犬に豆乳はOK? わんわん博士のもの知りBOOK

畑のお肉といわれ美容と健康にいいと評判の豆乳ですが、最近では愛犬にも与えているという飼い主さんが増えてきました。本当に犬に与えても大丈夫?豆乳ってどんなもの?何がいいの?与えるときの注意点は?など、わんわん博士がわかりやすくお答えします。犬と豆乳についてのQ&A。愛犬も大喜びの豆乳を使った犬ごはんレシピもご紹介します!

知りたい・聞きたい 犬と豆乳についてのQ&A

Q.犬に豆乳をあたえても問題はありませんか?

A.豆乳は大豆を加熱しすり潰して絞ったものですから、基本的には犬の身体に害を与えるものではありません。大豆そのものより液状のため消化吸収がいいので、多くの栄養素を効率よく摂ることができます。 犬は蛋白質の匂いに敏感ですから、蛋白質を多く含む豆乳を好む犬が多いのではないでしょうか。食欲がないときにドッグフードに豆乳をかけてやると、良く食べるようになるといわれています。

Q.豆乳にはどんな栄養素や効能があるのですか?

A.豆乳には次のような多くの栄養素が含まれています。
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミン類
  • イソフラボン
  • カリウム
  • マグネシウム
【効能】 蛋白質は筋肉や臓器、皮膚など体のすべての組織を作ります。カリウムは体内の余分な塩分を排出し血圧の調整をします。カルシウムやマグネシウムは骨や血液を作ります。豆乳に多く含まれているビタミンB群は皮膚や粘膜を強くします。若返り成分といわれるイソフラボンは活性酸素を取り除き、血流を良くします。また血管のしなやかさを保ちます。

Q.豆乳を与えるときは、どんなことに注意すればいいのですか?

A. ◎味のついていない絞ったままの無調整豆乳を与えましょう。味を加えた調整豆乳は糖分や塩分の摂り過ぎになります。

◎豆乳の過剰投与は下痢や嘔吐の原因になります。
豆乳に含まれているカリウムは、摂りすぎると尿の回数が増えておもらしをするようになったり、腎臓に負担がかかったりします。豆乳のカロリーは犬にとっては高カロリーです。カロリーオーバーは肥満の原因になりますので与え過ぎないようにしましょう。

◎大豆アレルギーに気をつけましょう。
食物アレルギーはすぐにあらわれる場合と、同じ食物を長期間与え続けたことでアレルギーをおこす場合とがあります。豆乳を与えた後は体調や皮膚の変化にじゅうぶん注意しましょう。
豆乳を与えたことで蕁麻疹が出たり、目の周りが赤くなったり、元気がなくなったりしたら、大豆アレルギーの可能性があります。豆乳を与えるのを止めてすぐに獣医師の診察を受けましょう。

愛犬も大喜び!豆乳犬ごはんレシピ

豆乳を使った犬ごはんレシピのご紹介です。どれもみんな美味しそうです! 作り方はサイトの各ページをみてくださいね。

豚肉と野菜の豆乳はるさめ

はるさめと野菜を使ったヘルシーな一品です。野菜はどんなものでも使えそうです。 飼い主さんが豚しゃぶの時一緒につくるそうですよ。これは一石二鳥ですね。

材料と作り方はこちら

鮭の豆乳クリームパスタ

なんと!洋食のパスタですよ、パスタ!野菜は冷蔵庫の残り物でいいのだそうです。 こんなに美味しそうなパスタがお鍋ひとつでできるそうですよ。 おしゃれなドックカフェに出てきそうな素敵なパスタです。

材料と作り方はこちら

スイカ豆乳の冷製スープ

スイカのピンクがなんとも可愛い!夏の暑い時の水分補給にぴったりな 涼しげな冷製スープ。 こんなにおしゃれなスープなのに作り方はとっても簡単です。 ぜひ作ってみてくださいね。

材料と作り方はこちら

最後に・・・

豆乳は大豆アレルギーを持っていなければ、栄養も豊富で消化吸収もよく、犬の健康維持には適した食品といえるでしょう。最初は少量から与えるようにして、犬の様子を見ながら徐々に慣らしていきましょう。豆乳は主食にはなりません。手作りごはんに入れたり、ドックフードにかけたりして、食欲増進や栄養補給のためにうまく利用しましょう。