柴犬には不向き!?多頭飼いの注意点

犬をたくさん飼うことに憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。 実際に何匹も犬を連れて散歩をしている人を見ることがありますよね。 日本犬の中でも人気の高い柴犬ですが、柴犬は多頭飼いに向いているのでしょうか。また、多頭飼いの注意点はあるのでしょうか。

柴犬の性格や特徴

柴犬は、古くから山岳地帯で狩猟犬として活躍していました。そのため狩猟犬らしく、信頼をおいた飼い主にとても忠実で賢い性格をしている一方、頑固で気質が強くもあります。 飼い主に甘えることもありますが、1人で過ごす時間を好む傾向がある犬種でもあります。また、飼い主以外の人に対する警戒心が強いです。
縄張り意識も強いため、昔から番犬として飼われることが多かったのですが、集合住宅や一軒家、屋外でも室内でも飼いやすい犬種なため、愛玩犬として飼われることが増えました。
日本犬の中で最もサイズが小さく、体重は7~11kgの小~中型犬に分類されています。

柴犬は多頭飼い向き?多頭飼いのコツ

前述で述べた柴犬の性格から考えると、多頭飼いの適応力は高くないようです。
それでも実際に柴犬の多頭飼いをしている人は少なくありません。 それは、柴犬の性格や特徴などを正しく理解し、注意点やコツを把握していれば多頭飼いは可能なことだからです。
それでは、柴犬の多頭飼いのコツを紹介します。

主従関係:リーダーは飼い主であること

柴犬は主従関係を大切にする犬種です。どんな時でも飼い主の指示に従うよう子犬のうちから主従関係を築いておきましょう。

先住犬を優先すること

柴犬は、後から入った者を下にみる傾向がありますが、リーダーである飼い主が新しい犬を可愛がり過ぎると、先住犬は順位を理解できなくなり混乱します。そして大きなストレスを抱えることにもなります。食事や散歩、何をするにも先住犬を優先するようにしましょう。

それぞれに安心できる場所を与える

1人の時間を大切にする柴犬にとって、安心できる場所があることは欠かせないことです。柴犬が1人で良質な睡眠が取れリラックスできるスペースを設けてあげましょう。

犬同士での上下関係を築かせる

オオカミ気質が強い柴犬は、上下関係を重視します。飼い主は先住犬を優先することが大事ですが、犬同士でもケンカをしながら上下関係を築いていくことも重要です。 ケンカをしていても、大ケガになるようなケンカでない場合はむやみに止めないようにしましょう。

他犬種との多頭飼い

柴犬同士であれば、似た気質を持っているため扱いやすい場面も多いのですが、性格や体格の異なる別犬種との多頭飼いはどうなのでしょうか。
まず、多頭飼いをする場合には、性別の組み合わせに考慮しましょう。避けたいのは「オスとオス」の組み合わせです。縄張り意識が強いもの同士、本気のケンカになることがあるので最も注意の必要な組み合わせです。 最もベストな組み合わせは「オスとメス」です。繁殖を望んでいない場合には避妊・去勢手術をしておきましょう。
また、体格の違いも考慮した方が良いでしょう。小~中型犬の柴犬と超小型犬だと、ケンカになった場合、超小型犬がケガをする可能性が高くなります。逆に、大型犬、特に攻撃性の強いオスだった場合には、負けん気の強い柴犬がケガをする可能性が出てくるでしょう。

まとめ

決して向いているとは言えない柴犬の多頭飼いですが、飼い主の対応次第で不可能なわけではありません。 大切なのは、柴犬と同居犬のストレスにならないよう配慮した環境を整えることです。
多頭飼いをするとするだけ世話への労力や費用も増えますが、幸せも増えるかもしれませんね。