犬の避妊手術について動物看護師が説明します!

メス犬の避妊手術について検討した事がある飼い主さんは多いのではないでしょうか。また、これから犬を飼おうとしている飼い主さんは、避妊手術について、検討しなければいけない時期が来ると思います。そこで、避妊手術とはどんな手術なのか、そして、メリットやデメリットを動物看護師の経験を生かして、お伝えしていきます。

避妊手術ってどんな手術?

避妊手術とは、卵巣だけを摘出する卵巣摘出術と、卵巣と子宮を摘出する卵巣子宮摘出術との2種類の手術方があります。最近では、卵巣子宮摘出術の方がメインでされている手術になります。
手術の方法としては、開腹して卵巣と子宮を一緒に取り出します。避妊手術の時間は、約30分くらいですが、麻酔導入から麻酔が覚めるまでのトータルの時間は、約1時間から1時間半ほどかかります。
そして、お腹を切りますので、オス犬の去勢手術のように日帰りで退院できる病院は少ないです。大体、一泊の入院が必要となります。
費用は、病院に寄ったり、犬の大きさによって違ったりしますが、2万円から5万円ほどとなります。
避妊手術ができる時期としては、生後半年以降をオススメしています。

避妊手術のメリット・デメリット

メリット

○望まない妊娠が避けられる
メス犬が発情期になると、フェロモンがでるので、オス犬がよってきやすくなります。去勢手術をしていない同居犬がいたり、散歩中に他の犬と関わる事があったりする場合は、避妊手術をする事でうっかりかかってしまったという事が防げます。

○発情のストレスがなくなる
メス犬は、生理中に発情期がきます。メス犬にとっては、この発情期や生理中のストレスが多少なりともあるのです。発情中は、気がきつくなるなどと性格の面でも変化があることもあります。避妊手術をする事で、精神的に安定し、性格が穏やかになったり、発情によるストレスをなくしたりする事ができます。

○病気予防
避妊手術の最大のメリットは、メス特有の病気が予防できる事です。避妊手術をしていないメスで多い病気が、子宮に膿が溜まる子宮蓄膿症や、乳腺腫瘍などです。子宮蓄膿症は、放っておくと命の危険がある病気で、子宮をとらないと完治はしません。乳腺腫瘍は、良性の場合もありますが、悪性であれば全身に転移しますので、これも命の危険があります。

デメリット

○生殖能力がなくなる
一度子宮を取ってしまうと、子供がほしいとなってももう作ることはできません。それを踏まえて避妊手術を検討しましょう。

○太りやすくなる
避妊手術後は、ホルモンの関係や、本来発情のために使うエネルギーを使わなくなるので、太りやすくなります。避妊手術後に最適なドッグフードと発売されていますので、そのようなフードに変えて見るのも一つの方法です。

○手術のリスク
手術をすることによって、麻酔や手術のリスクは少なからずあります。
体質的に麻酔が合わない犬や、手術で使う糸が合わない犬も稀にいます。麻酔や手術によって何らかの後遺症がでる場合もありますし、そのまま起きてこない場合もあります。麻酔も安全性が高くなっている現状では、基本的には無事に手術は終わります。しかし、稀にこのような麻酔事故が起きる場合がありますので、術前にしっかり検査をしておくことをオススメします。

まとめ

避妊手術をするにあたって、メリットやデメリットはそれぞれあります。愛犬の性格や生活スタイルを考えた上で、避妊手術をする方がいいのか、しない方がいいのかをよく考える必要があります。高齢になり、病気になってしまったら、結果的に手術をしなければいけません。高齢で手術をするより、若い頃に避妊手術をする方が手術のリスクも低い事から、最近では、若い内に避妊手術をする犬の方が多いです。