パグを飼ってかかるお金はどれ位?パグの生涯費用を考えてみよう!


パグを飼うための初期費用とは?

まずパグを飼うための初期費用を考えてみましょう。
初期費用で最も大きいのが犬自体の値段です。
これはどこで手に入れるかでかなり差がありますので、20万円と考えて計算します。
そして最初に揃えて置くべきグッズの費用が大体25,000円位。
犬を飼ったときは登録を義務付けられていますが、その登録料が約3,000円。
混合ワクチンはショップで最初の1~2回は接種済みになっていることがほとんどですが、最後の1回は迎えてから接種することになります。
そのワクチンの費用が8,000円位です。

そして初期費用として忘れがちなのが去勢・避妊手術の費用です。
成犬になってからと考えがちですが、手術をするのなら早いほうがおすすめです。
手術を受けるか受けないかは飼い主の考え、犬の体調によって決めるべきですが、交配を考えていないのであれば、成犬になってからの様々な病気を防ぐためにも受けておいたほうがいいでしょう。
手術費用はオスかメスかで違いがありますが、平均して25,000円位であると考えられます。
これらを合計すると261,000円になります。
もちろんパグの値段、そろえるグッズの数や手術の有無で費用はかなり違ってきますが、大体の目安になるのではないでしょうか。

毎月の費用はいくら位?

パグの毎月の費用で一番かかるのは、やはり食費ですね。
ドッグフードにはいろいろな種類があり、中には品質が良くない物もあります。
パグに長生きをしてもらいたいのであれば、高品質のものを選んであげるべきでしょうね。
それにおやつですが、最近は人間のものかと思うほどおいしそうなおやつが売られています。
おやつは与えずに過ごすこともできますし、食べすぎは禁物なのですが、しつけやご褒美などに利用できますので、ある程度はパグの楽しみとして与えてもいいでしょうね。
それらの食費を合計すると、大体月に2,600円位と考えられます。

それからシャンプーやトリミング、これは犬種にもよりますが、月に一度位はペットサロンに通う犬が多いのではないでしょうか。
シャンプーとトリミングだけなら大体3,000円位という場合が多いです。
ペットシーツなどの消耗品のグッズが大体月に2,000円位です。
忘れがちなのがフィラリアの予防接種の費用です。
フィラリアは蚊が出始める頃から、いなくなる冬頃まで、毎月1回、薬を投与し続けます。
その薬のひと月分が467円位になります。
フィラリアは義務付けられていませんが、かかるととても厄介な病気なので、犬の飼い主はほとんどが予防接種をします。
これらの費用を合計すると、毎月8,067円位かかるということになります。

年間費用はいくら位?

犬には毎年1回、狂犬病予防接種を受けなければなりません。
これは義務付けられているものであるので、時期が来たら動物病院で必ず接種するようにします。
これがなければドッグランやペットホテル、愛犬を連れて旅行には行けません。
それに義務付けられてはいませんが混合ワクチンは、様々な病気の予防になりますので、この接種もしていないと行くことができる場所が制限されてしまいます。

狂犬病予防接種の費用は3,500円位、混合ワクチンは8,000円位です。
それにノミ・ダニ予防もしておく必要があります。
これは1,000円位の費用です。
成犬になってから一度も病気やケガをしないという犬はまれであり、どんな犬でも予防接種以外に動物病院に一度は訪れているようです。
動物病院での治療費を大体年間10,000円位かかると想定することができます。
年間費用で想定できるのはほとんど医療費になりますが、大体22,500円位を想定しておきましょう。

パグを飼うための生涯費用とは?

パグを飼うための生涯費用は、パグが18年生きると想定すると大体240万円位になります。
この費用はあくまでも一例であり、ペットホテルをよく利用したり、犬を連れてのレジャーが多かったりすると多くなりますし、グッズなどをリーズナブルなものを使用していると費用もかなり抑えられます。
この費用が高いと思うかどうかは個人の考えによりますが、パグは費用以上のものを飼い主に残してくれるでしょう。