柴犬を飼いたい!!でも費用ってどれくらいかかる?生涯費用は?

洋犬が高い人気を集める中、やっぱり日本犬が良いと考える人は少なくありません。そして、日本犬の中でも人気があるのが皆さんご存知の柴犬です。 柴犬は日本では根強い人気を維持してきましたが、最近では海外でもその人気が広まりつつあります。 しかし、犬を飼うということはお金がかかるということも事実です。 柴犬を飼う場合にかかる費用についてまとめてみました。

初期費用はいくら必要?

柴犬を飼う際に最初に必要になる初期費用にはどんなものがあるでしょうか。 まず、子犬の販売価格と飼うために準備しておくグッズ類があります。
柴犬の相場金額はだいたい5~20万円です。購入場所や毛色などによって大きく違ってきます。
子犬を迎える前に準備しておくものとして、サークルやトイレ用品、首輪、食器、ケア用品などがあります。それぞれグッズの金額も安いものからデザイン性やブランドなどで高価なものまでピンキリでありますが、一般的にはだいたい4万円程度です。
子犬を迎えて間もなく必要な金額として、犬の登録費3,000円、ワクチンプログラム3回目のワクチン代8,000円が必要となります。
これに合わせて、去勢・避妊手術費が任意で必要となってきます。 将来交配させない場合や病気になりやすいリスクを考えると、手術を受けておいた方が良いでしょう。メスの避妊手術の方が高いことが多く、また病院によっても金額に差がありますが、中型犬である柴犬は平均して3万円です。
これらの費用をすべて合計すると、13万1千円~28万1千円となります。

年間でかかる費用

柴犬との暮らしが始まると、様々なものに費用がかかってきます。

食費

柴犬との生活で1番費用がかかるのがエサ代です。これもまた様々な種類のものがピンキリの金額で販売されていますが、柴犬の健康を考えると質の良いドッグフードを与えたいものです。エサ代だけで月6,000円、これにおやつなどの支出も考えると年間にすると約10万円程度必要となるでしょう。

医療費

必要な予防だけでフィラリア予防、狂犬病、ワクチン、ノミ・ダニ駆除があります。他にも定期的な健康診断などの病院代を含めて1年間で約3万円程度が目安です。
さらに、柴犬に病気やケガがあればプラス治療費が必要となります。
医療費を抑えられるのがペット保険ですが、ペット保険に加入すると年間2万円程度必要となります。

消耗品

おもちゃ、ケアグッズなどの消耗品に加え、室内犬であればペットシーツも必要となります。年間で考えると約4万円で想定しておきましょう。

その他

柴犬は短毛の犬種のため、カットが必要ない犬種ではありますがシャンプーが月1回の目安で必要となります。自宅でできる場合はシャンプー代だけで済みますが、サロンに依頼する場合は、トリミング費用が必要となってきます。1回4,000円程度必要となります。 他にも、有料のドッグランの利用、サプリメントなど状況によって必要な費用がかかってきます。

こういった金額を全て合わせると、年間に必要な金額は、約19万円~という金額になります。

柴犬の生涯費用

それでは柴犬の生涯費用はいくらかかるのでしょうか。
柴犬の平均寿命15年で考ると、「(初期費用+年間費用)×寿命15年」で約300万円という金額になります。
これに合わせて、高齢犬になるとケガや病気で動物病院にお世話になる機会が増えるのでその分の医療費や、亡くなった時には火葬代も必要となってきます。

まとめ

侮ることはできない柴犬の生涯費用です。 柴犬を飼う時には、この金額も踏まえ責任を持って最後まで面倒を見ることができるのか考える必要があります。
それでも柴犬と生活をすれば、柴犬との絆も生まれて金額なんて関係ないと思える存在になってくれるでしょう。