸閉塞
  • 胆嚢炎
  • リンパ管拡張症
  • 腫瘍
  • 肝臓疾患
  • 膵炎
  • 腎不全
  • 中毒
  • 感染症
  • 寄生虫症
  • 食道炎
  • アジソン病
  • 子宮蓄膿症
  • アナフィラキシーショック
このようにたくさん考えられる病気がありますが、もちろんここで伝えきれない病気もあります。
動物病院でみられる多くの病気ですが、珍しい病気や、消化器に関係のない病気の場合にも吐く場合があります。基本的に吐くという症状は、どの病気にもみられる症状です。

吐いた後の注意点

飼い主が注意しなければならないことは、吐いた後の様子をしっかり観察することです。吐いたものを見て、心当たりはないか考える必要があります。様子を見ていても良さそうな場合でも、無理はさせずに安静にさせて様子を見ましょう。
しかし、吐くのが続いたり、他の症状も出てきたりする場合は、出来るだけ早く動物病院で見てもらうことをオススメします。その時に、いつ、どんな色で、何を吐いたのか、他の症状は出ているのかということを獣医師に伝えられることも病気の早期発見に繋がります。
アナフィラキシーショックや、中毒症状の場合は、対応が遅れるほど命に関わりますので、中毒を引き起こしそうなものを食べてしまったとか、ワクチン摂取後などの心当たりがあればすぐ病院へ連れていきましょう。

まとめ

吐くという症状は、犬にとって様々な病気のサインでもあります。病気でない場合でも何らかの意味があって体が反応しているものです。軽く見ていると、重症化してしまい手遅れになる可能性もある症状です。様子を見ていてもいい場合もありますが、基本的には動物病院へ連れて行って見てもらうことをおすすめします。そして、飼い主が症状を見逃さないことも大切になってきます。