愛犬が熱中症になってしまったら?熱中症ってどんなもの?動物看護士が教えます。

初夏から夏本番にかけて、熱中症になる人が増えて、ニュースにもなっています。人だけではなく、犬も熱中症になることがあります。人は汗をかいたり、涼しい場所にいったりと自分の判断で熱中症を防ぐことができます。しかし、犬は人みたいに汗をかかず、主にパンティングで体温調節をしますし、自己判断で熱中症を防ぐことはできません。熱中症の原因や症状、なってしまった時の対処法や予防法をお伝えしていきます。

熱中症の原因は?

熱中症になってしまう原因は、暑い時間帯の散歩や、屋外で飼育している場合、暑くなった車内で放置された場合などがあります。最近よくある原因では、室内で飼育していても、エアコンをかけずに締め切った状態で、長時間留守番させている場合にも熱中症になることとあります。
また、熱中症になりやすい犬の特徴として、パグやフレンチブルドッグやシーズーなどの短頭種や、長毛種や毛の密量が多い犬がなりやすいです。他にも、黒っぽい毛色の犬や、肥満の犬などもなりやすいです。また、活発な犬も熱中症になりやすいです。夏の暑い時期に、外で走りまわるなどとずっと動いている犬も注意が必要です。 季節は、やはり夏場が多いですが、春や秋も温度が高い日は熱中症になる可能性もあるので、安心は出来ません。

熱中症はどんな症状?

熱中症は、体の中に熱がこもってしまう状態です。体温調節をしようと、まず呼吸が荒くなり、激しいパンティングをします。そして、ぐったりして元気がなくなります。
犬の平均体温は、38度前後ですが、熱中症になると体温も上昇し、40度を超えてしまいます。また、心拍も上がります。
このような症状は、まだ初期症状ですが、このまま放っておくと重症化してしまうので、注意が必要です。
重症化すると、大量によだれを出したり、下痢や嘔吐が始まったりします。そして、立ち上がってもふらついて倒れてしまう場合もあります。舌や粘膜の色が紫色になるチアノーゼと呼ばれる状態もみられます。
そして、さらに悪化すると発作が起きたり、失神したりし、意識障害がおこり、そのまま死亡することもあります。

熱中症になってしまったら

熱中症とみられる症状が見られたら、すぐに体温を下げなければいけません。野外で熱中症になってしまった場合は、すぐに日陰などの涼しい場所へ移動し、水を飲ませたり、水体にかけてあげたりして体温を下げてあげて下さい。また、屋内で熱中症になってしまった場合は、エアコンをいれたり、お風呂で体を冷やしたりしてあげて下さい。
症状がおさまらなかったり、落ち着いてもまだぐったりしていたりするようであれば、すぐに動物病院へ連れていき診てもらいましょう。
熱中症にならないための対処法は、夏の室内の留守番をさせる際には、エアコンを入れて外出することです。また、屋外で飼育している犬を室内に入れてあげることも一つの方法です。最近では、熱中症を防ぐための冷却シートなどのグッズも販売されているので、利用するのもおすすめです。暑い時間帯の散歩も避けましょう。

まとめ

熱中症は、放っておくと死に至る怖いものです。飼い主が気をつけてあげることによって、予防できるものでもあります。また、熱中症になりやすい特徴や原因を知っておくことも、一つの予防になります。軽い症状の場合は、体温を下げることが一番大切な処置になります。意識障害が出てしまっている場合などは、すぐに動物病院へ連れていきましょう。