チワワが震える理由とは?愛犬の震えから読み取る6つサイン

チワワがブルブルと震えているのを目にすると心配になりますね。チワワは体が小さいので、なおさら可哀そうに見えてしまいます。チワワはなぜ震えるのでしょうか。そこには何らかのサインが隠れています。震えの原因が分かれば飼い主さんも早めに対処していくことが可能になります。それでは、チワワがどういう時に震えるのかをみていきましょう。

チワワの震えが教える6つのサイン

チワワはなぜ震えるのでしょうか。震えの理由は様々ですが、主な理由は6つあります。
まずは愛犬をよく観察して、震えの原因を見極めることから始めましょう。

チワワの震えが教える6つのサイン1.寒い

私たち人間と同様に、チワワも寒さを感じるとブルブル震えます。
特にチワワのような小型の室内犬は寒さに弱いと言われています。洋服を着せたり暖房器具を利用したりして暖かくしてあげましょう。

チワワの震えが教える6つのサイン2.怖い

雷、花火、掃除機などの音、初めて行く場所、他の犬に遭遇した時など、日常生活にはチワワにとっての恐怖がたくさん隠れています。
また家族内で喧嘩が起こった時に不安を感じて震えることもあります。
怖がりなチワワはなるべく一人きりにさせない、落ち着く空間を作ってあげるなど、恐怖を緩和できるようにしましょう。
愛犬のいる場で言い争いをしないようにすることも大切です。

チワワの震えが教える6つのサイン3.興奮

飼い主さんが帰宅したり、大好きなおもちゃを手に入れたりするとチワワは嬉しすぎて震えることがあります。
そのままオシッコをしてしまうこともありますので注意しましょう。興奮による震えは、すぐに落ち着くことが多いです。

チワワの震えが教える6つのサイン4.高齢

人間も同じですがチワワも高齢になると、意識とは関係なく、脚や下半身などが震えることがあります。
歩行にも支障をきたすようなら介助グッズを利用するなどして対処していきましょう。
また関節などが痛む場合もあります。触った時に痛がるようなら病院に連れて行って下さい。

チワワの震えが教える6つのサイン5.ケガ

体に痛みがある時もチワワは震えます。
しきりにどこかを舐めていたら、そこが痛むのかもしれません。ボディチェックをしてみましょう。

チワワの震えが教える6つのサイン6.病気

高熱があったり体調が悪かったりすると、全身が震えます。
愛犬が震える原因が分からない、そんな時は病気の可能性が高いです。チワワのような純血種の犬は特定の遺伝疾患にかかりやすいので、飼い主さんが気付かぬうちに病気に侵されているケースもあります。
不安がある場合は、早めに獣医に相談するようにして下さい。

チワワが震える理由とは?愛犬の震えから読み取る6つサインまとめ

喜びが理由の場合を除いて、チワワが震えているほとんどの時は、不安な気持ちでいっぱいになっています。
すぐには震えが収まらないとしても、飼い主さんがそばにいて優しく撫でてあげるとチワワの心は落ち着きます。
言葉を話せないチワワにとって、震えは重要なコミュニケーションツールです。
愛犬のサインを見逃さないように、常に気を配るようにして下さい。
早めに対処することで愛犬のストレスを減らすことができ、楽しい毎日を過ごすことができるようになるでしょう。