飼い主さんの最初の試練!?犬のトイレトレーニングの方法と順序


トイレトレーニングの重要性

犬にトイレのトレーニングをさせることは、非常に重要です。
部屋を清潔に保っておくためであるのはもちろんのこと、飼い主さんの指示に従ってできる、どこでもできるようになれば、泌尿器系の病気を防げると言う点でも、トイレトレーニングは必ずやってあげましょう。
愛犬の健康を守るためでもあります。
また、トイレトレーニングができていないと、一緒に出かけることが困難になります。
家の中でしかしない、逆に外でしかしないという場合、特に散歩のときにしかトイレをしないという犬は、膀胱炎などの病気になりやすく、飼い主さんが何らかの事情で散歩に連れだせない時は何日もトイレを我慢してしまうことになり、大変危険です。

トイレトレーニングを行う際の順番とその方法(屋内)

一般的なトイレトレーニングの方法ですが、まずはペットシーツの上でおしっこをして良いと認識させます。
ゲージの中に、ペットシーツを敷いておいて、シーツの上でおしっこをしたら大げさなほど褒めてください。
この時、排泄をすませてから時間が経っている場合は全く意味がありません。
犬は何故褒められたのかわからないからです。
飼い主さんが居る時に、シーツの上でおしっこできたらすぐに褒める。
これを繰り返すのが基本です。
違う場所でおしっこをしようとしているのを見つけたら、騒がずそっと抱きあげて、シーツの上に降ろしてそこでさせるようにしましょう。
次に行動範囲を広めていきます。
部屋の中に大きめの囲いをして、その端にシーツを設置します。
トイレトレーニング中は、汚れたシーツをすぐに取りかえるのではなく、しばらく置いておきましょう。
ペットシーツに臭いが残っていることで、「ここがトイレだ」と自覚しやすくなるのです。
行動範囲を広めても、褒めるタイミングや方法は全く同じです。
これを繰り返せばやがてトイレがきちんとできるようになります。

トイレトレーニングを行う際の順番とその方法(屋外)

散歩中にトイレをしない子もいます。
ですが、散歩中であってもできるだけトイレができるように育てた方が良いですね。
一番簡単な方法は、散歩前にお水をたくさん飲ませておき、外でトイレがしたくなるようにしむけます。
歩いていると余計に尿意をもよおします。
外で排泄したら、その時に「ワンツー・ワンツー」など声掛けをします。
声掛けは何でも構いません。
「いちに、いちに」でも良いですし「しーし、しーし」でもかまいません。
ようするに犬の意識に、掛け声を言われたらおしっこをしたくなるという環境を植えつけるようにします。
屋外でも同様に、排泄できたらたくさん褒めてあげましょう。
掛け声でトイレができるようになれば、屋内でもその掛け声でできるようになりますので、気長に訓練して行きます。
屋外でトイレをした際は、水を流しておく、臭い消しスプレーをかけておくなど、散歩としてのマナーを忘れずに。

トイレトレーニングの最中に決してやってはいけないこと

トイレができないと、飼い主さんはどうしてもイライラして、叱りがち。
でも、できないからといって決して叱ってはいけません。
またトイレじゃない場所で排泄してしまったときに、ついつい大声をあげる方が多いのですが、それは逆効果です。
飼い主さんが大騒ぎすることで、褒めてもらっているのだと勘違いしてしまう子がいるからです。
トイレ以外の場所で排泄しているのを見つけたら、黙って掃除して叱ることもせず無視するようにします。
確かに難しいことですが、ここはぐっとこらえて我慢しましょう。
トイレを違う場所で行う場合、どこでやったらいいのかわからない場合と、わざと別の場所にトイレをして飼い主さんの気を引きたいという場合があります。
最初はどちらか見極めるのはとても難しいので、ここはやはり無視するのが一番効果的だと思います。

すぐできなくても諦めないで

どんなトレーニングもそうですが、できるできない、時間がかかる・かからないにも個体差があります。
人間の子供と同じなんです。
「なんでうちの犬はトイレを覚えないの!?」と短気を起こさずに、気長にトイレトレーニングを行いましょう。
犬は大変賢い生き物です。
飼い主さんが誠実に向き合えば、必ず応えてくれます。
できたら褒めるを徹底し、トイレトレーニング頑張って下さいね!