犬はとうもろこしを食べてもいいの?アレルギーがあるって本当?

ドッグフードなどにも含まれているとうもろこし。それならば犬に与えても大丈夫なのでしょうか。なかには、とうもろこしが大好きな犬もいるぐらいです。私たち人間にとっては、栄養もあり体によいですが、犬にとっても同様に健康維持に役立つのか気になるところです。そこで、犬もとうもろこしを食べて大丈夫なのか、栄養素や効能、注意点などと併せてお伝えしていきます。

犬にとうもろこしを与えても大丈夫?

犬にとうもろこしを与えても、とくに問題はありません。しかし、生のままでは実の部分が固いので、茹でてから与えるようにしましょう。ちなみに茹でるときは、塩を入れないようにしてください。犬にとっては塩分過多になってしまいます。
また、とうもろこしは消化が悪いので、茹でてからすり潰して与えてもよいでしょう。与える量は10gぐらいが適量と言われています。好んで食べたがる犬も多いようですが、与え過ぎると肥満になる恐があるので、気をつけてください。

犬にとってとうもろこしの効能は?

とうもろこしは栄養価が高い野菜のひとつです。では、どんな栄養素や効能があるのか見ていきましょう。
  • ビタミンB1: 糖質をエネルギーに変え、疲労物質を燃焼する役割をしています。
  • ビタミンB2: 皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあります。
  • ビタミンB6: たんぱく質や脂質の代謝を促す役目をしています。
  • ビタミンC: 抗酸化作用があり、血管や皮膚を丈夫にする働きがあります。
  • ビタミンE: ビタミンEも抗酸化作用があり、老化防止に効果があります。
  • 葉酸: 赤血球の形成に役立っています。
  • パントテン酸: 皮膚や粘膜の働きを正常に保つ役割をしています。
  • カリウム: ナトリウムを体外に排出し、体内の水分量を調節する役割をしています。
  • たんぱく質:体を構成していくうえで、とくに重要な栄養素。血液や丈夫な骨を形成するほか、免疫機能を正常に維持する役割をしています。
とうもろこしにこれだけ多くの栄養があるのなら、普段食べているドライフードに、ときどきトッピングしてみてもよいかもしれませんね。

とうもろこしを食べたらアレルギー症状がでる!?

ごく稀にですが、とうもろこしを食べたあと、アレルギーの症状がでるようなこともあります。そのため最初はごく少量だけ与えてみて、様子を見たほうがよいでしょう。
万が一、発疹や痒み、下痢や嘔吐などのアレルギー症状がでたら、早急に動物病院で診察を受けるようにしてください。

とうもろこしを与えるときの注意点

とうもろこしを与えるときはコーンの部分を取ったら、犬が芯を食べてしまわないように気をつけてください。誤飲のトラブルが非常に多く、うっかり食べてしまうと消化ができず、腸に詰まってしまいます。とくに噛む力が強いフレンチブルドッグのような犬種は、噛み砕いて飲み込んでしまうことも少なくありません。
また、缶詰のコーンなどもありますが、塩分や甘味が入っているため、犬には与えないでください。

まとめ

栄養価が高いとうもろこし。アレルギーの心配がないようでしたら、ときどき与えてみてもよいかもしれませんね。ちなみに冷凍のとうもろこしも与えて大丈夫です。栄養価が劣るといったことはありません。しかし、野菜の中ではカロリーが高いほうなうえ、糖質も多く含んでいるので、与え過ぎには気をつけましょう。