犬の多頭飼いのメリットやデメリット、気をつけたいことは?

犬と一緒に暮らし始めていくと、「もう1匹飼ってみたいな…」と思う飼い主の方もいるのではないでしょうか。多頭飼いは1匹だけのときとは違ったよさがあるでしょう。また、愛犬にとっても遊び相手ができて、楽しい生活になるかもしれません。しかし人間と同様に犬にも、それぞれの性格によって相性が合う相手もいれば、そうでない相手もいます。そこで、多頭飼いをするときに、気をつけておきたいことをまとめてみました。

多頭飼いのメリット・デメリット

多頭飼いにはそれぞれメリット・デメリットがあります。飼う前には、まずそのことを頭に入れておくようにしましょう。

メリット

多頭飼いのメリットは、犬が社交性を身に付けていきやすいことが挙げられるでしょう。というのも、犬はほかの犬と触れ合うことで警戒心がなくなり、知らない相手と仲良く過ごせるようになっていくからです。
また、多頭飼いを始めたら、1匹だけのときに接していたようにはいかなくなり、飼い主の愛情が分散されます。そのため、自分がリーダーだと自覚しているような犬でしたら、その性格が直っていくことも少なくありません。
そのほか、留守番のときに寂しい思いをさせないで済むのも大きなメリットでしょう。とくに甘えん坊の性格の場合は、留守番は寂しくてストレスになるもの。そんなときにもう1匹いてくれると、遊び相手ができて楽しく過ごせます。

デメリット

多頭飼いで真っ先に挙げられるデメリットと言えば、やはり先住犬にストレスがかかることでしょう。これはとくに慎重に考える必要があります。
先住犬の年齢や性格にもよりますが、元気いっぱいの子犬が突然家にやってきて、頻繁にじゃれてこられるのは非常にストレスになってしまう場合があります。なかには体調を崩すこともあるぐらいです。
また、当たり前のことですが飼育にかかる費用や手間が2倍になります。そのため、経済的に余裕がないと多頭飼いは難しいと言えるでしょう。

多頭飼いで気をつけることは?

数匹の犬たちと一緒に暮すのはきっと楽しいに違いありませんが、多頭飼いする際には気をつけておきたいことがあります。

オスとメス、どちらを飼うかよく検討する

一般的にはオスとメスにしたほうが仲良くなりやすいと言われています。一概に当てはまるわけではないですが、性別の相性は、オス&メス >メス&メス >オス&オスの順でいいのだとか。
しかしオス同士で仲良く暮らしているケースも多々あります。そのため、その犬の性格によるところも大きく、性別による相性はあくまでも参考程度に覚えておくとよいでしょう。

先住犬の性格

先住犬の性格が人懐っこく、知らない相手でも物怖じしないような性格であれば、おそらく後からやって来た犬とも仲良くできるでしょう。しかし、攻撃的な性格だったりした場合は、仲良くなるまでに時間がかかる可能性が十分あり得ます。
最初は全くダメでも2~3週間位で慣れてくると言われていますが、どうしても無理な場合は別々のスペースで飼わなければならないことも。先住犬の性格は多頭飼いをする上で、非常に大きなポイントです。

犬の体の大きさを考慮する

多頭飼いでは体の大きさにあまり差がない犬同士にしたほうがよいでしょう。というのも、例えば大型犬と小型犬とでは力の強さが全然違います。そのため大型犬は普通にじゃれて遊んでいるつもりでも、小型犬にとっては力が強すぎてケガをする恐れがあるからです。
また、家の広さも考慮して犬のサイズを選ぶ必要もあります。

まとめ

多頭飼いをするときは、まず先住犬の性格を尊重してから決めるようにしましょう。もし可能であれば、飼う前に犬同士を会わせてみることをおすすめします。そのときの態度である程度、相性の良し悪しがわかるはずです。犬たちに囲まれて、ますます楽しい生活になっていくといいですね。