犬は食べることが大好き!犬の食事にはどんなものがあるの?


ドッグフード

犬の食事と言えばドッグフードです。
ドッグフードにはたくさんの種類があるので、どれにすれば良いのか迷ってしまいますよね。
ドッグフードは大きく分けてドライとウェットに分かれます。
ドライフードは「カリカリ」と言われるタイプのもので、ドッグフードの主流と言ってもいいでしょう。
ウェットは缶詰やパウチになっているものがほとんどです。
犬によって好みが分かれますが、ウェットのほうが食いつきがいいとよく言われます。
しかし毎回ウェットだけで食べさせるとお金がかかりすぎる傾向があり、肥満になる可能性があります。
ドライと併用して与えるといいでしょう。

ドライフードには種類が多く、犬種別になっているもの、年齢別になっているものがあります。
それよりもドッグフードで気をつけなくてはいけないことは成分です。
犬の健康に害を及ぼすような添加物が含まれている場合もあるので、良質なドッグフードを選ぶようにしてくださいね。
安価すぎるドッグフードにも注意しましょう。
愛犬が毎日口にして、体を作る大切な食事です。
購入するときは、どういう成分で作られているものなのか、しっかりとチェックするようにしたいですね。

手作りごはん

かつては犬は手作りごはんが主流でした、今も手作りごはんを与えている人も多いですね。
手作りごはんは犬にも飼い主の愛情が通じて、とても幸せな気持ちで食事ができますよね。
原材料も飼い主の食事を利用して作ることができるので経済的な面があります。
原材料も何を使っているのかがはっきりわかりますので安心です。
ドッグフードにアレルギーがある犬などは手作りにすると改善することもあります。

メリットも多い手作りごはんですが、デメリットもあります。
犬には食べてはいけないものが意外と多いですが、全てを把握するのは難しく、つい食べてはいけない食べ物を与えてしまいがちです。
毎日のメニューを考えるのも大変です。
人間用の食事と犬の食事と両方作らなくてはいけないのは手間がかかります。
栄養バランスを完璧にするのも大変で、それなりの勉強も必要になります。
良質なドッグフードとの併用という形で手作りごはんにするというのもいいですね。

おやつ

犬におやつは本来は必要がない物ですが、しつけや留守番のときなどに、上手く利用することができるので、あれば便利なものです。
おやつには様々なものがありますが、できれば添加物のない自然な素材を利用したものを用意してあげましょう。
さつまいもは犬が大好きな食べ物ですが、加熱するだけで美味しく食べられるので、飼い主と愛犬が一緒におやつタイムを楽しむこともできます。
果物が好きな犬も多いですが、果物には意外と犬が食べてはいけないものが多いのです、食べてはいけないものは除いて、食べさせてあげるのも良いでしょう。

ペットショップにはたくさんの犬のおやつが売られていますが、おやつにも添加物が含まれていることが多いです。
また塩分や糖分が含まれていることも多いので、購入する場合はチェックしましょう。
与えすぎると肥満の原因になることもあります。
おやつは主食の代わりにはなりません。
食事が食べられなくなるほどの量を与えることは控えましょう。
欲しがる時に欲しがるだけ与えるのではなく、しつけや留守番など、ここと言う時に活用するようにしましょう。

まとめ

犬の食事にはドッグフード、手作りごはんがあります。
ドッグフードは種類が多く質が良くない物もありますので、愛犬の健康のために添加物が含まれていない質が良いものを選ぶように心がけなくてはいけません。
手作りのごはんを与える場合は、栄養面や献立をしっかりと考える必要があります。
犬の体を作るのは食事です。
長生きしてもらうためにも、質が良くておいしい食事を考えるのは飼い主の義務と言えるのでしょう。