パグの飼い方・性格を動物看護士が解説します!

独特な体型、愛嬌のある顔が魅力的な短頭種のパグ。今も安定の人気犬種の一つです。パグの性格や特徴、しつけ方法や病気のことに関して、動物看護師としての経験を活かして解説します。これからパグを飼おうかと検討している人や、パグを飼っているけれど、パグのことをそんなに知らないという人に読んでいただきたいです。

パグ

パグの性格・特徴について

パグの性格① 愛嬌たっぷりで穏やか

パグは、見た目が特徴的な犬で、顔も愛嬌たっぷりの顔をしています。
口を開けていると笑っているようにも見えるパグですが、性格も顔と同じく愛嬌たっぷりな性格をしています。
この性格から、昔から愛玩犬として可愛がられてきました。

また、とても穏やかな性格でもあり、人や他の犬に対して攻撃的になることは少ない犬です。
子犬の頃は暴れん坊で、落ち着きがないパグも多いですが、成犬になるにつれ、だんだんと落ち着き、性格が安定していきます。
成犬のパグは、ちゃかちゃかしているような感じではなく、ドシっと構えて生活しているような犬なので、余程のことがない限りは、怒ったり、攻撃をしてきたりするようなことはありません。

どちらかというと、オスよりメスの方が、落ち着きがあり、穏やかなパグが多いです。

そして、我慢強くもあり、何をされても牙をむいたり、噛んだりと攻撃的になるということがほとんどありません。
このようなことから、多頭飼いや、小さなお子さんがいる家庭でも、問題なく飼うことができる犬種です。

パグの性格②マイペース

パグはとてもマイペースな犬です。
基本的には、飼い主のことが大好きな犬ですが、気分が乗らなければ飼い主に呼ばれても行かないという場合もあります。
また、飼い主から叱られても、素直に飼い主の言うことを聞く、というよりは、知らん顔で受け流すようなマイペースさをもっています。
パグを飼っている飼い主さんは、皆さん口を揃えて「良くも悪くもマイペース」と、言います。
家で寝ている時は、お腹を出して人目を気にせず幸せそうに寝ているというようなパグもとても多いです。

神経質とは程遠い性格のパグならではの、マイペースぶりを見せられると、改めて癒されている飼い主さんはとても多いはずです。

パグの性格③活発で明るい

パグの魅力の一つでもありますが、とても活発で明るい性格をしています。
普段は穏やかで、マイペースでもあります。
しかし、飼い主さんがとても大好きな犬なので、飼い主さんと遊んでいる時や、散歩へ出かけるときはテンションもあがって、とても喜びます。
その際には、とても活発に遊んでいる姿を見せてくれることが多いです。

また、友好的で、遊び好きの面もありますので、自分が好きな飼い主さん以外の人や、遊んでくれる人、相性の合う犬同士での遊びも大好きで、とても無邪気に遊びます。

メスのパグよりも、オスのパグの方が活発な性格をしています。

 

パグの性格④頑固でドライな所も

パグには、いいところが沢山あります。
しかし、すこし頑固な性格をしています。
きつくしつけをしたり、叱ったりすると、機嫌を損ねる場合もあります。
攻撃的になることは少ないですが、拗ねるような態度をとることはたまにあります

また、飼い主さんのことは大好きで、愛情深いパグですが、独立心が強いので、飼い主にひっついて回るということも少ないです。
自分の意思を通そうとするなどと、プライドも高いところがありますので、小さい頃の素直な時期に、しっかりしつけを入れておくことをお勧めします。
散歩中も、嫌なことがあれば座り込み、そこから動かなくなってしまうこともたまにあるようです。
遊んであげる時や、褒めてあげる時は大袈裟にしてあげることによって、愛情も伝わりやすいです。

そして、どちらかというとオスよりメスの方がこの性格がハッキリ出やすいです。
オスは甘えん坊な性格のパグが多いのと比べるとメスの方が、独立心があり、頑固な面が強いです。

このような性格が基本的なパグの性格ですが、もちろん個体差がありますので、一概には言えません。
また、性別の違いでも、多少性格が異なります。
マイペースで穏やかなパグが多い中で、神経質で攻撃的な性格をしたパグもいます。
甘やかしすぎたり、過去のトラウマがあったり、遺伝的な性格などが原因で、このような性格のパグも中にはいます。
甘やかしすぎず、愛情を持ってしっかりとコミュニケーションを取ってあげることも大切なことです。

動物病院へ来院するパグを見ていると、ほとんどのパグはやっぱりマイペースです。
他の犬種の犬は動物病院へ来るだけでも、ブルブル震えていたり、緊張していたりする様子が伺えます。
しかし、パグは尻尾を振っていたり、他の人や犬の匂いを嗅ぎに行ったりと本当に友好的で穏やかな性格をしています。
やはり、頑固な所も見えます。
診察を始める前は、先生にも尻尾を振り、愛嬌を振りまいていたパグも、嫌な処置をされると、目も合わせてくれなくなったり、近づいて来てくれなくなったりします。
その日は拗ねていても、次の来院時はやっぱり尻尾を振り、挨拶に来てくれる愛想のいいマイペースなパグの魅力に、とても惹かれます。

パグの魅力、紹介しちゃいます!!

2018.02.08

パグの身体的特徴

パグの身体的特徴① 頭部

パグの頭部は、大きく丸い形をしています。
また、しわがあり、マズルは短く、歯の噛み合わせは、わずかにアンダーショットです。
横からみると、ほぼ直線の輪郭がとても特徴的です。

目は、とても大きく球状をしていて、色は暗色で輝いています。

耳は、小さくて薄いです。

ちなみに、ボタン・イヤーの方が好ましいとされています。

パグの身体的特徴② 胴体

首は、力強く太いです。
胴体は短く、ズッシリとした体格が特徴です。
背中もまっすぐで、胸が広いです。
いわゆるズンクリ体型と呼ばれる体型をしています。

尻尾は、付け根の位置が高い位置にあり、腰にピタっとしっかり巻いています。
二十巻きのパグは、価値が高いとされています。

パグの身体的特徴③ 肢

四肢全体的にまっすぐでしっかりしていて、とても頑丈です。
爪は黒色のパグが多いです。

パグの身体的特徴④ 被毛

短くて細い毛が特徴で、柔らかいです。
触り心地も滑らかで、光沢があります。

パグ

パグの身体的特徴⑤ 毛色

また、「トレース」という背筋にはいるブラックのラインや、「ブラックマスク」という頭部や耳、マズルの毛色が黒色のものも、パグならではの毛色の特徴です。

何色パグが好き?パグの種類を紹介

2018.02.08

パグの年齢別のサイズ

パグは、150~200gで生まれてきます
そして、1歳になるまでに成犬の体型に成長します。
生後3ヶ月には2~3kg生後半年には5kg前後、1歳を迎える頃には、成犬の体重となり、7kg〜12kg程です。
個体差はあるものの、メスよりオスの方が少し大きい傾向にあります。

パグの平均寿命

パグの平均寿命は、12~15歳です。
小型犬全体の平均寿命もこのくらいの年齢になりますので、ほぼ平均的と言えます。

パグの平均購入価格

パグ

パグの価格は、とても差があります。
ペットショップにもよりますし、ブリーダーにもよります。
平均的には、10万円~25万円で販売されていることが多いです。

親がチャンピオン犬や、毛色の入り方や、身体の特徴によって高価になる場合もあります。

このように血統がいいパグだと、30万円〜50万円で販売されることもよくあります。

パグの飼い方について

パグの基本的なお世話で用意するもの① ケージ

パグを飼うにあたって、最低限必要になるものの一つに、パグのお部屋となるケージです。

パグは、基本室内で飼うことが好ましいので、室内用のケージを用意してあげましょう。
また、一人の時間も大切にする性格でもある為、このケージはあったほうが安心して生活することができます

ケージ選びのポイントとしては、飛び越えることができない高さのあるもの、ベッドやトイレ、食事スペースが十分に確保できる広さのものがオススメです。

パグの基本的なお世話で用意するもの② ベッド

寝ることが好きなパグの為に、ベッドは置いてあげたいです。
小型犬という体格の割に、ズッシリと重い体重があるパグです。
薄っぺらいタオルを引いてあげて作ったベッドよりも、クッション性の高いベッドを用意してあげたほうが、身体への負担は減ります。
また、パグにとっても気持ちよく、お腹を見せていびきをかきながらリラックスをして寝てくれることでしょう。

パグの基本的なお世話で用意するもの③ トイレ

室内犬のパグには、室内のトイレも必要です。
気持ちよくトイレをしてもらう為に、身体にあったサイズのトイレを選んであげましょう。
また、パグはいたずら好きな子も多いです。
ペットシーツをぐちゃぐちゃにしたり、噛んだりする子もいます。
誤って食べないように、いたずらができないようなトイレをオススメします。

パグの基本的なお世話で用意するもの④ 食器

ドックフード用の食器は必ず必要です。
パグは短頭種のため、浅めの食器を選んであげましょう。
水も食器で飲みづらかったり、こぼしながら飲んでいたりするようなら、ケージに取り付けるタイプの給水器などもいいかもしれません。

また、パグは金属アレルギーになる子も多いですので、金属ではない食器をオススメします。

パグの基本的なお世話で用意するもの⑤ 暑さ対策グッズ

パグは、とても暑さに弱い犬種です。
特に夏場は、涼しめるようなグッズや、体温を少しでも下げるような冷却シートなどの暑さ対策のグッズを用意しておくと、少しは快適に過ごせるでしょう。

パグにおすすめの食べ物① ドックフード

基本的にオススメしているドックフードは、総合栄養食のドッグフードです。
総合栄養食のドッグフードとは、毎日の主食として与えるドックフードで、このドッグフードと水を適切に与えると、ペットが生きていく上で必要な栄養がとれるといったものです。

また、最近では、犬種別のドッグフードが販売されていて、パグ専用のドッグフードもあります。
パグの特徴を研究して作られているドッグフードですので、このようなフードもオススメです。

パグにおすすめの食べ物② おやつ

パグは太りやすい犬種です。
あまりおやつはあげすきないように気をつけましょう。
おやつ代わりに、ささみを茹でたものや、カロリーが低いおやつを与えるととてもヘルシーです。

パグのお手入れ

パグのお手入れ① ホームケア

短毛のパグですが、抜け毛はとても多いです。
皮膚も弱い為、皮膚にも優しいラバーブラシなどで、こまめにブラッシングをしてあげましょう。
そうすると、被毛のケアだけではなく、血流もよくなり、皮膚の健康も維持することができます。

また、家でできるケアとして、シャンプーや爪切りは定期的に、歯磨きはこまめにしてあげましょう。

パグのお手入れ② トリミング

基本的には、トリミングサロンへ行って、シャンプーや爪切り、耳掃除、肛門腺絞りなどの家ではできないケアをしてもらうパグが多いです。

ホームケアがなかなか難しければ、月に1~2回、トリミングサロンを利用しましょう。

パグのしつけ方

パグのしつけ方① 無駄吠えのしつけ

パグの 鳴き声は、キャンキャンかん高い声ではありませんが、割と大きい声で鳴きます

大人しく、穏やかな犬種ですので、吠えないパグも多いです。
しかし、吠え癖がついてしまったり、無駄吠えをしたりするパグもいます。

頑固な性格から、吠える対象があれば、吠え続けるということも少なくはありません

パグが吠える原因は、飼い主を守るためや、要求を飼い主に伝えようとする為のことが多いです。

他の犬の鳴き声や、チャイムの音、車が通る音などの生活音に対して、吠えることがあります。
このような場合は、小さい頃から人間の環境音に慣れさせるという事が、とても大切です。
また、遊んで欲しいとか、ご飯が欲しいなどの要求で吠えている場合は、要求を聞かず、無視していくことから始めてください。

 

パグは無駄吠えが多い?少ない?無駄吠えの原因と対策・しつけ方

2018.02.08

パグのしつけ方② 噛み癖のしつけ

パグは子犬の時期、甘噛みをして遊ぶ子がとても多いです。
子犬の時期には、力も弱いのでいいのですが、この時期に噛み癖を直しておかなければ、成長した時に困ります。

パグは、顎の力が強いので、成犬のパグに本気で噛まれると大怪我をします。

噛み癖のしつけ方法は、子犬の時期から、手を使って遊ばない事が前提となります。
また、叱りつけたり、怒鳴ったりすると、パグは拗ねてしまいます。
パグのしつけはなかなか難しいですが、叱りつけずに痛いということをきちんと伝え、遊びを止めたり、ケージに入れたりして落ち着くまで待ちましょう。
これの繰り返しですので、忍耐力が必要です。

パグのしつけ方③ トイレのしつけ

子犬の時期は、なかなかすぐに覚えられるものではありません。
しつけの中でも、根気強くしていかなければいけません。
トイレを早く覚えてもらう為にも、ケージが必要となります。
まずは、狭い空間の中でトイレが出来るようになってもらわなければいけません。

まずは、トイレに匂いをつけてあげます
しかし、最初はベッドでトイレをしてしまうこともよくあります。
失敗してもしからずに黙って片づけてあげましょう。
臭いは残さないようにすぐに新しいものに交換するなり、洗濯するようにしましょう。

そして、トイレで成功できた場合は、おもいっきり褒めてあげてください。
これを繰り返していくことで、トイレですれば飼い主さんが喜んでくれることを学んで、失敗しないようになります。

パグの効果的なしつけ方

2018.02.08

パグのしつけ方④ 散歩の仕方

パグは、太りやすい犬種ですので、適度な運動は必要です。
また、刺激を受けて、様々な事を学習することもできますし、人の環境にも慣れることができるので、散歩をすることはとてもいい事です。
散歩の頻度は、1日2回ほどで、1回の散歩時間は20~30分が理想です。

しかし、暑さに弱い為、夏場は涼しい時間帯で、短時間の散歩に切り替えるなどの工夫が必要です。
季節の温度や環境によって、散歩の行き方を変えてみることもいいです。
散歩ができない場合は、室内で遊んであげるなどの運動する時間を作ってあげましょう。

散歩時の注意点としては、いくらマイペースで穏やかなパグといっても、トラブルを引き起こす可能性は充分有り得ます。
そのためにノーリードの散歩は避けましょう。
また、外では様々な感染や寄生虫に寄生にされてしまう可能性があります。
感染症は、予防注射で予防出来るものがほとんどですし、ノミやダニの外部寄生虫も予防することができますので、予防して散歩へ出かけましょう。

パグの健康について

パグ

パグのなりやすい病気① 皮膚炎

パグは他の犬種に比べて、皮膚がとても弱い犬種です。
パグには、顔にシワがあったり、体の皮膚のたるみがあったりします。
特にこのような場所に皮膚の炎症が起こることが多いです。
これは、空気の通りが悪い場所なので、細菌が繁殖することが原因で起こります。

また、マラセチア皮膚炎という病気にもなりやすいです。
マラセチアとは、犬の常在菌ですが、何らかの原因によって増えてしまい、皮膚のベタつき、悪臭、脱毛、かゆみ、発疹、フケなどの症状を引き起こします

そして、アレルギー性皮膚炎も起こしやすいです。
アレルギーには、食物アレルギー、金属アレルギー、植物アレルギー、ノミアレルギーなど、様々なアレルギーの種類があります。
アレルギー体質だと、より他の皮膚のトラブルが起こりやすいです。

日々のケアで、顔のしわや体のたるみの部分を、拭いてあげるなど清潔に保つことが大切になってきます。

パグのなりやすい病気② 角膜炎・角膜潰瘍

角膜とは、黒目の部分を覆っている透明な膜のことです。
角膜炎とは、この角膜に炎症を起こしている状態です。

また、角膜潰瘍とは、何らかの原因で角膜が傷ついてしまう状態です。

パグの顔はつぶれていて、大きく少し出ているような目が特徴的です。
しかし、このパグならではの顔の特徴が、角膜を傷付けてしまうことがよくあります。

症状は、目をよく気にしていたり、痛がっていたり、ショボショボさせていたり、目やにや涙が多くなります。
よく目を見てみると、充血していたり、一部が凹んでいたり、傷が付いているのが見える場合もあります。

気にしている内に、前足で目をこすったり、床にこすり付けたりして、さらに状態を悪化させることもよくあります。
また、少しの傷から、細菌感染を起こすこともあります。
放っておくと、状態が悪くなり最悪の場合は、失明したり、目を取る眼適出手術をしたりしないといけなくなる場合もあります。
おかしいと思ったら様子を見ずに、すぐに動物病院へ連れていってみてもらう方がいいでしょう。

パグのなりやすい病気③ 緑内障

パグのなりやすい目の病気として、もう一つ、緑内障という病気があります。
人間にもある病気なので、聞いたことはあるかと思います。
高眼圧症ともいわれる病気で、目の中の眼圧が高くなってしまう病気です。

緑内障の種類
  • 原発性緑内障 生まれつきの目の構造により、中高齢で発症する場合があります。
    なりやすい犬種がいくつかありますが、パグもその一種です。
  • 続発性緑内障 他の疾患が原因で緑内障が起こります。
    白内障、角膜潰瘍、ぶどう膜炎、眼腫瘍などの疾患がある犬に併発しやすいです。
    パグは、目の疾患が多いので、続発性緑内障になるパグは多いです。
緑内障の症状は、充血、角膜炎や結膜炎、眼球の突出、痛み、視野の狭まり、失明などが挙げられます。

また、痛みが強く出る場合も多く、元気や食欲が無くなったり、頭を撫でられることを嫌がったりするようになる場合もあります。
少しでも様子がおかしかったり、目が出てきたり、大きくなってきたりといった症状に気がついたら動物病院へ連れていくことをオススメします。

パグのなりやすい病気④ 壊死性髄膜脳炎

別名「パグ脳炎」とも呼ばれるパグ特有の病気です。
もちろん、パグだけではなく、シーズーやペキニーズなどのいくつかの小型犬にも発症する可能性があるとされています。

原因不明の病気ですが、おそらく遺伝的なものが関わっているとされています。

壊死性髄膜脳炎とは、脳の炎症が進み、萎縮してしまい最終的には死に至るとても怖い病気です。

初期症状は、突然の発作や視力の低下がみられます。
また、いつものような動きをしなくなったり、徘徊や同じ所をぐるぐると回ったりといった症状も出てくる場合もあります。

これが進行すると、何度も発作やけいれんを起こします。
また、ぐるぐる回る旋回運動もひどくなったり、首を傾げたようになる斜頸という状態になります。

さらに進行すると、立ち上がることが困難になり、意識障害や遊泳運動、また、発作が止まらなくなり昏睡状態に陥りそのまま亡くなる場合もあります。

残念ながら、明確な治療法はまだ分かっていません。
治療に反応して、少しマシになっても、完全に治すことはできないのが現実です。

パグのなりやすい病気④ 短頭種気道症候群

短頭種気道症候群とは、短頭種の特徴である、平らな顔や丸い頭の形、短くて太い首などの頭部や頸部の構造が原因で引き起こる閉塞性気道障害の総称です。

狭窄性外鼻孔、軟口蓋過長症、喉頭室外反、気管低形成、気管虚脱、扁桃の肥大など、様々な気道閉塞を示すものがあります。

原因は、短頭種の骨格の特徴が原因です。
頭蓋骨が丸いため、鼻腔が圧迫されて喉が変形しているために、引き起こります。

狭窄性外鼻孔とは、鼻の穴と鼻腔が狭いことによって様々な症状が出てくる疾患です。
症状は、呼吸をする際にブーブーと鼻がなったり、寝ている時のいびきが酷くでたりします。

また、鼻水をよく飛ばしたり、酷くなるとチアノーゼといい、酸素が充血に供給できなくなり、下が紫色になったりします。

軟口蓋過長症とは、口の中の軟口蓋と呼ばれる上顎の奥の柔らかい所が、正常より長いことで呼吸が妨げられて起こります。

喉頭室外反とは、声帯の横にある喉頭室という所が炎症し、浮腫を起こし腫れることによって気道が狭まり、呼吸が妨げられます。

これらの症状は、呼吸する時にガーガーと音がなったり、大きないびきをかいたりします。
呼吸がしにくいので、パンティングをしたり、呼吸困難を引き起こしたりする場合もあり、チアノーゼも起こることがあります。

気管低形成とは、先天的に気管が狭い状態のことをいいます。
気管虚脱は、呼吸をする際に狭くなったり広がったりしますが、気管低形成は呼吸関係なく常に狭い状態です。
気管低形成と気管虚脱の主な症状は、咳ですが、重症化すると呼吸困難を引き起こします。

これらの疾患以外でも、口腔内や扁桃などの腫れが原因で気道が閉塞してしまい、呼吸障害を起こす可能性があるので、注意が必要です。

短頭種気道症候群の基本的な治療は、外科手術がメインとなります。
内科的に治療する場合は、完治するものではなく、症状を少しでも和らげることを期待して治療します。

パグは、短頭種なので、短頭種気道症候群を完全に予防することはできませんが、少しでも症状が酷くならないように、肥満にならないように食事管理をしっかりすることや、激しいパンティングを防ぐためにも温度管理も必要になります。

パグのなりやすい病気⑤ 熱中症

熱中症は、短頭種や肥満の犬になりやすい疾患です。
パグというだけでも注意しなければならない熱中症ですが、肥満のパグの場合は夏場もっと注意しなければなりません。

熱中症とは、体温調節が追いつかなくなって体の中に熱がこもってしまう状態となり、様々な症状を引き起こす疾患です。

症状は、呼吸が荒くなり、激しいパンティングをします。
体温調整ができなくなり、体温や心拍数が上昇します。
さらにひどくなると、ぐったりし下痢や嘔吐をする場合もあります。
ふらつきやチアノーゼがおこり、発作が起きたり意識障害が起こったりし、最悪の場合は死に至ります。

最近では、一家に一台はエアコンがあるので、室内での熱中症は少なくなっていますが、たまに留守時にエアコンを切って家を出て帰ってくると、愛犬がぐったりしているということで、来院されることがあります
また、室内だけではなく、暑い時間帯の散歩や車の中の留守番でも熱中症になることがあります。

熱中症は、飼い主が気をつけてあげることによって、防ぐことができるものです。
パグを飼っているということは十分な温度管理をしてあげなければいけないということを、しっかり頭に入れておくべきです。

留守中でも、暑い日はエアコンをつけてあげること、車内で放置しないこと、暑い時間帯の散歩は避けるということなど、少し気をつけてあげることで予防ができるのです。
また、肥満にならないように食事管理も気をつけてあげることも大切です。

パグのけがや病気の応急処置

パグは、病気は多いですが、怪我は少ない犬種です。
おそらく、穏やかな性格とマイペースな性格をもっているので、自分のペースでゆっくり生活しているパグが多いのではないかと思われます。

しかし、子犬の時期のパグはとてもやんちゃです。
この時期の怪我は、特に気をつけてあげなければいけません。
顔がぺちゃんこのパグは、遊んでいる最中に顔を怪我する場合が多いです。
ものを噛みながら振り回していて、そのまま壁や物にぶつかり、目を傷つけてしまったという症例が何件か見たことがありました。
このような症例は、短頭種ならではの、怪我の仕方です。
普段は穏やかですが、まれに他の犬とトラブルになり、怪我をして来院してくるパグもいます。

このように、怪我をした場合の応急処置としては、出血がある場合は、すぐにタオルなどで抑えて止血をして下さい。
出血が止まらない場合は、すぐに動物病院へ行きましょう。
また、体を強く打ったり、高いところから落ちたり、事故に巻き込まれたりといった事故などによる怪我も、見た目は大丈夫でも体内で出血が起きたり骨折したりしている可能性もありますので、動物病院へ連れていくことをオススメします。

病気の応急処置は、症状によりますが、パグは、重篤になる危険性の病気が多いので、何らかの症状が出るようであれば、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

パグが下痢をしたとき

下痢は、犬によく見られる症状です。
基本的には、何らかの病気のサインであることが多いですが、環境の変化や精神的なものが原因で、下痢を引き起こすこともあります。
まず、下痢をした時に、数日間で何か変わった事がなかったか(引越した、家族が増えた、トリミングサロンや旅行へ連れていった、フードをかえた、普段与えないものを与えたなど)を確認してみましょう。
心当たりがあれば、様子を見ていても大丈夫ですが、あまりにも続くようなら動物病院へ連れていきましょう。

下痢をした時に、元気や食欲がなかったり、嘔吐があったり、他の症状も一緒にでるようなら、何らかの病気の可能性がありますので、様子を見ずにすぐに動物病院へ連れていくことをオススメします。
その際に、下痢便の色や、どういう状態か、最近何か心当たりがあったか、何回したかという細かな情報を獣医さんに伝えることによって、より診断しやすい場合もありますので、確認しておきましょう。