犬の抜け毛対策について考えてみよう!


犬の抜け毛が多い季節は?

犬の抜け毛はほぼ毎日ありますが、年に2回、大量に抜け毛が出てしまう、それが「換毛期」と呼ばれるものです。
換毛期は春と秋にあり、春は冬の毛を夏用のさっぱりとした毛に換える、秋はその逆で夏用になった毛を、冬の寒さに耐えられるような冬用の毛に換える期間なのです。
しかし近年は室内で飼われている犬が多くなり、気温が一定に保たれているので、特に換毛をする必要がなくなってしまったために換毛期がなくなってしまっている傾向があります。

換毛期がなくなったと言っても、決して抜け毛の量が減ったわけではなく、年中抜け毛があるということになってしまいます。
しかし犬はずっと室内の一定の気温の場所にいるわけではなく、散歩などで外へ出ることもあります。
だから特に抜け毛に気をつけなくてはいけない季節は、やはり春と秋であることには間違いありません。
面倒くさいからと抜け毛を放置しておくと、部屋中のあちこちに毛が飛び散って不衛生になるだけでなく、犬の皮膚にも影響を及ぼしてしまいます。
抜け毛が多いなと気がついたら、その都度、しっかりと対策をするようにしましょう。

抜け毛が多い犬種

犬には抜け毛が多い犬種と少ない犬種がいます。
必ずしも毛の長い犬が抜け毛が多いのかというと、決してそうではありません。
抜け毛が多いか少ないかは、毛の構造が「シングルコート」か「ダブルコート」かによります。
「ダブルコート」は毛がオーバーコートとアンダーコートという二重構造になっています。
アンダーコートが換毛期にごっそりと抜けて新しい毛に換わることで、夏の暑さや冬の寒さに備えることができるのです。
「シングルコート」はオーバーコートのみでアンダーコートがないので、抜け毛が少ないのです。

ダブルコートの主な犬種はロングコートチワワ、キャバリア、柴犬、ポメラニアン、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーなどで、抜け毛もかなり多いです。
マルチーズやプードルはシングルコートなので、毛が長くても抜け毛はあまりありません。
見た感じでは抜け毛が多そうに見えないのに、実は多いという犬はビーグルやフレンチブルドッグです。
短毛・長毛と抜け毛の量の関係はあまりないようです。
抜け毛が多い犬種は本当に手入れが大変なので、アレルギーだけれど犬が飼いたいという場合は、抜け毛が少ないシングルコートの犬種をおすすめします。

犬の抜け毛対策

犬の抜け毛対策にはいろいろありますが、ここではあまりお金がかからない、身近なものでできる方法を紹介します。
抜け毛対策で必要なことは、抜け毛を見つけたらできるだけ早く掃除をするということです。
後でしようと放置しておくと、床に落ちた毛がどこかに舞い上がってしまい、手の届かない隅のほうに行ってしまいます。
引越しや改装、模様替えなどで家具を動かした時におびただしい抜け毛で驚くことがあります。
掃除の方法は掃除機が一番ですが、カーペットの抜け毛は残ってしまうことが多いですね。
そんな場合はガムテープかコロコロと呼ばれる粘着テープを利用すると便利です。

またカーペットの取れにくい抜け毛はビニール手袋でカーペットをこすると、ごっそりと取れてくれます。
人間の髪の毛やほこりも一緒に取れてくれるので、ぜひ利用してみてください。
意外なカーペットの抜け毛対策としては、塩を利用する方法もあります。
塩をカーペットにばらまき掃除機で吸うだけ。
これでカーペットの奥の抜け毛がきれいに取れて、ついでにダニ予防もできてしまいます。
フローリングの床はフローリング用のワイパーが便利ですね。
犬の体には抜けてしまって床に落ちる前の抜け毛がたくさんありますので、床に落ちる前にブラッシングで取り除いてください。
体に抜け毛がついたままですと、ノミやダニがついてしまい皮膚に影響が出てくることがあります。
ブラッシングは皮膚の状態を確認したり、ノミがいないかを確認したりすることもできますので、1日1回は行ってくださいね。

まとめ

犬の毛にはダブルコートとシングルコートがあり、抜け毛が多いのはダブルコートの犬です。
春と秋の換毛期には特に抜け毛が増えますので、しっかりと対策をしましょう。
対策方法は、抜け毛を見つけからすぐに掃除をすること、そして犬の体についている抜け毛を、床に落ちる前にブラッシングで取り除くことです。
抜け毛が多い犬は手入れが大変ですが、あのモフモフとした感覚がたまりませんよね。