犬を飼った日から犬の介護について考えてみませんか?

人間と同じように犬も長寿化が進み、長生きする犬が多くなりました。しかしその反面、人間と同じように介護を必要とする犬も多くなってきました。犬を飼う時に介護のことまで考える人は少ないことでしょう。でも、今は犬に介護が必要になった場合、飼い主としてどこまでしてあげられるのか、面倒を見れるのかを考えておく必要がありそうです。

愛犬が老犬になった時のことをイメージしてみよう

犬の一生は人間に比べると短いです。可愛い子犬の時代はあっと言う間に過ぎて成犬になり、シニア犬、老犬になってしまいます。犬の寿命は小型犬で14~15年位です。その間には病気も何度かするでしょう。老犬になってからは寝たきりになってしまうかもしれません。病気にかかった場合のことは想定できても、自分の飼い犬が寝たきりになって介護が必要になることはイメージできないかもしれません。

しかし犬の寿命が延びたということは、介護が必要になる犬も増えるということです。そして犬を飼ってから介護が必要になるまでの期間は人間と比べて、非常に短いということです。そのため、犬を飼った時点で犬に介護が必要になったらどうするかをイメージしておくことが大切です。自分が飼った犬は介護が必要にはならないということは決して言えません。できるなら元気なままで一生を終えて欲しいですが、人間と同様に寿命が延びた分、介護というものもついて回ることになります。

犬用の介護について注意することは?

老化が始まってくると、どの犬も足腰が弱くなってきます。ささいなことでつまづいたり滑ったりしてしまいますので、段差をなくして床は滑らないようにカーペットなどにしましょう。食事も大きな粒のドッグフードが食べられなくなったり、うまく噛めなくなってしまうことがあります。お湯でふやかして柔らかくすると食べやすくなります。自分で食べられなくなった時には食べさせてあげる必要も出てきます。また流動食にしてあげたほうがいいかもしれません。

寝たきりになってしまった場合、床ずれができてしまいますので、ひどくなった場合は動物病院へ連れて行ってあげましょう。病院へは自分では歩けなくなってしまいます。老犬介護用のカートがありますので、利用すると便利です。老犬介護用のカートは散歩に連れて行ってあげるときにも活用できます。一番大変なのは排泄の介護ですが、トイレの周りに大きな防水シートを敷いておくのもいいでしょう。自分でトイレに行けなくなったら紙おむつを利用してもいいですね。動かなくなったら便秘になりがちですので、少しずつでも歩かせたり、食物繊維を多く摂らせるようにしましょう。

老犬ホームのことを知っておこう

老犬になると、認知症で夜鳴きをするようになることがあります。連日夜鳴きをしてしまうと近所迷惑にもなりますし飼い主も眠れない日々が続いて体も参ってしまいますね。また飼い主自身や飼い主の家族が体の調子を崩して老犬の介護が難しくなってしまうことがあります。代わりに介護してもらう人もいない場合、どうすればいいか困りますよね。そんな時は自宅近くにある「老犬ホーム」を探してみてください。

「老犬ホーム」は人間の老人介護施設に似た施設で、自宅で介護できなくなった老犬を代わりに介護する施設です。認知症で夜鳴きをする犬にも対応できるように、都会から遠く離れた山の中にあったり、防音施設があったりと、特に認知症の老犬を抱えている場合に飼い主の助けとなる存在です。犬を遠くはなれた場所で預かってもらうのは不安な面もありますが、犬としては仲間もたくさんいて、時々はドッグランで遊んだり散歩してもらえたりするので、体調に合わせて楽しく過ごすことができるようです。終生預かりから短期間預かりまで、状況に応じて預かり方法を選択できる施設が多いようです。もし老犬ホームに預かってもらうことになっても、長年一緒に過ごした愛犬はきっと飼い主さんと会えることを待っていますので、頻繁に顔を出してあげたいですね。

まとめ

犬の寿命が延びて、犬の介護の問題も大きくなってきました。犬の介護はゴールが見えず、飼い主も辛いことが多いです。老犬になってくるとわがままになり、認知症になって夜鳴きをするようになることもあります。そんな時は無理をしないで老犬ホームの助けを借りるのもいいかもしれません。家族として一緒に過ごしてきた愛犬、介護が必要になっても家族であることは変わりません。最後までできる限りのことをしてあげたいものです。