ワンちゃん大好き!バナナの秘密♪

私たちは、スーパーや八百屋に行けば、いろいろな食材が手軽に入手することができます。かつてはなかなか食べることができなかった、外国の果物も今では当たり前のように口にすることができました。しかも、季節問わずいろいろな食材が食べられるようになりました。これら、人間が食べる食材には、犬が食べて良いもの、ダメなものが存在します。あまり知られていませんが、実は犬が食べられる食材は本当にたくさんあるのです。今回はその中でも最もポピュラーな果物「バナナ」について調べてみました。

犬にバナナを与えて良いの?

犬にバナナを与えても良いのでしょうか?そんな疑問を誰しも抱かれたと思います。結論から言えば、犬にバナナを与えても構いませんし、バナナが好きな犬は多いのです。ただし、どんな食品にも言えることですが、バナナを食べてアレルギー反応を起こす子もいれば、お腹を下す子もいます。人間も同じですよね? また、食べ過ぎは良くありません。糖分が高い果物ですので、与えすぎるとすぐに太ります。しかし、適度に与えることで、身体に良い効果を発揮してくれたり、素晴らしい栄養素も含まれていますので、もしご愛犬がバナナを食べても平気であれば、上手にバナナと付き合って日々の食生活に取り入れて見てはいかがでしょうか?

バナナの成分とその効果

手軽に入手できて、しかも美味しいバナナですが、効能も優れています。まず、食物繊維が豊富であることから、整腸作用があることで知られています。ですので、便秘にも良いですしお腹の調子を整える役割を持っています。また、解毒作用もありますので、体内にたまった毒素を排出してくれるのに一役買ってくれます。 さらに、体内にこもった熱を逃がす、肺をうるおしてくれる等、さまざまな効能がありかなり優秀な果物です。バナナにはフラクトオリゴ糖が豊富に含まれていますが、この糖分も整腸作用があるほかに、虫歯になりにくくするといった効果もうたわれています。

犬にバナナを与えるときの注意点

先程も述べましたが、果物であるバナナはかなり糖質が高い食べ物ですので、食べ過ぎると当然太ります。また、食物繊維が豊富であるため、食べ過ぎると下痢や軟便を起こしてしまいますので、適量を与えて下さい。食べ物にも個体によってはアレルギー反応を起こす場合がありますので、バナナを食べたことが無い子は、必ず少量から与えて様子を見ながらにしてくださいね。 また、大きなまま与えると喉を詰めて窒息することがありますので、特に小型犬に与える場合は小さくしてから与えるように心がけましょう。パピーやシニアの犬には、ペースト状にして与えると良いでしょう。食欲が無くなったシニア犬には、バナナの甘味が食欲増進のきっかけになることもあります。

バナナ入りわんこおやつのレシピ

おススメなのは、薄くスライスしてオーブンで焼くだけの、バナナチップスです。これだとおやつとして保存もできますし、外出時にも持ち歩けます。ポイントはバナナをできるだけ薄く切ること。ご家庭のオーブンの設定にもよりますが、120度くらいの低温で、45~1時間ほどじっくりと焼きあげます。こんがり焼けてきたらOKです。荒熱を取って、瓶などに移し替えておきましょう。 また、ペースト状にしたバナナは、犬のおやつには結構万能に使えます。ヨーグルトに混ぜて与えるだけでも喜びますし、クッキーやケーキを作る時にフレーバーとして大活躍してくれますよ!ご自身で色々と作ってみて愛犬のためのおやつを研究してみましょう。

美味しく食べて健康に

バナナは、適量与えるととても優秀な食材です。日々のコミュニケーションに、ごはんのトッピングに、いろいろな場面で活用なさってください。有機バナナが手に入るようでしたら、それを与えるに越したことはありませんが、一般にマーケットで販売されているバナナを与えても問題はありません。