犬にかぼちゃをあげても大丈夫!?効能や注意点は?

犬が食べてはいけない野菜といえば、玉ねぎやニラなどが思い浮かぶかと思います。では、ほかの野菜はどうなのでしょうか。その中でもとくに気になるのがかぼちゃ。犬用のおやつなどにも入っていたりしますよね。かぼちゃは栄養豊富ですし、もし犬が食べても問題ないのであれば、与えてみたいと思う飼い主の方もいるはずです。そこで犬にかぼちゃをあげても大丈夫なのか、また、かぼちゃの栄養価や効能などについてまとめてみました。

犬にかぼちゃをあげてもよいの?

かぼちゃの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラス。ホクホクとした食感と優しい甘みは、小さなお子さんからお年寄りまで好まれています。そんなかぼちゃですが、犬が食べても問題ないのでしょうか。
結論から言うと、茹でたり蒸したりして火を通してあれば、犬も食べて大丈夫です。生の状態を食べても、中毒症状が起こるわけではありませんが、消化が悪いのでおすすめではありません。
犬はもともと、かぼちゃなどをはじめとした野菜に含まれている食物繊維を、消化するのが苦手な生き物です。そのため火を通して柔らかくしたほうが消化しやすくなります。さらにそれを小さくカットしたり、マッシュしたりしたほうが、より消化吸収しやすくなり、栄養が上手く取り入れられます。

かぼちゃの栄養素や効能は?

かぼちゃに含まれる栄養素は、犬にとってどのような効能があるのでしょうか。
  • β-カロテン: 体内でビタミンAに変換され粘膜を丈夫にするほか、免疫力を高める働きがあります。
  • ビタミンB1: 糖質をエネルギーへ変換する役割をしており、疲労回復に役立ちます。
  • ビタミンB2: 皮膚の代謝を促進する働きがあります。
  • ビタミンE: 抗酸化作用があり、老化防止に役立ちます。
  • ビタミンC: 発がん物質を抑制する働きがあります。
  • 食物繊維: 消化を助け、便秘の解消に効果があります。
また、ミネラルも豊富なほか、肝臓をサポートする作用もあり、肝臓の解毒作用をスムーズにする働きなども期待できます。

かぼちゃを与えるときの注意点

栄養満点なかぼちゃですが、与える量には注意しなければなりません。というのも、前述したようにかぼちゃは食物繊維が豊富で、少量であれば便秘の解消に役立つものの、多く摂りすぎると逆に消化不良になり、便秘を引き起こしてしまうからです。
また、カロリーも高めなため、普段食べているフードにトッピングするぐらい、もしくはおやつに少量ぐらいにしておくようにしましょう。

かぼちゃの手作り食レシピ

たまには愛犬のために手作り食を作ってみてはいかがでしょうか。犬の食事は私達が食べている食事とは違い、複雑な味付けなどの必要がないため、作るのが非常に簡単です。そこで、今回はかぼちゃを使って、手軽に食物繊維とビタミン補給ができる1品をご紹介します。

材料(5kgの成犬の1日分)

  • かぼちゃ 50g
  • さつま芋 75g
  • 鶏肉 75g
  • オリーブ油、又はごま油 小さじ1/2
作り方はいたってシンプルで基本的には、ただ混ぜ合わせるだけです。
まず最初にかぼちゃ、さつま芋、鶏肉を蒸し器で加熱していきます。かぼちゃとさつま芋は、竹串を刺してみて柔らかくなるまで、そして鶏肉は完全に火が通るまで蒸します。
火が通ったら蒸し器から取り出し、よく冷まして小さくカットしオリーブ油、もしくはごま油を入れて混ぜ合わせれば完成です。
この手作り食は、便秘気味のときなどに効果的です。便秘のときは、乾燥度の高い食事よりも、食物繊維や水分を含んだ食事にしたほうが、改善が期待されます。よろしければ是非一度、試してみてくださいね。

まとめ

栄養豊富なかぼちゃは、犬にとっても体によいのですね。とはいっても、食べ過ぎは便秘の原因やカロリーオーバーになるので、適正な量をあげるようにして健康管理をしていきましょう。また、かぼちゃは火を通す必要がありますが、揚げたりするのはNGです。必ず、茹でるか蒸すかにするようにしてくださいね。