チワワの子犬が噛む理由は?噛むことのサインと噛みグセの直し方

小さなチワワとは言え、噛みつかれると痛いものです。噛むということは犬にとっての最大の武器なので、痛いのは当然ですね。しかし人間社会で共に暮らしていく中では、噛む行為はやはり危険なので止めさせたいものです。そもそも子犬が噛む理由は何なのでしょうか。今回は、子犬が噛むことの意味と、噛みグセの直し方についてご紹介します。

チワワの子犬が噛む理由は、身を守るための本能

チワワの子犬が噛む理由は、本能です。
チワワは危険を感じた時に、自分の身を守るために噛みます。言葉が話せないチワワにとって、噛むことは拒否の意味を伝えるという役割もあります。
子犬は遊びを通して、噛むことが危険であると学んでいきます。
母犬やきょうだい犬と遊ぶ中で、相手を本気で噛んでしまうとその犬に厳しく叱られます。
反対に自分が噛まれると、チワワはとても痛いということを知ります。
早いうちに親と離されたチワワはこういった学習をしておらず、噛みグセのあるチワワに育ちやすくなります。

チワワの子犬が噛みグセは、遊びながらしつけられる

チワワは警戒心が強く攻撃的な面があるので、噛みグセが付きやすい犬種です。
しかししつけによって噛まないチワワにすることは可能です。ぜひ早い段階からやっていきましょう。
遊んでいる時は一番のしつけのチャンスです。
最初は、飼い主さんの手に愛犬の歯がかすっただけで「痛っ」と大げさに言って、すぐに手を引っ込めて遊ぶのを止めます。しばらく時間をおいて、また何事もなかったかのように遊びを再開します。
そしてこれを繰り返すのです。もしも噛まれた時は、痛いのを強くアピールして下さい。 ポイントは、
  • 大げさに、大きな声で痛がること
  • 「痛っ」と言ったあとはすぐに遊びを止めること
です。
チワワに噛まれていなくても、歯が当たると飼い主さんが遊んでくれなくなる、嫌がるということを覚えさせていきます。
たまにチワワが唸って反撃に出てくることがありますが、そういう時はもちろん無視をしましょう。根気よく毎日続けていくことが大切です。

チワワの歯のムズムズを解消するおもちゃを与えよう

チワワの子犬が甘噛みをする時期はちょうど歯が生え変わる時なので、歯がムズムズして噛んでしまうこともあります。
そんな時は、チワワが噛んでも大丈夫なおもちゃを与えましょう。
チワワは基本的に噛むことが大好きです。おもちゃを噛むことで満足できることもあります。
おもちゃ遊びは、誤飲防止のために飼い主さんが見ている間だけ行うようにして下さい。
また硬すぎるおもちゃは歯が折れる原因になるので気を付けましょう。
そして引っ張り合いっこをして遊んであげるのも、チワワのの甘噛み解消に効果的です。専用の丈夫なおもちゃもたくさん売っているので、愛犬に合うものを見付ける楽しみもあります。

チワワの子犬が噛む理由は?噛むことのサインと噛みグセの直し方 まとめ

根気よくしつけることで、甘噛みは直ります。しかしチワワの個体によっても差があるので、どうしても手に負えないという場合は、プロの手にゆだねるようにしましょう。
また噛まれないためには、いきなりチワワの子犬の頭を触らない、嫌がってるのに無理やり抱っこしない等、周りの人間の配慮も大切です。噛みグセは早めに直して、一日でも長く愛犬との平和な暮らしを楽しみましょう。