どうしてそんなことするの?犬がうんちを食べる「食糞」とは?

犬がうんちを食べるという行動を見て驚いたという飼い主は多いです。人間では考えられない行動ですが、犬だけでなく他の動物にも時々見られる行動です。飼い主としては体に悪そうなのと、見るに耐えないので絶対に止めさせたい「食糞」ですが、どういう理由で起こるのか、どうしたら止めさせることができるのか、考えてみましょう。

子犬や母犬の食糞は自然な行為?

子犬が食糞をしてしまうのを見たことがある人は多いことでしょう。これはある程度本能的な行動で、一過性のものであることが多いです。子犬は何にでも好奇心旺盛です。身近にあるものは何でも口にしてみて、どういうものかを確かめようとします。それがたまたま自分のうんちであったとしても、食べて良いものか悪いものかは、まだわかりません。臭いもかなり強いために、興味を持ってしまいます。

母犬もまた子犬のうんちを食べてしまいます。これは本能的な行動で、子犬のうんちの臭いで子犬を狙ってくる動物たちから子犬たちを守る意味で行います。また自分たちの巣をきれいにしておきたいという本能によっても食糞が行われます。いずれの食糞行為も健康にはあまり影響はありませんが、便に寄生虫がいることも考えられます。家で飼っている母犬や子犬の食糞行為が心配な場合は、排泄物を見つけたら、すぐに処分してしまうようにしましょう。

犬の食糞の理由とは?

子犬や母犬の本能的な食糞とは別に、いつまでも食糞をしていれば、何か問題があると考えたほうがいいでしょう。犬が食糞をしてしまう原因にはいろいろなものがあります。主な原因をいくつかあげてみましょう。

母犬のまね

子犬の時期に母犬が食糞をしているのを見ていると、まねをしてしまうことがあります。

飼い主に叱られたくない

トイレの失敗で叱られたことがある犬に考えられる行動です。うんちをしてしまって叱られると思い、見つかる前に食べてしまおうとします。

飼い主が喜んでくれていると勘違い

食糞を目撃してしまった飼い主が騒いだことを「喜んでもらえている」と勘違いして、また喜んでもらおうとして食糞を繰り返してしまいます。

食事の量が足りない

食事の量が足りないと、空腹のあまり食糞をしてしまうことがあります。

ビタミン不足

ビタミンBやKが不足していると、それを補うために食糞をしてしまうことがあります。

その他にもストレスや認知症などでも食糞をしてしまうことがあります。

犬の食糞対策

犬の食糞を止めさせる方法は原因によって多少異なってきます。飼い主の反応が楽しくて食糞をしてしまう場合、また飼い主に叱られたくないために食糞をしてしまう場合は、冷静に騒がず、犬が排泄をして食べてしまう前にさっと片付けてしまいましょう。飼い主の反応がなければ食糞をする理由もなくなります。食事が原因の場合は、栄養バランスが取れたドッグフードを選んで与えるようにします。

いずれの場合も、犬がトイレで排泄をしたら、すぐに片付けるのがコツです。またパイナップルを食べさせるのも効果があります。パイナップルを食べると、犬が食べたいと思えないような苦手な味に変化するようです。ただパイナップルは食べるのを嫌がる犬も多いので、無理は禁物です。舐めるとうんちが辛くなるシロップ、食糞防止用のスプレーなどのサプリやグッズも市販されていますので、利用してみるのもいいでしょう。

まとめ

犬がうんちを食べている行為は、飼い主としては見たくないですね。子犬が自分の排泄物に興味を持つことは自然なことで自然に治まりますが、その他の原因によるものは、止めさせたほうがいいでしょう。犬に食糞を止めさせるには、食糞を見ても騒がないこと、食糞をする前にうんちを片付けることが大前提です。すぐに止めさせることは難しいかもしれませんが、人間と一緒に暮らしている限りは衛生のためにも止めて欲しいですよね。