愛犬の元気な子犬を育てたい!マルチーズの交配相手の選び方とは?

愛犬のマルチーズの子犬を育ててみたい!その強い思いを実現するために、具体的に交配相手の犬を選ぶ場合、何を基準にして選べばいいのか難しいですね。マルチーズなどの血統書付きの犬の交配、繁殖は基本的にブリーダーの仕事です。それを個人で行うときはそれなりの知識を必要として困難も伴うことを覚悟しなければなりません。生まれてきた子犬にも全責任を持つことを覚悟した場合のみ、交配相手選びを始めましょう。

まずは交配、繁殖に関する勉強を

マルチーズの交配は基本的にはブリーダーが行うことです。
ブリーダーが仕事として行っていることを個人で行うことは、決してやさしいことではありません。
交配、繁殖は命を扱うことですので、ブリーダーと同じようにしっかりとした知識を持っておくことが必要です。
決してうまくいくことばかりではないことも念頭において、もしものときにはどうするのかも考えておくことが大切です。

マルチーズの健康状態をチェック

マルチーズに遺伝するような疾患やアレルギーがあると、子犬にも遺伝する可能性があります。
普段は元気で、何の問題もないように見えていても、出産は大変な負担がかかりますので、いつも以上にマルチーズの健康状態をチェックしておかないといけません。
交配させようと考えるのなら、動物病院で出産しても大丈夫かどうかを診てもらうことも大切です。
マルチーズは小さいことが多いですが、あまり小さすぎると出産が難しいこともあり得ますので、自分だけで判断することは避けるようにしましょう。

マルチーズの交配相手をどこで探すのか?

マルチーズの交配相手をどこで探すのかも問題です。
愛犬に合った交配相手かどうかを判断するのは、素人では難しいことが多いです。
信頼できるペットショップやブリーダーに相談してみるのがおすすめです。
特にマルチーズ専用のブリーダーやショップだと、いろいろな情報を持っていることが多いので、愛犬にぴったりの交配相手を探すことができるかもしれません。

相手の健康状態や性格などを確認

交配相手の候補が何匹かいて、その中から選びたい場合、相手の健康状態や性格をしっかりとチェックしましょう。
愛犬の欠点を補えるような相手が理想です。
健康で性格も穏やかな子犬が生まれてくるように、相手選びは慎重に行いましょう。

愛犬の元気な子犬を育てたい!マルチーズの交配相手の選び方とは? まとめ

元気で可愛い子犬が生まれるように個人でマルチーズの交配相手を選ぶことは、大変なことが多いです。
ブリーダーに負けないくらいの知識も必要ですが、交配することを決めたなら、責任を持って元気な子犬が生まれるように努力しましょう。
交配相手は信頼できるペットショップかブリーダーで選んでもらうのがベストです。
交配までの期間も愛犬が体調を崩さないようにしっかりと管理しましょう。