【シリーズ犬の服】~犬服の歴史に迫る~


人と犬の歴史

今でこそ、人間と犬が共存することは珍しいことではなく、犬も家族の一員として一緒に過ごしておられる方が多い世の中になりました。
しかし、最初から人間と犬が一緒に暮らしていたわけではありません。
人類と犬はどのようにして「共存」するようになったのでしょうか?ご存じのように犬の祖先はオオカミです。
このオオカミは、群れで生活する動物で、嗅覚が大変優れています。
この嗅覚を使って、仲間に危険を知らせる。
いわゆる遠吠えをする動物ですが、この習性を人間は昔から利用してきました。
オオカミたちの遠吠えを聞いて、自らの身も危険から守っていたのです。
また、狩りを生活の基盤として行っていた人間ですが、その狩りにオオカミが付いてくるようになりました。
いつしかオオカミは狩りのおこぼれをもらうようになりましたが、そのかわりに人間に危険を知らせたり、獲物の居場所を教えるようになって行ったのです。
これが人と犬との共存のはじまりでした。
オオカミは、最初は「猟犬」として人間の傍にいるようになったのです。
それから、人間が改良したり、手を加えたりして現在の「犬」になったと言われています。
猟犬であったり、愛玩犬であったりと、目的別によって犬種が栄えてきたのです。

犬類最初の犬服はどんなもの?

では、犬はいつ頃から洋服を着るようになったのでしょう?もちろん自ら服を着るという行動は取りませんので、人間がまずは犬に服を着せたのでしょうが、その歴史は実は明確にはされていません。
日本では、江戸時代に室内で犬を飼うことが流行っていました。
とりわけ、上流階級社会でそれが顕著にみられていますが、このとき、洋服こそ残っていませんが犬用の首輪や飾りが発見されています。
もしかすると、犬用の着物なんてのもあったかもしれませんよね。
これらは、機能性よりもお洒落に重点を置いていたためと思われますが、この頃には既に犬に装飾品をつけたり、着物を着せることは別におかしいことであるとはされていなかったことが伺えます。
最古の犬服については、不明ですが、洋服や着物ではなく、首輪や首飾り、胴輪のようなものが最初で、それが現在のルーツになっているとも言えます。
外国でも王族が飼っていた犬については、豪華な首輪や飾りをしている様子が絵に描かれたりしています。
猟犬に犬服を着せることはなかったと思いますが、お座敷犬・愛玩犬と呼ばれる犬については、かなり昔から犬服を着せておしゃれを楽しんでいたのかもしれません。

世界的に見る、犬服への考え

日本では、犬に洋服を着せる、特に外出時に洋服を着ていない小型犬を探す方が難しい時代になりましたが、これは外国ではどうなのでしょうか?私の経験ですが、一般的に観光地と呼ばれる場所に犬を連れて出かけた時、海外からの観光客に遭遇し、写真を撮らせてもらえないかと言われました。
その時、犬自身ではなく「洋服を着ている犬」が珍しいようで、ものすごい枚数の写真を撮影なさっていました。
もしかすると、犬に洋服を着せるのは日本人だけなのかな?と思った覚えがあります。
外国では、特に広大な土地では大型犬を飼育されている方が圧倒的に多いため、小型犬自体が珍しいというのもあります。
中には、小型犬の犬種をあまりご存じなくて、チワワを始めて見た方が、「あの犬はまったく大きく成長しない。
飼い主の虐待ではないか」と通報したという事例すらあるくらいです。
犬に服を着せることは、海外でもありうるのでしょうけど、日本のようにさまざまな種類の犬服や機能性のあるものはあまり海外では見られないかもしれませんね。
ただし、最近では韓国では犬服のブームでもあるようですので、お土産品として犬服を買われる日本人観光客も多いです。
犬服ひとつでも、お国柄が見えて面白いですよね。

犬服がブランド化したのはいつ頃?

日本には、犬服のブランドが数多く存在します。
では、ブランド化したのはいつごろなのでしょう?これも明確ではありませんが、例えば犬服の大手セレブブランド「FiFi&Romeo」は、1998年にハリウッドで誕生したブランドです。
まだ歴史は浅いですが、犬服のブランドとしては老舗になります。
この他のブランドもだいたいこのくらいの年数なのでしょう。
また、人間のファッションブランドと同様に、犬服ブランドにも流行りすたりがあり、結構激しいです。
そんな中で生き残っているブランドには、やはりそれなりの魅力があるということですし、長く愛される秘訣が各ブランドにはあるのでしょうね。
人間の洋服と違って、犬服は必ず必要なものではありません。
ましてブランド品となればなおさらです。
お値段もそれなりに高額ですし、もちろん素材も高級品ですが、それが犬にとって必要かどうかはまた別の問題です。
犬服ブランドも競争が激しい世界です。
人間用のファッションブランドに引けをとりません。
犬服ブランドにもまた歴史があり、積み重ねてきた上での人気、今後の発展が予測されます。

犬服の多様化

犬服も、歴史とともに多様化してきました。
素材にこだわったもの、デザイン重視のもの、機能性重視のもの、健康に対して訴えかけるものとさまざまです。
私たちは、たくさんの犬服の中から愛犬にとってベストなもの、また飼い主さんの気持ちがアップするものを選んで購入します。
犬に服を着せるなんてと反対派の方もおられますが、犬と一緒に楽しく過ごすためのアイテムのひとつであるとも言えますので、犬が極度に嫌がらなければ、洋服を着せたい人は着せれば良いと思います。
また、病気や怪我を保護するための服、皮膚病の犬のための保護服については、着せることが治療となることもあります。
犬服のはじまりが、おしゃれ目的だったか、機能目的であったかはわかりません。
しかし、犬服の歴史の中でどこかで枝分かれして、治療服が確立されたのもまた事実です。
このような犬服については、人が犬の辛さを和らげるために考えて改良して作ったものですから、犬服の歴史も人と犬の歴史同様に、先人のさまざまな想いを受け継いでいるのだと思います。
大切なことは、飼い主が犬の為を想って作ったり購入したりするその気持ちです。
どんな犬服を買う場合も飼い主さんの頭の中はご愛犬のことでいっぱいだと思います。
そういう愛情があっても良いのではないでしょうか?決しておしゃれ感覚で犬を飼うというのではなく、一緒に楽しみたい!その気持ちが大事です。

犬服の未来

では、犬服はどんな進化を遂げようとしているのでしょう?基本的には今まで通り変わらないと思いますが、犬の洋服にもニーズが反映されます。
また、デザインも毎年傾向が変わります。
今後、どんな犬服が世に出てくるのか楽しみですよね!あなたはどんな犬服を選びますか?犬服選びのときに、少し歴史に想いを馳せてみませんか?