犬のお風呂嫌いには理由がある?犬の言い分も聞いてみよう!


犬にお風呂は必要なのか?

何故犬をお風呂に入れるのでしょうか。
そりゃ、臭いからに決まっているじゃないか!
そう、臭いし、皮膚にもよくないし、と思ってしまいますよね。
でも人間にとって不快なその匂い、かつて野生だった頃の犬にとっては必要不可欠なものだったのです。

野生の犬は嗅覚で自分と他者を判別したり、獲物を探したりしてきました。
人と暮すようになっても、その本能から自分の匂いが消えてしまうことをとても嫌います。
犬にとってお風呂で体を洗われることは決して嬉しいことではないのです。
では犬にとって負担のないお風呂とはどんなものなのでしょうか。

犬に汗の匂いはない?

犬の体には汗腺がほとんどない、ということをご存じでしたか?
犬の汗腺は足の裏と鼻の先だけにしかありません。
犬は体に汗をかかないのです。
したがって犬が人間のように汗の匂いで不快になるということはありません。

犬の体臭は体全体の皮脂腺から出る皮脂の酸化によるものです。
皮脂腺による体臭の強さは犬種によって異なります。
過度なシャンプーによる皮脂のとり過ぎは皮膚を弱める原因になりますので注意しましょう。

犬にとって香りのいいシャンプーは迷惑?

犬を洗い上げた後のシャンプーのいい香り。
さぞかし犬も嬉しいだろうと思うのは人間だけです。

シャンプーしてきれいになったとたんに、床や地面に体をこすりつけている犬をみたことはありませんか。
シャンプーによって、もともとの自分の匂いが消えたうえに、嗅いだこともない匂いが体に着いたのです。
犬が必死に地面などに体をこすりつけて、自分の匂いを取り戻そうとするのは本能でしょう。

人間にとってはいい香りでも犬にとっては不快で迷惑なこともあります。
シャンプーはできるだけ無臭なものを使うことをおすすめします。

犬をお風呂入れる時に知っておきたいあれこれ!

もともと体を洗うという習慣のない犬に、お風呂を好きになれということのほうが無理なことなのかもしれません。

しかし、今では室内犬として人と暮らすことが普通になって、臭いや汚れをとるためのお風呂は、健康上や衛生面からも必要とされるようになりました。
犬が嫌がらずにお風呂に入るために、ちょっと役立つあれこれをご紹介します。

お風呂に入れる前に

まずはお風呂場に慣らすことから始めましょう。

飼い主さんとお風呂場でおもちゃ遊びなどをして、お風呂場が楽しい場所だと教えてやります。
お風呂場に慣れたら弱いシャワーを足からゆっくりかけてやり、水で体が濡れることに慣らしていきましょう。

お風呂に入れる頻度は月2回程度でじゅうぶんです。

毛玉は水に濡れると固まってしまうので、お風呂に入れる前にスリッカーなどでとっておきましょう。

犬の体温は人間の体温より高いので、お風呂やシャワーの温度は35度~37度に設定します。

シャンプーの種類と用途

シャンプーは必ず犬専用のものを使ってください。
シャンプーにはさまざまな種類のものがありますが、その犬の毛質や皮膚の状態にあったものを選ぶことが大切です。

  • 一般用シャンプー ☆毛並みを整え、艶を出すためのシャンプーです。
  • 薬用シャンプー・殺菌シャンプー ☆皮膚にトラブルがあるときに使うシャンプーです。
    必ず獣医師に相談してから使いましょう。
  • ノミ取りシャンプー ☆体についているノミをとるシャンプーです。
    ノミがつかなくなるわけではありません。
    ノミの駆除にはノミ駆除剤が必要です。
  • 低刺激シャンプー ☆皮膚の弱い犬用のシャンプーですが、現在皮膚トラブルがある犬には適していません。