犬はメロンを食べても大丈夫?栄養素や期待できる効能は?

メロンを食べていたらその横で愛犬がおねだり…。そんなとき、メロンを犬にあげても大丈夫なの?と思ったことはないでしょうか。もし犬にとって栄養があり、体によいのなら与えてみたいところですねよ。果物の中には犬が食べてはいけないものもあったりします。そのため、あげる前には、正しい知識を持っておくことが大切です。そこで今回は、犬がメロンを食べてもいいのか、注意点などと併せてお伝えしていきます。

犬はメロンを食べてもいいの?

結論から言うと、犬はメロンを食べても大丈夫です。ただし、果肉の部分だけにしましょう。ワタや種、皮は消化が悪いため与えないでください。
そして、あげるときは少量にしておいたほうがよいでしょう。メロンには果糖が多く含まれているので、食べ過ぎると肥満の原因になります。そのため、食事にというよりは,おやつとして時々あげるぐらいが丁度よいでしょう。 メロンの栄養素や期待できる効能は? メロンは犬にとって健康維持に欠かせない栄養素が多く含まれています。主な栄養素は、
  • ミネラル
  • ビタミン類
  • 食物繊維
などです。ミネラルの中でとくに多く含まれているのがカリウム。ナトリウムを体外に排出し、体内の水分量を調節する働きをしています。さらに、抗酸化作用があり免疫力を高めるビタミンCも豊富です。そのほかには、腸内の働きをサポートし便秘の改善に効果的な食物繊維、粘膜や皮膚を丈夫にするビタミンAなども含まれています。
また、メロンに多く含まれている果糖は、取り過ぎるとよくないものの、体内に吸収されやすいので、疲労回復に役立ちます。

犬にメロンをあげるときに気をつけることは?

メロンは水分を多く含んでいるので、食べ過ぎると下痢になる恐れがあります。また、利尿作用があるカリウムも多いことから、オシッコをする回数が増えることもあります。したがって、愛犬が食べたがっても少量にし、与え過ぎに気をつけましょう。
また、肝臓や腎臓に疾患がある、もしくは弱い場合などは食べるのを控えたほうがよいでしょう。カリウムが体外にうまく排出できずに、高カリウム血症になる恐れがあります。

無理にメロンをあげる必要はない

今は多くの飼い主の方が、愛犬に総合栄養食のドッグフードを与えているかと思います。そのため、普段の食事から十分に栄養が摂れているので、無理にメロンを与える必要はありません。
確かにメロンは犬にとって必要な栄養素が豊富です。しかしもともと犬の体内は、野菜や果物をうまく消化できる仕組みになっていないため、ときに体の負担になることも少なくありません。
私たち人間と犬とでは体の仕組みだけでなく、必要な栄養素も違います。そのため人間の食生活と同じように考えたりせず、犬にとって必要なものを適切に与えるようにしましょう。

まとめ

メロンは栄養価が高く、おやつとしてあげるにはぴったりかもしれませんね。市販の犬用のおやつは添加物が入っていたり、油分が多く高カロリーだったりして健康面で気がかりなことも。しかしメロンでしたら安心ではないでしょうか。ただし、たくさん欲しがっても愛犬のかわいい眼差しに負けないで、あげ過ぎにはくれぐれも注意してくださいね。