柴犬を飼いたい!!でも・・・飼いやすいの?

日本を代表する犬種「柴犬」。小型犬に人気が集中する中でも根強い人気を維持しているのが柴犬です。その人気は国内のみならず海外にまで広がりつつあります。 日本犬は忠実な犬だとよく言われますが、飼いやすさの面ではどうなのでしょうか? 難しそうなイメージも強いのではないでしょうか。 今回は、柴犬の飼いやすさについてまとめてみました。

柴犬の性格は?飼いやすい?

基本的な性格

日本犬の中でも小柄な柴犬ですが、日本犬らしく勇敢で恐れ知らずな性格をしています。信頼をおいた飼い主に対しとても忠実ですが、逆に飼い主以外には心を開かないことが多いので、自分だけに愛嬌を見せて甘えてくる姿がたまらないという人には最適な犬種でしょう。
しかし、日本犬らしく番犬向きで警戒心が強く攻撃的な一面も持っているうえ、頑固な性格をしているため、小さなお子さんのことなどを自分より下の立場だと認識しやすい傾向があるようです。番犬ならではの、知らない人や動物に対して警戒し吠えることもあるので、無駄吠えをやめさせたい場合には、子犬のうちから社会性を身に付けさせてしつけを行っていきましょう。
また、体を動かすことが大好きなので十分な散歩と運動をしてあげないとストレスをためやすい性格をしているので、十分にお散歩させてあげる時間があるご家庭に向いている犬種だと言えます。

柴犬はお留守番が得意

留守番が得意不得意な犬種があります。マルチーズやヨークシャーテリアのように甘えん坊で寂しがり屋のため留守番が苦手な犬種ですが、柴犬は独立心を持ち合わせており、一人の自由な時間を好むこともあるため、お留守番が得意な犬種と言われています。慣れてくれれば、飼い主不在の時間をストレスなく過ごすこともできるようです。
お留守番前の散歩やコミュニケーションをしっかりとって、退屈しない有意義なお留守番にさせてあげる工夫はしておきましょう

柴犬はしつけやすい?

柴犬は飼い主との主従を重視する犬種です。そして、賢く物覚えが良い犬種ですので、信頼関係が構築されているほどしつけやすい犬種だと言えます。
しかし、主従関係が構築されていないと指示を出しても聞かないことや、無駄吠えをしてしまう子になってしまいます。 子犬の頃の愛らしさに負けず決して甘やかさず、正しい主従関係を築くことが柴犬のしつけのコツです。

柴犬はお手入れが簡単!?

柴犬の被毛は短くカットの必要もないため、お手入れはとっても簡単です。また、同じ短毛でもパグやビーグルなど犬種によっては体臭のする犬種がいますが、柴犬は比較的体臭が強くありません。月1回程のシャンプーで十分でしょう。
ただし、柴犬はあまり体をベタベタ触られることが好きではありません。シャンプーや爪切りなどのお手入れに慣れさせておかないと、暴れたり泣いたり、場合によっては噛みついたりと大変な時間になってしまうので子犬のころから体を触らせることに慣れさせておきましょう。

柴犬の抜け毛

お手入れが楽な柴犬ではありますが、一方で抜け毛が多い犬種でもあります。
柴犬は、上毛と下毛の二重構造で毛が生えているダブルコートの犬種の為、特に季節の変わり目の換毛期では抜け毛が目立ちます。
日頃からブラッシングをして抜け毛やフケを取り除いて皮膚の清潔を保つようにしましょう。

まとめ

柴犬はお手入れやしつけの面から考えると飼いやすい犬種だと言えます。
しかし、柴犬の性格上、飼い主との主従関係を強く求める犬種のため、甘やかさずにリーダーになれる飼い主でないと手が付けられない頑固者になってしまいます。 飼いやすい柴犬にするためには、信頼される飼い主になることが必須なのです。
そうすることで、柴犬と強い絆で結ばれた良いパートナーになることができるでしょう。