チワワが震える理由とは?愛犬の震えから読み取るサイン

Contents


チワワの基本情報

原産国:メキシコ
体重:1.5~3㎏
体高:15㎝~25㎝
体長:30㎝
毛色:全色可
種類:ロングコートチワワ・スムースチワワ

歴史:トルテカ族に飼われていたテチチという犬の子孫

外貌:丸く大きい目・アップルヘッド・華奢で細い足・光沢のあるトップコート・三角型の大きな立ち耳・小さな体・短いマズル

平均寿命:12年~

注意したい病気:膝蓋骨脱臼、水頭症、不正咬合等

ロングコートチワワの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.07.31

チワワの性格や特徴・飼い方・健康について動物看護士が解説します!

2018.03.29

チワワと震えについて

チワワは世界最小の犬種だということをご存じでしたか。

片手でひょいと持ち上げることができるくらいに軽くて小さいので、ついつい超甘甘になって溺愛してしまう飼い主さんも多いのです。

あまりにも小さいのでか弱い犬のように思えますが、実は自意識が高く、大きな犬にも向かっていく気の強さも持っています。

その反面とても甘え上手なところがあり、その可愛さにしつけを怠るとわがままな犬になることがあります。

チワワの飼い主さんが困っていることに、1吠える・2分離不安・3留守番ができない・4噛む、というものがあります。

犬が噛む理由。それぞれの対処法について

2018.02.08

無駄じゃない!?チワワが吠えるのは理由がある!

2018.02.08

犬のお留守番は長時間でも大丈夫?ストレスの少ないお留守番の方法やしつけ方をご紹介!

2018.02.08

犬の分離不安とは?飼い主さん大好きだけではない深刻な症状

2018.02.08

どれもチワワ本来の持つ性格というよりは、可愛さゆえの甘やかしの結果だといえるのではないでしょうか。

チワワはよく震える犬種だと言われています。

確かに皮下脂肪が少なく寒がりなので気温が低いと震えることも多いのですが、社会化の不足からの怯えからくる震えも少なくありません。

チワワが震える理由や原因を知ることで、震えの先にある問題行動を未然に防ぐこともできます。

また、チワワの震えには病気が原因のこともあるので、注意しておきたい震えについても知っておくといざという時に慌てずに対処することができます。

チワワが震えるのは理由がある!

犬は言葉を話すことができません。

いろいろなしぐさや行動で相手に気持ちや身体の状態を知らせます。

犬の震えもそのひとつで、さまざまな原因や意味があります。

犬の震えには感情表現としての震えと、身体的理由からの震えがあります。

チワワは小型犬の中でも最も小さく寒がりなことや、臆病で怖がりな性格であることから、震えが出やすい犬種だと言われています。

まずは愛犬をよく観察して、震えの原因を見極めることから始めましょう。

チワワの感情表現としての震え

犬は極度の緊張状態におかれると震えがでます。

病院へ連れて行かれたときや、初めての知らない場所などでは、緊張感や不安などの感情を表す震えがでることがあります。

チワワの震え 感情表現<緊張・不安>

チワワの緊張からの震えは外出しているときによく見られます。

初めて出かける所や苦手な場所などで、緊張と不安から耳を後ろに倒し尻尾をお尻に巻き込んで震えていることがよくあります。

病院のようなあらかじめ分かっている苦手な場所などでは、待合室で待たずに順番まで車や院外で待つようにすると震えを抑えることができます。

◎チワワの極度の震えは社会性の不足

極度に怖がりなチワワの震えは社会性の不足が原因であることが考えられます。

社会性ができていないと外界のものがすべて怖く、どこに行っても震えが止まらず一歩も歩けない、というようなことになりかねません。

仔犬の社会化期に経験しておくべき外界を知らずに育つと、他の犬を見ても、人がよってきても、車の走る音にも、怖さと緊張から震えが止まらないという状態になります。

社会化不足は震えだけではなく、極度の緊張や不安が続くと敵とみなしたものから自分を守ろうと激しく吠えかかったり、噛み付いたりするようになります。

仔犬の社会化期にはできるだけ多くの経験をさせて外界の楽しさを教えてあげましょう。

◎チワワの過剰な可愛がりは分離不安症を引き起こす

チワワは小さくてか弱く見えるので、怖がりだからと震えるとすぐに抱き上げたり、過保護に育てたりすると分離不安症になります。

分離不安症とは、飼い主が自分のそばからいなくなることへの不安から、極度の緊張状態になり呼吸が早くなり震えたり鳴き続けたりする精神疾患です。

分離不安が進むと、極度の不安から震えだけでは収まらずパニック状態になり、家具を壊したりソファを齧ったり、部屋中に粗相することもあります。

分離不安からの緊張はかなりのストレスがかかっているので、問題行動をおこす前にしつけ直してやる必要があります。

最初から長い時間ひとりにさせるのではなく、短時間から少しずつひとりになる時間を増やして、一人でも安心して過ごせるようにしてやることが大切です。

チワワの震え 感情表現<恐怖>

チワワが身体の全体が震えて耳を後ろに倒しておびえているときは恐怖を感じているときです。

雷、花火、掃除機などの音、工事の音などに怯えているときに震えがでます。

また家族内で喧嘩が起こった時に不安を感じて震えることもあります。

雷などが鳴っているときはそばに引き寄せてやさしくなだめてやったり、落ち着く空間を作ってあげるなど、恐怖を緩和できるようにしてあげましょう。

愛犬のいる場で大声で言い争いをしないようにすることも大切です。

チワワの震え 表現感情<興奮>

飼い主さんが帰宅したり、大好きなおもちゃを手に入れたりするとチワワは嬉しすぎて震えることがあります。

そのままオシッコをしてしまうこともありますので注意しましょう。

興奮による震えは、すぐに落ち着くことが多いです。

チワワの身体的理由からくる震え

チワワの震えはさまざまな身体的理由でおこることがあります。

身体的理由が原因の震えは、そのときの状況や身体の変調などを見逃さず早急な処置が必要です。

チワワの震え 身体的理由<寒い>

人間は寒さを感じると体が震えて体内から熱を放出して体温調節をします。

チワワも同じように寒いとブルブル震えて体内から熱を出し低体温になるのを防ぎます。

身体が小さいチワワは体温調節がとても苦手です。

チワワは皮下脂肪が少なく寒さに弱い犬種です。

チワワは寒さに対する抵抗力が弱いため、頻繁に震えて体温を保とうとします。

気温が低いときや屋外の風が強いときだけに震えがでる場合は寒さが原因の震えです。

散歩には洋服を着せたり、室内を暖房するなどして寒さを防いであげましょう。

チワワの震え 身体的理由<病気>

震えの原因が不安や恐怖、寒さからでもない場合は何らかの疾病からの震えの可能性があります。

◎低血糖症からくる震え

低血糖症は生後3~6ヶ月の仔犬に多くみられます。

仔犬の低血糖症は長時間空腹が続いたり、食餌の量が少なすぎたりすると起こります。

血糖値が急激に下がると低血糖になります。

血液中の糖分(グルコース)が減ることで細胞に栄養がまわらなくなり、ぐったりして痙攣や激しい震えがおこります。

少食なのに活発な仔犬がなりやすいので注意が必要です。

低血糖症だと思われるときは、はちみつや濃い砂糖水を犬の口の中の上あごに塗ってやりましょう。

自分で身体が動かせたり、立ち上がれるようになったら柔らかいドックフードを食べさせてやります。

ドックフードが食べられて普通に歩けるようであれば心配ありません。

何度も低血糖をおこすようであれば一度は獣医師の診察をうけるようにしましょう。

成犬の場合は大型犬に多く見られ、空腹や興奮、過激な運動、糖尿病などが原因でおこります。

老犬の場合は膵臓の腫瘍や肝臓病から発症することがあります。

◎痛みによる震え

関節炎やヘルニアなどになると強い痛みが出るため震えが出ます。

足をひきずったり、痛みのために動けずにうずくまるようになったりします。

身体に触れられるのを嫌がったり、抱き上げた時にキャンと鳴いたりします。

また、膵炎などは激しい痛みを伴うので、震えとともに嘔吐なども見られます。

膵炎はそのままにしていると命にかかわるので、激しい嘔吐や震えがある場合は早急に病院に連れて行く必要があります。

◎中毒による震え

タマネギやチョコレートなど犬が食べると中毒をおこすもものを食べた場合に、突然の震えや嘔吐、下痢などをおこすことがあります。

症状がひどいときは泡をふくこともあり中毒は早急な治療が必です。

中毒をおこした食物が分かっているときは、それも一緒に持ってすぐに病院へ連れてきましょう。

◎感染症による震え

感染症などの疾病で発熱したときも震えがでることがあります。

身体がいつもより熱く、ハアハアと口を開けて荒い呼吸をして震えているときは発熱していると考えられます。

・ジステンバーウィルス感染症

ワクチン接種済みのときは無症状か熱、咳程度の軽症ですみます。

未接種で感染した仔犬や高齢犬の場合は、食欲不振になり、嘔吐・下痢・咳・熱・くしゃみなどの症状があります。

重症になると泡をふいたり、筋肉の痙攣、失禁などの症状があらわれます。

・レプトスピラ症

スピロヘータという細菌に感染すると発症します。

レプトスピラ症には多数の種類があり、その中でも黄疸出血レプトスピラ菌に感染すると震えがおこります。

全身の震えとともに高熱・嘔吐・黄疸・粘膜からの出血などの症状があらわれます。

感染経路はネズミで、ネズミの尿が混じった水を飲んだり、傷口に触れたりすることで感染します。

レプトスピラは犬などの動物のみだけではなく人にも感染します。

◎水頭症による震え

雨の日に足や身体の震えが見られ、体調が悪くなるときは水頭症が疑われます。

水頭症は脳の中の髄液が増えることで脳内が圧迫され神経麻痺をおこす病気です。

震えと共に痙攣やうまく歩けないなどの症状がでたらすぐに獣医師の診察をうけましょう。

◎てんかんによる震え

てんかんは脳が異常に興奮することからおこります。

よだれを垂らし震えながら全身が痙攣するてんかんや、身体の一部が震えるてんかんがあります。

通常ではてんかんは数秒~数分間で発作が治まります。

数分以上たってもてんかん発作が続く場合は命にかかわることもありますので、すぐに病院に連れて行きましょう。

チワワの震え 身体的理由<けが>

骨折や捻挫などで体に痛みがある時や外傷があるときにも震えがでます。

しきりにどこかを舐めていたり、身体の一部分に触れられるのを嫌がるときは早めに獣医師の診察を受けましょう。

チワワの震え 身体的理由<高齢>

人間も同じですがチワワも高齢になると、意識とは関係なく、脚や下半身などが震えることがあります。

歩行にも支障をきたすようなら介助グッズを利用するなどして対処していきましょう。

また関節などが痛む場合もあります。

触った時に痛がるようなら病院に連れていきましょう。

チワワが震えていたら?

雷を怖がっているなど、震えている原因がはっきりしている場合は心配ありませんが、原因がわからず震えているときは愛犬の様子をしっかり観察する必要があります。

①震え以外の症状がないか確認する

・熱はないか・下痢はしていないか・吐き気や嘔吐・よだれはないか・呼びかけに反応があるか・立つことや横になることはできるか・震えが止まりそうにないか・疲れやすく、動きたがらないことはないか・舌の色は正常か、などいつもと違うことはないか確認しましょう。

②震えている犬の状態を観察する

・いつ震えが始まったか= 外出中・暖房のない部屋にいたとき・冷房の効いた部屋にいたとき・拾い食いをした等

・震えはどのくらい続いているか= 病院についても止まらない・抱くと少しおさまる・だんだんひどくなっている等

・どこが震えているか= 全身が震えている・頭・首から下・足・腰等

・他に持病を持っているか= 心臓・腎臓・肝臓等

・家族の薬を誤飲した様子はないか

③震えで動物病院に連れていくときの注意

・身体のどこかに痛みがあるときは、毛布や柔らかいフリースの敷物などを敷いたゲージやキャリーケースに入れて連れていきましょう。

・身体が冷えているときは毛布などでくるんで暖かくして連れていきましょう。

・原因がわからないときは、むやみに身体や頭をさすったり撫ぜたりしないようにしましょう。

④震えを見分ける3つのポイント

1.痛みがあるか

首に痛みがある場合は首の筋肉に力が入るため首から肩にかけて震えが出ます。

腰に痛みがある場合は腰に力が入るため、背中を丸めて震えたりします。

お腹が痛いときは全身を震わせて、お腹を触るとお腹の筋肉を固くします。

お腹が痛いときの震えは緊急性があることが多いので早急に病院に連れていく必要があります。

犬には痛みがあると鳴く犬と、震えながらじっと我慢してしまう犬がいます。

震えながら黙って我慢してしまう犬の場合は、病気の発見が遅れがちになるので注意が必要です。

2.熱があるか

震えているときは、頭や耳を触って熱くないか確認しましょう。

いつもより頭や耳が熱く呼吸が荒いときは熱がある可能性があります。

反対に寒くて震えているときは足が冷たくなります。

3.呼びかけると反応するか

犬が他に身体的な原因がなく唯震えているだけのときは、飼い主の呼びかけに反応します。

声をかけても反応がなく身体全体や一部がブルブルと震えているときは痙攣発作やてんかん発作の疑いがあります。

発作は一定の時間が過ぎると治まることが多いのですが、痙攣やてんかん発作をおこす原因がどこにあるかを調べる必要があります。

発作をおこす要因には脳、神経、内蔵などの疾患や、ホルモンバランスによるものなどがあります。

この記事のまとめ

チワワが震える理由
感情表現からの震え:不安・恐怖・緊張・興奮

身体的理由からの震え:寒さ・病気・怪我・高齢

チワワが震えていたら?:他に症状がないか・震えている状態の観察・震えで病院につれていくときの注意

震えを見分ける3つのポイント:痛みがあるか・熱があるか・呼びかけに反応するか

“break time” チワワは経済的な犬?

チワワは他の犬に比べてお金のかからない犬だといわれています。

体が小さいので食べる量も少なくて済むので食餌代があまりかかりません。

排尿の量も少ないので交換するペットシートも少なくてすみます。

フィラリアの飲み薬は体重によって価格が違うので体重の軽いチワワは安くすみます。

トリミングやペットホテルなども大きさによって値段がちがうので、小さいチワワは安く利用できます。

これらを考え合わせると確かにチワワは経済的な犬と言えるかもしれませんね。

但し、チワワは体が小さい上に足や骨がとても細いので、ちょっとしたことで骨折や脱臼をしてしまう危険性があります。

手術や治療には高額のお金がかかりますので、それだけは注意しておく必要がありそうですね。

最後に

喜びが理由の場合を除いて、チワワが震えているほとんどの時は、不安な気持ちでいっぱいになっています。

すぐには震えが収まらないとしても、飼い主さんがそばにいて優しく撫でてあげるとチワワの心は落ち着きます。

言葉を話せないチワワにとって、震えは重要なコミュニケーションツールです。

愛犬のサインを見逃さないように、常に気を配るようにして下さい。

ただ単に震えているだけだからと気軽に考えがちですが、震えには怖い病気が隠れていることもあります。

体が小さいだけに重症になるとあっという間に命を奪われてしまいます。

いつもと様子が違う震え方のときはすぐに病院に連れていきましょう。

早めに対処することで健康で楽しい毎日を過ごすことができます。