柴犬の激安〇〇は避けるべき?


柴犬の相場金額と金額基準とは?

柴犬の相場金額は、だいたい5~20万円です。
金額の基準となるものには、毛色、性別、月年齢、種類、血統、季節、健康状態などがあります。

柴犬の毛色には、赤、黒、胡麻、白があり、一般的には赤柴が安い傾向にあります。
そして、種類や性別、血統などの基準で金額に増減があります。

そして、季節の影響もあり、柴犬の繁殖時期の問題や需要による影響で、3~5月に金額が上がり、11月~2月に安くなる傾向があるようです。

激安販売されている理由とは?

柴犬の購入先として最もポピュラーなのが、ペットショップやブリーダー、専門店などがありますが、柴犬を相場金額よりも安く販売していることがあります。

そういった理由には、何かしらの理由があると考えましょう。
例えば、月年齢を取りすぎている、血統がないなどの、金額基準となることに何かしら減額の理由があるためです。

それぐらいの理由であれば納得できる人も多いでしょうが、1番懸念するべきことは、柴犬の健康状態です。
健康上に何か問題がある場合、激安の金額になっている場合があります。
そういった健康状態には、先天的疾患を持っている、障害がある、寄生虫やウイルス感染などたくさんの健康的な問題が予想されます。

激安〇〇は避けるべきか?

それでは、激安で販売されている柴犬を購入するのは避けるべきなのでしょうか。

その答えは「あなた次第」です。
柴犬が激安で販売されている場合は、必ず安くなっている理由を確認しましょう。
健康状態などは自身の目できちんと確認するようにしてください。

そして、その理由に納得できるのであれば購入しても構わないでしょう。

その購入先、本当に信頼できる?

理由があって激安で販売されている柴犬を購入することは、決して悪いことではありません。
しかし、そのブリーダーや販売店が信頼できるかどうかということは必ず見極めなければなりません。

中には、利益だけを目的とした悪質なブリーダーや繁殖業者が存在します。
パピーミル(子犬工場)とも呼ばれ、不衛生でずさんな環境下の中で、無理な繁殖をさせています。
そこにいる犬は、きちんと管理もされず、ただ人気犬種の子犬を生み出す道具として扱っている業者がいるのは、悲しいことに事実です。

不衛生な環境で育てられた親犬から生まれた子犬にも、健康的な問題などが懸念される上、そういったところから柴犬を購入することは、悪質ブリーダーや業者の利益に貢献してしまうことにもなります。

購入先が、ブリーダーであれば犬舎への見学、両親犬との面会に応じてくれるか、ペットショップや専門店であれば仕入先はどこかなど質問を投げかけ、快くそれに対応してくれるか、誠実で信頼できるかどうかを見極めてから購入するようにしましょう。

まとめ

「激安」や「SALE」という言葉は、魅力的な言葉で惹かれる人も多いでしょう。
しかし、柴犬の「激安」や「SALE」に安易に飛び乗ってはいけません。
安くなっている理由、信頼できる購入先なのか、懸念材料は全てをクリアにしましょう。

また、衝動買いも避けましょう。
その柴犬を買うことは、今後その柴犬の一生の責任を負うことを認識し、じっくり検討した上で購入するようにしましょう。