犬にとって生肉が体にいい理由と与えるときの注意点


犬にとって生肉が体にいい理由

オオカミの遺伝子に近いと言われている犬は、本来は肉食の動物です。
そのため犬が生肉を食べることは、非常に理にかなっています。
その理由は、生肉には、食べ物の消化・吸収をサポートする「酵素」が含まれているからです。

この酵素ですが、残念ながらドライフードからは十分な量を摂取することができません。
なぜなら、酵素は熱に弱く、48度以上加熱すると消滅してしまうからです。

このような理由から、ドライフードだけではどうしても酵素が不足がちに。
そのため、生肉を食べることは酵素を効果的に摂取でき、犬にとって健康維持に大いに役立だっているのです。

生肉を食べるとどんなメリットがあるの?

生肉に含まれる酵素により、栄養素が消化・吸収されると免疫力がアップし、丈夫な体になっていきます。
そのおかげで免疫機能が正常になり、アレルギーが改善されることも少なくありません。

また、必要な栄養素が効率よく体内に吸収され、余分なものは体外に排出されることで、太りにくくなるというメリットもあります。

そのほか、食糞の改善にも効果的です。
食糞の原因はさまざまありますが、食べ物の消化不良も原因のひとつと言われています。
なぜなら、消化不良により体内で吸収されなかった栄養素は糞に含まれ、犬はその糞のニオイにつられて食べてしまうからです。

しかし食べたものがしっかりと消化され、栄養が体内に吸収されれば糞のニオイは治まります。
そうすると食糞が改善されていくため、生肉を食べることは非常に効果的なのです。

生肉に向いている肉の種類は?

犬にとって生肉は体によいですが、肉ならば何でもいいというわけではありません。
生肉は馬肉を与えることをおすすめします。
というのも、馬は抗生物質やホルモン剤を使用しないで飼育されていることがほとんどですので、安心と言えるでしょう。
また、寄生虫の感染もしづらいため、危険性が低いと言われています。

それとは逆に、鶏肉や豚肉、牛肉を生の状態で食べるのはおすすめではありません。
鶏肉はサルモネラ菌、豚肉はトキトプラズマ、そして牛肉も寄生虫や細菌が感染している恐れがあるので、控えたほうがよいと言えるでしょう。

犬に生肉を与えるときの注意点

当たり前のことですが、生肉は鮮度のいいものを与えるようにしましょう。
そして、なるべく買ったその日にあげるようにしてください。

ちなみに肉は骨付きではないものが向いています。
もし誤って骨を飲み込んでしまうと、内臓を傷つけてしまったり、腸管が詰まってしまったりする恐れがあるので、非常に危険です。

また、愛犬が疾患を抱えているような場合は、獣医さんに相談してから与えるようにしてください。

まとめ

犬に生肉をあげるのはメリットがいっぱいで驚きですね。
とはいっても、経済的なこともありますのでドライフードと併せて、ときどき与えていくのがよいのではないでしょうか。
万が一、食べたあとに何か体調に異変があるようなときは、すぐに動物病院で診てもらうようにしてください。