ワンコも腸活しましょ♪腸内環境を整えるための助っ人「ヨーグルト」について

犬に牛乳を与えるのはあまりよくありません。もちろん個体差がありますので、牛乳を飲んでも全く平気な子もいますが、多くの犬はお腹を壊します。ですので、この牛乳の代わりにヨーグルトを与えておられる飼い主さんは多いのではないでしょうか?また、犬にヨーグルトって与えて良いの?とご存じ無かった方にも、読んで頂ければ幸いです。

ヨーグルトの成分と効能

ヨーグルトは、牛乳を発酵させてできた食品ですので、牛乳の栄養素はそのまま残ります。カルシウム、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなどです。これに加えて乳酸菌・ビフィズス菌が豊富に含まれているため、腸内の善玉菌の割合を増やしてくれる役割をしてくれます。 これらによる効能は、免疫力の強化です。生き物の身体の中で、実は腸は重要な役割を果たしています。腸内環境を整え、善玉菌を増やして行くことで免疫力が高まり病気になりにくい身体づくりができるのです。ヨーグルトはそのような食材の中で最も手軽に摂取できる優れものです。

発酵食品は犬にも良いのです

近年、発酵食品の良さが見直されてきました。日本には昔から優秀な発酵食品がたくさんあります。ヨーグルトは外国から入って来た食品ですが、今やどこでも手軽に手に入る食材となりました。発酵食品は人の健康に良い影響を与えてくれることは知られていますが、犬にも同じことが言えます。 犬も発酵食品を食べることで、腸内環境・腸内バランスを整えることができ、結果長生きできる可能性が高くなります。発酵食品は臭いがきついというイメージがありますが、ヨーグルトに関しては比較的食べられる人も多いのではないでしょうか?犬もヨーグルトが好きな子は多いようです。

ヨーグルトを与える際に注意すべき点

まず、数あるヨーグルトの中で、どれを選ぶかですが、プレーンのもので無糖のものを選ぶようにしましょう。その際、プロバイオティクス菌や、ガセリ菌、LB81乳酸菌など特別な善玉菌がより多く入っているのを選ぶことをお勧めします。 ヨーグルト好きな犬は多いので、そのまま与えても喜んで食べるでしょう。しかし、この食品もまた脂質が含まれているため食べ過ぎると太りますし、配合されている菌によっては受け付けない犬もいます。まずは、少しずつ与えるようにして、愛犬の体調をよく観察しながら日常的に与えるようにしましょう。

ヨーグルトを使った犬用レシピ

ヨーグルトをそのままフードにかけても、犬は喜んで食べてくれます。しかし、もうひと手間かけることで可愛いおやつができますよ。用意するのはヨーグルトと寒天・ゼラチンだけ。さらに果物をみじん切りにしたものを加えて固めると、カラフルでポップなデザートのできあがりです♪固める際に、製氷皿に入れて固めると与えやすいですね。 ヨーグルトは加熱すると、菌が死んでしまいますので、冷たいまま使用するのが良いでしょう。もちろん、クリームソースの代わりに使うなどの場合で、温めても牛乳の成分は残りますので、普段のご飯やおやつなどに色々アレンジしながらヨーグルトを使ってみて下さいね。

今日から腸活しませんか?

さて!今日からあなたもさっそく腸活してみましょう!もちろん愛犬も一緒です♪あなたも愛犬も、腸を元気にすれば、いつまでも健康で長生きできます。良いものをどんどん生活に取り入れて、楽しい愛犬ライフを過ごして下さいね!