柴犬の相場金額はどれくらい?基準はなに?

日本を代表する犬、柴犬。国の天然記念物にも指定されています。 そんな柴犬を飼いたいと考える人も多いでしょう。 柴犬を迎えるにはペットショップやブリーダーなどから購入するのが一般的ですが、金額はどれくらいするのでしょうか。 また、金額の基準にはどんなことがあるのでしょうか。

柴犬の金額の基準とは?

柴犬の相場金額は、変動することが多いです。その理由には、月年齢、性別、血統、種類、被毛カラー、季節などが影響しています。
通常子犬は、生後2カ月頃から販売されていて月年齢が若いほど高く、オスよりもメスの方が、金額が高い傾向にあります。その後、成長に応じて金額が安くなります。
種類ではキツネ顔の「縄文柴」や、タヌキ顔の「新柴犬」、ほかにも正式的な血統ではありませんが「豆柴」と呼ばれる体が小さい柴犬に人気傾向にあり、毛色も赤・黒・白・胡麻色などの毛色に違いによっても金額に差があります。
そして柴犬は、季節によっても金額に違いがあります。これは、出産時期の影響や需要による影響があり、3~5月が最も高くなり、11月頃から2月頃に安くなる傾向があります。

柴犬の金額とは?

それでは、平均的な柴犬の金額はどれくらいなのでしょうか。毛色ごとに見ていきましょう。

相場金額は5~20万円です。最も一般的な色なので比較的安価なことが多いです。

黒と白っぽい毛色で構成されていて、四ツ目と呼ばれるまろ眉のある黒柴。相場金額は、10~18万円です。人気が高い黒柴ですが赤柴ほど数が多くないため、やや高めの金額となっています。
柄の入り方によっては30万円を超える金額の黒柴もいるようです。

胡麻

赤、黒、白の毛から構成された柴犬です。成長過程で胡麻から赤に変わることも多いようです。価格は赤柴よりもやや高めの相場金額10~18万円です。

人気が高い白柴は、希少価値があり価格は一番高めに設定されることが多いようです。相場金額16万円~です。


毛色別での金額に加えて、月年齢、性別、血統、種類、季節などによって金額に増減があります。

購入先はブリーダー?ペットショップ?

柴犬の購入先として一般的なのは、ペットショップやブリーダーです。
ペットショップは、一番身近で柴犬を探すことができて、相場金額で柴犬を購入することができます。ただし、健康面のチェックなどは怠らないようにしましょう。
ブリーダーは、探す手間がかかったりということがありますが、引き取られる寸前まで親犬や兄弟に囲まれた環境で育てられているので社交性があり、場合によっては簡単なしつけも行われています。 ブリーダーの中でも金額設定に差があり、血統や毛並みの良さなどで金額が大きく異なります。場合によっては、健康的な柴犬でもペットショップよりも安い金額で購入することができるでしょう。
他にも、日本犬保存会から購入することができます。一般的な金額よりも高めにはなりますが、ショー向けや健康で強い柴犬を求められるのであればおすすめです。公益社団法人として全国に支部があるので、出産情報の問い合わせ、時期や金額相談という流れになるようです。

まとめ

購入場所や毛色など様々な要因から金額が大きく変わってきます。
できるだけ出費を抑えたいと思うのは当然のことですが、急いで即決したりせず、子犬の飼育環境や健康状態、性格などを良く見極めてから購入するようにしましょう。